仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

犀角独歩氏の説は誤りである

川越・喜多院(7)~「恵心流本覚思想」と日蓮本仏儀の関連付けを全面否定した喜多院僧侶

■川越・喜多院7(恵心流と本仏儀の関連付けを全面否定)

 

□大石寺9世日有は恵心流を知っていたとしても恵心流から日蓮本仏義を偽作したのではない

 

「天台宗の談義所に、日蓮宗の僧が入学して修学したかどうか」の話題について、これ以上、この僧侶と話してもムダだと思い、話題を恵心流法門と日蓮本仏義の関係に切り替えることにした。

 

○「もうひとつ、お尋ねしたいことがあります。天台宗教学の中に恵心流本覚思想ないしは恵心流口伝法門とよばれているものがありますね。日蓮宗・富士門流関連の古文書の中に、鎌倉時代から室町時代のころにかけて、武州仙波の天台宗檀林で『恵心流』が教授されていた、とするものがあるのです」

僧「あー、恵心流ですか。はいはい、ありますね。恵心流とか檀那流とかいうものですよね」

 

恵心流とは恵心僧都源信を祖とする天台宗の一学派。檀那流とは、檀那僧都覚運を祖とする天台宗の一学派。恵心僧都源信(9421017)とは、貴族向けの仏教解説書である「往生要集」を著して、「観想念仏」を効果ある念仏の方法として勧めた僧として有名。浄土宗の僧と誤解されがちであるが、平安時代後期の天台宗の僧である。源信の教学としては「恵心流」よりもむしろ、「往生要集」のほうが有名。ただし1006年(寛弘3)には、一切衆生の成仏を説く『一乗要決』をまとめた。

『一乗要決』とは、法相宗において人の資質や能力に応じて声聞・縁覚・菩薩に固有の3種の悟りの道があるとする三乗説に反駁し,天台宗の立場から法華経に説く,悟りに導く教えはただ一つしかなく,いかなる衆生もすべて仏になれるとする一乗説を主張。一乗思想が真実の教えで,三乗思想が方便であることを立証した著書である。

 

○「実は、日蓮宗の中の富士門流、さらにその富士門流の中の日蓮正宗という宗派の教学に、日蓮が末法の本仏であるとする日蓮本仏義というものがあります。日蓮宗の学者の中に、日蓮本仏義は「恵心流」のパクリではないかという説を唱えている人がいるのです。

日蓮本仏義とは、簡単に言ってしまうと、日蓮を本因妙の教主・久遠元初自受用身如来とし、釈迦如来よりも上位の仏であるという思想です。天台宗の「恵心流」法門も、これとよく似た教学で、日蓮本仏義の元になっているという説を唱える人がいるのですが、これについてはどうですか」

僧「あー、それは違います。違いますね。「恵心流」とはそんな教学ではありません。私も僧侶の学校で「恵心流」というのを学びましたが、そんな思想ではありません。

たしかに「恵心流」の本覚思想というのは、ありますが、そんな本仏義に結びつけるというのは、ものすごく極端な解釈なのであって、それが「恵心流」の本筋・本論ということではありません。

まあ、「恵心流」の細部については、ものすごく専門的な教学で、私もついていけないような部分があります。しかし本仏とか日蓮本仏義とか、そういったものに結びつくような思想ではありません」

喜多院5 

続きを読む

川越・喜多院(4)~日蓮本仏義偽作の検証も含めて訪問した川越・喜多院

■川越・喜多院4(日蓮本仏義偽作の検証も含めて訪問)

 

続きを読む

川越・喜多院(3)~日蓮本仏義恵心流パクリ説・日蓮本尊義を元にした「日蓮本仏義偽作説」は誤った説である

■川越・喜多院3(天台宗檀林と日蓮宗3)

 


続きを読む

川越・喜多院(2)~天台宗檀林に日蓮宗僧が本当に入学して修学していたのか2

■川越・喜多院2(天台宗檀林と日蓮宗2)

 

  続きを読む

川越・喜多院(1)~天台宗檀林に日蓮宗僧が本当に入学して修学していたのか

■川越・喜多院1(天台宗檀林と日蓮宗1)

 

喜多院とは、埼玉県川越市内にある天台宗の寺院で、ここと中院はかつて星野山無量寿寺という寺院の子院だった。かつては関東天台宗580余ヶ寺の本山として栄えていた寺院。喜多院の山号は今も「星野山」(せいやさん)といい、星野山無量寿寺の山号が名前に残っている。

そしてここに天台宗の談義所が置かれ、ここから多くの天台宗の僧侶を輩出したという。

無量寿寺には北院(喜多院・仏蔵院)と中院(仏地院)の他に南院、その他にも塔頭子院があったとのことだが、明治維新の廃仏毀釈等で廃絶になっており、残っているのは喜多院と中院のみになっている。ずいぶん前から、喜多院・中院の研究課題として取り組んだことがあり、それは

 

1 室町時代から戦国時代にかけて天台宗檀林に日蓮宗僧が入学して修学していたのか

 

これがひとつあります。

もちろん安土桃山時代以降になると、関東、京都周辺に日蓮宗檀林が数多くできて、日蓮宗僧侶は、日蓮宗の檀林に入檀して、そちらで修学している。天台宗檀林に入檀していたかどうかは、日蓮宗の檀林ができる前の、室町時代から戦国時代にかけてのこと。

フリー百科事典・Wikipediaに、天台宗檀林に日蓮宗僧が入って修学していた、ということが出ている。この根拠になっているのは、おそらく富士門流の史書だと思われる。

中でも大石寺門流の史書である「家中抄」「下野阿闍梨聞書」「日有御物語抄」といった史書に、中世の大石寺法主である6世日時、8世日影、9世日有、13世日院が、武州仙波の天台寺院で修学したという文が出てくる。

日蓮正宗では、これらの史書に載っている文を、そのまま、何の検証もせずに史実として自宗の出版物に載せている。

これを史実としているのは、日蓮正宗だけではない。日蓮正宗を「棄教」したと自称する宗教法人無心庵責任役員をはじめ、彼らの取り巻きの者たちも、これについて何の検証もしないで、史実としている。

「本当に室町時代から戦国時代にかけて天台宗檀林に日蓮宗僧が入学して修学していたのか」

ということが、こうして研究課題となったわけです。

 

確かに日蓮宗の宗祖・日蓮は、比叡山延暦寺で長い間修学している他、園城寺などの京都、奈良の仏教大寺院で修学している。

比叡山延暦寺は、天皇の勅許によって建立された大乗戒壇であり、南都六宗の寺院も皆、官立の寺院。奈良、平安、鎌倉時代は、朝廷公認の官立寺院、ないしは戒壇で授戒した僧侶のみが、僧侶として認められていた時代。官立の寺院で得度するわけだから、僧侶の地位はほとんど国家公務員に等しかった。

喜多院2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ