一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ: 日蓮正宗vs富士門流本山の紛争史

1587年の要法寺・大石寺の通用申合について、大石寺は「日蓮正宗入門」の中で「大石寺を本寺とし要法寺を末寺とする本末の関係が修復されました」と書いているが、これは全くのウソ。要法寺が大石寺の末寺になったことは一度もない。1587年の通用申合は大石寺から要法寺に申 ...

京都要法寺とは富士門流八本山のひとつで日蓮本宗の本山。要法寺貫首は日蓮本宗管長・代表役員である。1536年の天文法華の乱で上行院、住本寺が焼失。1550年、広蔵院日辰が両寺を合併して復興したのが京都要法寺である。要法寺は開創から寛政の法難まで造仏読誦義であった。 ...

西山本門寺とは富士門流八本山の一つ。西山本門寺には1980年代、90年代、そして2011年10月2日に訪問している。1957年に塔頭・末寺・檀家の承認なく西山本門寺49代貫首・由比日光氏の独断で日蓮正宗に合同。合同に猛反対する塔頭・末寺・檀家と日蓮正宗・西山本門寺貫首の間で ...

保田妙本寺は日郷開基の富士門流八本山のひとつであるが1957年---1995年の間は日蓮正宗の本山格寺院だった。保田妙本寺51代鎌倉日桜氏は1995年に日蓮正宗から離脱したが、1972年---1974年ころ、松本勝弥氏らの正本堂供養金返還訴訟のグループ、言論問題で創価学会を脱会した ...

松本勝弥氏とは創価学会を経験した人で、はじめて創価学会批判本を出版(「変質した創価学会」「訴訟された創価学会」)、創価学会を相手取って裁判(正本堂供養金返還訴訟)を起こした人。松本勝弥氏の著書「変質した創価学会」「訴訟された創価学会」は、1960—70年代の宗創関 ...

■中谷山妙本寺(保田妙本寺)4(保田妙本寺・松本勝弥グループ潰しの謀略戦争2)   □室町時代の頃から大石寺9世日有偽作教学のお追従をしてきた保田妙本寺歴代貫首   保田妙本寺では、室町時代に11世日要、14世日我等の学者貫首を輩出して、冨士門流でも独自の妙本寺教 ...

■中谷山妙本寺(保田妙本寺)3(保田妙本寺・松本勝弥グループ潰しの謀略戦争1)   □創価学会・山崎師団による保田妙本寺・松本勝弥グループ潰しの『謀略戦争』の顛末1   元創価学会顧問弁護士・山崎正友氏が池田大作に反旗を翻した後に執筆した告発本「闇の帝王・池田 ...

■中谷山妙本寺(保田妙本寺)2(鎌倉日桜貫首と檀徒の会話を電話盗聴)   □保田妙本寺51代鎌倉日桜貫首と檀徒の会話を電話盗聴していた創価学会・山崎師団   1970(昭和45)~1972(昭和47)年にかけて、松本勝弥氏は「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセ物であり、保田妙本寺 ...

■中谷山妙本寺(保田妙本寺)1(松本勝弥・万年講事件)   □1995(平成7)年に再び日蓮正宗から離脱独立して単立になった保田妙本寺と末寺2ヶ寺   東京駅からJR内房線の特急さざなみ号に乗り、JR保田駅で下車。国道を2キロほど道沿いに南下。JR内房線の妙本寺踏切をわた ...

■天母山2(日教の天生ヶ原戒壇説と日辰の天母山戒壇説)   □なぜ大石寺僧・左京阿闍梨日教の文書「類聚翰集私」にはじめて「天生原」が出てくるのか   日蓮、日興の教説にない天母山戒壇説を、なぜ大石寺僧侶・左京阿闍梨日教(本是院日叶)や京都・要法寺13世貫首・広 ...

■天母山1(戒壇論争で登場する天母山)   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係者であれば、この「天母山」という名前は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これは天母山と書いて、「あんもやま」と読みますが、これは日蓮正宗、創価学会、顕正会の間で ...

■上井出・御穴3・大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志の霑志問答に出てくる御穴調査3   私は、車で人穴から富士宮市役所に行き、市役所の駐車場にすべり込んで車を停め、市庁舎の中に入っていきました。入っていったのはいいのですが、さて、どの係の、誰に聞 ...

■上井出・御穴2・大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志の霑志問答に出てくる御穴調査2   日蓮正宗大石寺が「戒壇の大本尊」偽作を秘匿・隠蔽するためにデッチ上げた「御身代わり板本尊」の「御穴伝説」を、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、否定しているから面 ...

■上井出・御穴1・大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志の霑志問答に出てくる御穴調査1   富士宮市の「人穴」と言うと、「何ですか、それは」と言われてしまいそうですが、この人穴は、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作問題に関連する調査活動の一環として ...

■富士山久遠寺(小泉久遠寺)5(保田妙本寺と両山一寺制2)   これを見ると、日蓮・日興・日目から19代貫首までは、小泉久遠寺も保田妙本寺も全く同じです。 その後も多少の相違は見られるものの、昭和の時代に、小泉久遠寺と保田妙本寺の貫首が完全に別人になるまで、ほ ...

■日蓮宗本山・実成寺7(日蓮せいしゅうと発音した檀家老人)   伊豆実成寺の旧檀家の老人は、まあいろんなことを私に話してくれました。 昭和5年に大きな地震があり、客殿は半壊になり、祖師堂は柱が傾いてしまったという。そこで客殿は、一旦、取り壊して新しく建て直 ...

■法華本門寺根源(北山本門寺)19(大石寺と厳しく対峙・対立)   北山本門寺が、自山を「大石寺を含む日興門流の祖山である」「本門戒壇建設運動発祥の根本道場」というふうに定義づけているということは、日蓮正宗大石寺が、日興門流の祖山・総本山であることを明確に否 ...

(西山本門寺第五十世貫首・森本日正氏)1975(昭和50)年、裁判は、檀家側の勝訴で最終決着。これにより吉田義誠(日勇)氏は、西山本門寺から退出。旧門末・福正寺の森本正明(日正)氏が正式に50代貫首として晋山。西山本門寺は、日蓮正宗から再び離脱し、法華宗興門流を公称。 ...

■「富士山本門寺(西山本門寺)」2(昭和以降の複雑怪奇な歴史) 西山本門寺とは静岡県富士宮市西山671(旧富士郡芝川町)にある法華宗興門流の本山。西山本門寺とは、通称名で、正式には「富士山本門寺根源」といい、これは北山本門寺の正式名と全く同じ。 そもそも西山本門 ...

↑このページのトップヘ