仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮宗(本)佐野妙顕寺

佐野妙顕寺(5)~日蓮宗本山・佐野妙顕寺49世斉藤日軌猊下・拝謁記3

■佐野妙顕寺5(斉藤日軌猊下・拝謁記3)

 

さて話題は、最後の質問である佐野妙顕寺に格蔵されているという日蓮真骨について。

 

○私「佐野妙顕寺さんの公式ウエブサイトによれば、佐野妙顕寺さんには、日蓮聖人の御真骨が格蔵されているとのことですが、これはどのような縁由によるものなのでしょうか」

□猊下「それはねえ、日蓮聖人の御火葬のときに、天目上人が手を突っ込んで持ってきたものなのです。それが原因で、天目上人は手が曲がってしまったんだなあ。佐野妙顕寺の御真骨が、玉沢・妙法華寺、中山法華経寺に分骨されたということですが、今はもう、ほとんど残っていないんだけれどもねえ」

○私「日蓮聖人の御真骨を格蔵していると伝承される寺院は、あっちこっちにありますねえ。私が調べた限りでも、身延山久遠寺、池上本門寺の他、身延山から分骨された鎌倉本覚寺、京都妙伝寺。その他にも鎌倉妙本寺、京都妙顕寺にも御真骨があると伝承されています」

□猊下「そうだね。『○○身延』という名前がついている寺院には、御真骨があると伝承されているんじゃないかな」

○私「あの大石寺も、御真骨があると自称していまして、身延離山のときに日興が身延山久遠寺から大石寺に移したと言っていますが、これは全く信憑性がありません。『一跡門徒抄』『五人所破抄』『日尊遺誡』等の文献からして、日興は身延離山の時に、御真骨を大石寺に移していません。よって、大石寺が『御真骨』と称しているものは、後世に偽作されたものと考えられます」

□猊下「そのとおりである。『一跡門徒抄』『五人所破抄』を読んでおられるとは、なかなか詳しいですな」

 

庫裡の中の座敷で斉藤日軌猊下への「目通り」の席は、けっこう長時間続きました。私が、日蓮の御真骨や遺文の話題を出したので、猊下はいろいろな話しをされました。

 

□猊下「昔の人は、曼荼羅をちょんまげの中に入れていたりしたんです」

「日蓮聖人の御遺文を刻んで水の中に入れて、その水を飲んだりしていたんです。それで各地の寺院に御遺文の断簡が残っているんだなあ」

「佐野妙顕寺も、今は塔頭がなくなってしまっていますが、昔はここにも塔頭坊がたくさん建ち並んでいて、けっこう大規模な本山だったようですねえ」

「北山本門寺も『戒壇』のことを研究しているんじゃないかな。『日蓮宗の戒壇』の本を出版したとき、北山本門寺からたくさんの注文が来て、大量に発送しましたがねえ」

斎藤戒壇本1 

続きを読む

佐野妙顕寺(4)~日蓮宗本山・佐野妙顕寺49世斉藤日軌猊下・拝謁記2

■佐野妙顕寺4(斉藤日軌猊下・拝謁記2)

 

□猊下「まあ、地獄に堕ちる時は堕ちちゃうんだけどねえ。(苦笑)。でも大石寺の『戒壇の大本尊』を否定したからといって、地獄に堕ちちゃうということは、あり得ませんねえ。(苦笑)

○私「現実問題としては、日蓮正宗や創価学会の『堕地獄論』『仏罰論』は、信者を自宗派に引き留める上において、大きな効力を為しています。実際に私の元に『日蓮正宗を批判したら地獄に堕ちませんか』とか『日蓮正宗を辞めたら地獄に堕ちませんか』ということを本気で質問してくる人が、たくさんいました。私は『日蓮正宗を批判しても、日蓮正宗を辞めても絶対に地獄に堕ちません』とお答えしています」

 

□猊下「大石寺の『戒壇の大本尊』偽作説は、昔から唱えていた人がいたはずですがねえ」

○私「それは、おっしゃるとおりで、ございます。安永弁哲、窪田哲城、木下日順、宮崎英修、東佑介、美濃周人…何人もいることは事実です。

しかしながら、学問の進化、科学の進化によって、いろいろな新しい事実が出てきていること。

そして、過去の偽作説の中に、間違った内容のものもあります。

例えば、安永弁哲氏は、『板本尊偽作論』の中で、日有癩病説を証拠にして、大石寺9世日有偽作説を唱えていますが、これは妥当な論とは思えません。『板本尊偽作論』が出版された昭和30年代の議論としては、これでよかったのかもしれませんが、日蓮正宗や創価学会の『堕地獄論』『仏罰論』を論破する側が、同じように『堕地獄論』『仏罰論』を唱えていては、世間一般の幅広い支持を集めることはできません。

そこでもう一度、スタート地点に立ち返り、過去の偽作説を精査し直し、新しい調査を行い、学者・有識者の意見をいただいて、偽作論そのものを作り直す必要があると考えたわけです」

□猊下「まあ、大石寺の『戒壇の大本尊』が偽作でも、偽作でなくても、(日蓮宗には)関係ないんだけどね。」

○私「日蓮宗さんにとっては、そうなのでしょうけども、日蓮正宗や創価学会、顕正会の信者さんや元信者さんにとっては、重大な問題です。この人たちは、大石寺の『戒壇の大本尊』や『血脈相承』というものが絶対に正しい、ということを信じ込まされているわけですから、これが偽作だということになれば、『我々は騙されていたんだ』ということになり、それこそ天地がひっくり返ったようになります」

□猊下「最後は、どれだけたくさんの人から支持を集められるのか、ということになるのでしょうけどもねえ」

○私「仰せのとおりだと思います」

□猊下「本にはなっていないのですか」

○私「ブログ化してのち、書籍化を考えております」

妙顕寺10 

続きを読む

佐野妙顕寺(3)~日蓮宗本山・佐野妙顕寺49世斉藤日軌猊下・拝謁記1

■佐野妙顕寺3(斉藤日軌猊下・拝謁記1)

 

私が中に通された佐野妙顕寺庫裡の応接間らしき座敷の一室は、中央に大きなテーブルが置いてあり、斉藤日軌貫首猊下と私が向かい合って座った。座敷のむかって右側には、保田妙本寺に格蔵される「万年救護の大本尊」の大きなレプリカが掲げられている。

早速、「日蓮宗の戒壇」についての話題から入った。

 

○私「日蓮宗のお祖師様、日蓮聖人の教えとは、万民・万人が南無妙法蓮華経を唱えて成仏する、というもので、三大秘法の中では題目が中心ですね。本尊については、久遠実成の釈迦如来像。しかし戒壇については、日蓮宗ははっきりとした見解を出されていないと思われます。

日蓮正宗では、題目よりも本尊、本尊よりも戒壇中心の独自の三大秘法を唱え、日蓮が説き明かした題目中心の「三大秘法」を、実質的に否定しています。

そこで題目中心の日蓮宗で、猊下の「日蓮宗の戒壇」という本は、とても注目したわけですが」

□猊下「日蓮宗としても、題目を唱える人の在所は皆、戒壇である、という見解である。これは『理の戒壇』という意味ですが、日蓮宗としても、鎌倉・室町の上古の時代では『事の戒壇』建立ということを言っていたのです。しかし、室町時代中期、京都の日蓮宗寺院が比叡山延暦寺宗徒に焼き討ちにされて灰燼に帰す事件、いわゆる『天文法華の乱』があり、京都の日蓮宗本山のみならず、京都の街が全て灰燼になってしまった。それで『事の戒壇』建立ということを日蓮宗が引っ込めてしまったのです。『戒壇』という建物を建てても、焼き討ちにされて灰燼に帰しては元も子もありませんから。

日蓮正宗あたりでは、今でも『事の戒壇』建立ということを言っているようですね。まあ、『戒壇を建てよう』ということを、目標にするなり、スローガンにするなりして、そこにむかって進んでいくということになると、団体・組織として力が出ますわねえ」

 

○私「アンチ日蓮正宗でも大石寺の『戒壇の大本尊』偽作問題や、さまざまな『二箇相承』『日興跡条条事』『百六箇抄』等々の相伝書偽作問題を取り上げて批判していますし、これらの問題の中で『戒壇』の問題が大きなウエイトを占めていますので、『戒壇』問題について、研究を重ねてきました。そういうこと等もあったので、『日蓮宗の戒壇』についてのご見解を伺いたかったわけです」

□猊下「日蓮正宗と創価学会がケンカ別れした初期の頃、身延山久遠寺や日蓮宗宗務院に、『日蓮宗に入りたい』というファックスが殺到したということがあったと聞いている。宗務院では、そういうファックスについては放置しておいたらしいですがねえ」

妙顕寺12 

続きを読む

佐野妙顕寺(2)~斉藤日軌貫首猊下から佐野妙顕寺庫裡の応接間の座敷に通される

■佐野妙顕寺2(猊下から庫裡の応接間の座敷に通される)

 

□斉藤日軌貫首猊下から佐野妙顕寺庫裡の応接間の座敷に通される

 

佐野市とは栃木県南西部に位置する市で、一説によれば、日本列島の中心に位置しているとも言われている都市。関東近県にある都市ですが、東京から行くと、かなり遠く感じました。

まず東京地下鉄を乗り継いで北千住駅へ。ここで東武特急りょうもう号に乗車。東武伊勢崎線・館林駅で、東武佐野線の各駅停車に乗り換え。ところが特急と各駅停車がぜんぜん時間的に接続しておらず、約30分くらい、ホームで待たされてしまう。

東武佐野線の電車に乗って佐野駅で下車。佐野妙顕寺へは佐野駅から徒歩1520分くらいと書いてありましたが、方向が全くわからず、佐野駅前からタクシーに乗って佐野妙顕寺へ。タクシーで56分くらいで着きました。

佐野妙顕寺に到着後、本堂前にて拝礼した後、「天目上人御墓所」と書かれた大きな看板が目に入ったので、そっちへ。佐野妙顕寺に来た目的のひとつが、大石寺の偽書「本尊七箇相承」に書いてある天目命名の真偽を確かめる、ということがあったので、天目墓所に何かヒントがあるのではないかと思い、墓所後方にあった案内板の記述を読んでみました。

案内板の記述には、天目の生い立ちについては書かれていたが、命名の謂われについての記述はなし。しかしこの案内板の記述、私が一見しただけでも、「熱原甚四郎」「永仁二年、時の将軍足利義教より寺領三百石を寄進され…」等の誤った記述が見られる。「熱原甚四郎」は熱原神四郎の間違い。「永仁二年」は、1432年(永享4年)の間違いだと思われる。

これは、どうも天目命名の謂われは、貫首猊下に聞くしかないかな、と思い、天目墓所から庫裡受付へ行ってみることにした。

境内に目を遣ると、数人の僧侶が私のほうを注目しているのが見えました。

私が庫裡に入ろうとすると、庫裡の入り口は何と自動ドア。私がドアに近づくと、開き戸が一気に両側に開いたので、私のほうがビックリ。庫裡の玄関ドアが自動ドアというのも、珍しいのではないだろうか。

庫裡の玄関の中には受付があり、若い僧侶と寺族の女性がおり、私が「昨日、電話をした者です」と告げると、「あーあー」という感じ。受付にて斉藤日軌貫首猊下の著書「日蓮宗の戒壇-その現代的意義」を購入。早速、若い僧侶に、日蓮宗の戒壇についての見解等を尋ねると「今、貫首を呼んでまいります」と言って外へ。しばらく待っていると、外から斉藤日軌貫首猊下が若い僧侶と中に入ってきました。

斉藤日軌猊下は、ずいぶん体格の大きな人で、身長も私より高い。私も体格が大きいと言われることがあるのですが、斉藤日軌猊下は、私よりもひとまわり体格が大きな人。私は佐野妙顕寺に来た目的を説明すると、猊下から「あなたは、誰なのか」との質問。そこで来訪先で見せている「アンチ日蓮正宗」の名刺を手渡す。佐野妙顕寺に行ったのは、「アンチ日蓮正宗」をブログ化する前で、「仏教宗学研究会」ブログもなかったころのこと。

妙顕寺5 

続きを読む

佐野妙顕寺(1)~「日蓮宗の戒壇」という著書をもつ斉藤日軌猊下が第49世貫首として当住する佐野妙顕寺

■佐野妙顕寺1(「日蓮宗の戒壇」という著書をもつ斉藤日軌猊下)

 

□「日蓮宗の戒壇」という著書をもつ斉藤日軌猊下が第49世貫首として当住する佐野妙顕寺

 

佐野妙顕寺とは、栃木県佐野市堀米町にある、日蓮宗の本山・由緒寺院で、正式名は開本山妙顕寺。ここは1294年(永仁2年)に日蓮の中老僧・天目が開創した寺院として有名である。日蓮宗本山に格付けされている。

天目(12561337・延元2年)は、勤行の時に法華経方便品を読誦すべきか、するべきでないかという方便品読不読論争で、方便品不読を主張したことで有名。

日向天目問答や日仙日代問答における方便品読不読論争を、本迹勝劣論争と混同している論調が一部にあるが、これは誤りである。日向天目問答や日仙日代問答における方便品読不読論争とは、あくまでも勤行の時に方便品を読誦すべきかどうかの論争であって、本迹に勝劣があるかどうかの論争ではない。

歴史上はじめて「本迹勝劣」を説いたのは、法華宗陣門流の門祖・日陣(13391419)1396(応永3)年に著した「選要略記」であり、1406(応永13)年、日陣が京都・四条堀川に本禅寺を創建したことで、京都で本迹論争が約8年間にわたって起きたのが、歴史上最初の本迹勝劣論争、いわゆる本迹論争である。

天目は、佐野妙顕寺の他に、鎌倉本興寺・品川妙国寺・小勝本門寺などを創建。常陸国笠間にて寂し小勝本門寺に葬られた。著書に『円極実義抄』・『本迹問答七重義』などがある。

小勝本門寺とは、茨城県東茨城郡城里町小勝857にある寺院で、現在は修多羅寺と改名している。正安2年(1300年)開山。徳川光圀の時、寺領5石の朱印が与えられ、毘沙門天が寄進され、寺号を修多羅寺と改名。水戸家武運長久の祈願所となった寺院である。

私が佐野妙顕寺に着目した理由は、天目開山ということもあるが、現貫首である佐野妙顕寺49世斉藤日軌猊下の著書「日蓮宗の戒壇」という本である。戒壇とは、もちろん、日蓮の「三大秘法」のひとつ、戒壇である。

なぜ「日蓮宗の戒壇」という本に着目したのか、というと、まず日蓮宗の正式見解として、日蓮が説いた戒壇については、「題目を唱える人の住処が戒壇」とは言うが、はっきりとした見解を出していない。何がはっきりしていないのかというと、「三大秘法抄」に説かれる戒壇とは、一体どういう戒壇なのか。ということ。

日蓮宗は「三大秘法抄」の真偽そのものについては、今は真書ということで見解がまとまりつつある。実際に、斉藤日軌猊下も「三大秘法抄」は日蓮真筆である、という見解。

日蓮宗の見解がはっきりしないというのは、「三大秘法抄」の真偽ではなく、「三大秘法抄」の戒壇、本門戒壇がどういう形で建立されるのか、という具体性、現実的解釈の話し。

こんなことを書くと、19701990年代に、日蓮正宗、創価学会、顕正会で激しい論争になった「三大秘法抄」の戒壇の解釈問題、正本堂の意義付け問題を連想してしまうが、あれとは別であり、全く異なる問題である。

斎藤戒壇本1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ