一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category: 日蓮宗(本)玉沢・妙法華寺

■玉沢・妙法華寺9(門戸が開放された感じ)

 

思いもかけずに、小池日恩貫首猊下、執事と会うことができ、執事には、さまざまな質問ができて、玉沢・妙法華寺のほうも、私の質問に真摯に答えてもらえたので、私としては、玉沢・妙法華寺に対して、すこぶる好印象を持ちました。私も、いろいろな寺院に行きましたが、こういう外に門戸が開放されたオープンな雰囲気の寺院というのは、珍しいのではないかと思いました。

妙法華寺20本堂


仏教界では、どちらかというと、閉鎖的な寺院が多いのは否めないでしょう。特に、日蓮正宗、西山本門寺といった富士門流の本山、末寺をはじめ、不受不施派などは排他的、閉鎖的な寺院が多いです。というか、日蓮正宗を含めて、富士門流はほとんどが閉鎖的、排他的です。

こういう所は、お世辞にも、良い印象を持ちましたなどとは、到底言えません。

富士門流で排他的・閉鎖的なのは、何も日蓮正宗だけではありません。日蓮本宗・本山要法寺に行ったときも閉鎖的な印象を持ちましたし、要法寺の末寺で、日目の正墓がある京都・鳥辺山の實報寺に行ったときも、なかなか閉鎖的でした。

小泉久遠寺や西山本門寺も、閉鎖的な体質が色濃く残っていると思いましたし、岡山県の日蓮宗不受不施派の祖山・妙覚寺も、排他的、閉鎖的体質の極みでした。

 

ところが、玉沢・妙法華寺の場合は、閉鎖的な印象は全くと言っていいほど、なかったです。

私が、大庫裡の中で執事と話していたときも、おそらく寺族だと思いますが、30代くらいの女性が私に、元気な声であいさつをしていかれました。こういうことも、私が受け取る印象を良くしました。

日蓮宗ということもあると思いますが、日蓮宗でも閉鎖的な寺院はあります。以前にここで書いた伊豆・仏現寺の僧侶の応対は、まことにひどいものがありました。

玉沢・妙法華寺は、小池貫首が、寺院参詣を増やそうと、いろいろご苦労なさっておられるようですから、そういう応対について、指導しているのではないかと推察します。まあ、他の仏教寺院も、玉沢・妙法華寺くらいの応対をしていれば、すこぶる印象が良くなるのではないかと思ったのですが…。

妙法華寺29案内図



私は、寺院参詣は寺院の立地条件が大きく影響していると思います。

例えば、初詣、節分会、お会式等で数万人、数十万人が参詣する日蓮宗大本山・池上本門寺は、日蓮入滅の霊跡であるということの他に、人口1千万人が住む東京にあり、池上駅からも歩いて行ける距離にある。まことに立地条件に恵まれていると言えます。

しかし玉沢・妙法華寺が寺院参詣を増やしたいからと言って、先師からの今の土地を離れて、東京や大阪に引っ越したり、日昭の代の鎌倉に戻るということは、不可能です。

しかし玉沢・妙法華寺の現在地は、三島市の市街地から大きく離れた所にあり、交通機関もバスしかありません。まことに不便な地であるわけで、今の土地で寺院参詣を増やすとなると、これはご苦労なさると思います。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺8(好印象だった執事)

 

さて小池日恩貫首の言われるがままに、玉沢・妙法華寺の大庫裡玄関から中に入っていきました。とは言っても、大庫裡の中は、江戸時代からの古い大邸宅という感じで、こういう建物は、私が子どもの頃、石川県や富山県あたりには、けっこうたくさんありました。私も大庫裡に入ったとき、昔の子ども時代を思い出してしまいました。

玄関から中に入って、座敷に上がる所に、僧侶を呼ぶ呼び鈴のインターホンがあり、これをならすと、奥から一人の若い僧侶がすっ飛んで出てきました。この人が、玉沢・妙法華寺の執事のようです。執事が出てきた方を見ると、奥に僧侶が執務する受付がありました。

さて執事が出てきたので、早速、質問。

 

○「玉沢・妙法華寺さんの歴史や縁由を書いた玉沢・妙法華寺さん発行の本とか、パンフレットはありませんか」

□執事「本ですか……。うーん、当山の案内のパンフレットならあります」

妙法華寺案内1

 

ということで、執事が座敷の奥の方から、玉沢・妙法華寺発行のパンフレットを持ってきて、手渡してくれました。中を見てみると、「宝物殿と拝観」の欄には、玉沢・妙法華寺の什宝がズラリと並んでいる。その中に「宗祖御直授『御肉歯』」と書いてありました。

妙法華寺案内3


執事に玉沢・妙法華寺の「日蓮の歯」について質問することにしました。

 

○「この『宗祖御直授・御肉歯』というのは、日蓮聖人の歯ということですね」

□執事「そうです。日蓮大聖人の歯ということです。これは日蓮大聖人御入滅の三日前に、日蓮大聖人の形見分けとして、日昭上人が賜ったものです」

 

○「そうですか。玉沢・妙法華寺さんが格蔵しておられる什宝には、国の重要文化財に指定されている什宝がたくさんあるようですが、この『宗祖御直授・御肉歯』は、重要文化財に指定されているのですか」

□執事「いいえ、これは特に文化財に指定されているわけではありません」

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺7(お風入れ法要を長期中止)

 

こちらの全く予想外で、偶然、玉沢・妙法華寺65世小池日恩貫首にお目にかかることが出来たので、幸いだったと言えば幸いでしたが、反面、私としても何の準備もしていなかったため、面食らってしまいました。しかし、貫首に直接質問するまたとないチャンスなので、ここは機転を利かして、質問。

 

○「玉沢・妙法華寺さんは、あちらの三島市教育委員会の案内板にもありますが、たくさんの文化財を格蔵しておられるようですね。私としては、日蓮聖人直筆の漫荼羅や註法華経、撰時抄などを直接拝観できれば、と思っていたのですが、これらの什宝を公開する『お風入れ法要』といった行事はやっておられないのですか」

□貫首「あー、そういうのはね、今は、やっていないんですよ」

 

○「やっていないんですか。じゃあ、重宝類は全くの非公開ということですか」

□貫首「今は、やっていないんですねえ。というのは、数年前に、そこの宝蔵にドロボウが入りましてね。宝蔵にドリルで穴をあけて、宝蔵の中の什宝を盗み出すという事件があったのです。

その盗まれた什宝は、結局、こちらに帰ってきたんですけどもねえ。

ただ、そういう事件があったものですから、当分の間、公開はしないですねえ」

妙法華寺10宝物殿

 

玉沢・妙法華寺什宝の盗難事件があったとは初耳。しかし「お風入れ」というのは、寺院における大きな行事であるはずなのに、これを行わないと言うことになると、年中行事は何を行っているのだろうか、と思ったので、次の質問。

 

○「では、年中行事は、どういう行事を行っているのですか」

□貫首「416日の開山会、1013日の御会式は大きな行事として行っています。その他に、お盆の施餓鬼会、お彼岸の彼岸会ですねえ。大きな行事があるときは、境内でコンサートやイベントを行うこともあります」

 

○「お寺でイベントを行っているのですか」

□貫首「そうです。そういうことでもやらないと、今はなかなかお寺に人が来ないんですよ」

 

はー、お寺に人を呼ぶために、貫首さんもなかなか苦労しているようです。もっとも玉沢・妙法華寺の場合は、県道沿いに面してはいるものの、三島市の市街地からはかなり離れた所にあります。だから、ちょっと足を運びにくいということもあると思います。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺6(玉澤道場の扁額)

 

玉沢・妙法華寺での私の関心は、本尊や堂宇よりも、この寺が格蔵している「註法華経」「撰時抄」「日蓮の歯」といった「文化財」でした。中でも「註法華経」「撰時抄」が日蓮真筆として国の重要文化財に指定されていることは特筆されるべきものです。

かつて私は、文化庁に単独取材をしたことがあったが、国宝や重要文化財に指定するに当たっては、事前に鑑定を行い、その上で文化審議会に、重要文化財に指定するにふさわしいかどうかを諮問しているのだと言うことでした。そういうことからすると、創価学会が

「日昭が『註法華経』を勝手に持ち出して所在不明になっている」

などと悪口を並べていた「註法華経」も、重要文化財に指定されていることで、日蓮真筆であることが、確定していると言えましょう。

 

こういう玉沢・妙法華寺が格蔵する文化財に、非常に高い関心を抱く中での訪問でしたが、日程上の都合から、法要も何もない日の訪問。

「文化財を一目みたい」という気持ちもあったので、「お風入れの法要はないのかな」と思って探したのですが、「お風入れ法要」という行事は年中行事に見当たらない。

日蓮宗新聞社発刊の「日蓮宗本山めぐり」という本にも、年中行事に「お風入れ法要」は書いてありません。これは、訪問した後から判明したことなのですが、玉沢・妙法華寺では、「お風入れ法要」という行事を長期中止にしていたのです。しかし玉沢・妙法華寺に行く前に、この情報はつかんでいませんでした。

 

さて玉沢・妙法華寺の三門をくぐると、本堂につきあたります。本堂の入り口の上には、「玉澤道場」と書かれた扁額が掲げられていて、本堂入り口前には、お賽銭箱も置かれていました。

妙法華寺20本堂


本堂の入り口が開いていたので、中を見てみると、須弥壇には日蓮木像(祖師像)が祀られているのが見えましたが、その奥に曼荼羅が祀られているかどうかまでは見えませんでした。

本堂に向かって左側が祖師堂、右側が書院で、書院の奥に庫裡がある。

そして書院のちょうど向かい側に、ちょっと大きめの宝蔵が建っていました。日蓮真筆の曼荼羅、註法華経、撰時抄等々の文化財や什宝の類はこの中に納められているようです。

玉沢・妙法華寺入り口脇には、「当山由緒沿革と宝物」と書いた案内板があり、ここに玉沢・妙法華寺の略歴が書いてあります。

妙法華寺28案内板


もともと、鎌倉の「玉澤」にあったのですが、戦乱等を避けてこの地に移転し、地名も「玉澤」と改めたということである。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺5(日蓮の歯二粒を格蔵2)

 

玉沢・妙法華寺は、古来から「日蓮の歯」を格蔵してきたことで知られているのですが、私がいろいろ調べた結果としては、玉沢・妙法華寺の「御肉歯」は、日蓮の本物の歯のようなのです。

その最大の根拠は、玉沢・妙法華寺の開祖で六老僧第一の日昭から相承された玉沢・妙法華寺・日祐の1358(延文3)年の譲り状に、この「日蓮の歯」が出てくる、ということです。

この中に、以下の文が書いてあると言うことです。

 

「本尊聖教並に先師聖人御歯二粒御自筆の状相添へ都て御譲状の如く其外此宗の法門、相承口決等、残す所なく法嗣日運に相伝せしめ畢ぬ。御遺跡の事においては日昭法印定めおかる之通末代まで相違あるべからず。仍って譲状件の如し。延文三年三月十六日。 日祐花押」

(日蓮宗宗務院発刊『創価学会批判』p76)

妙法華寺20本堂

 

さらに「日蓮宗宗学全書・上聖部」には、文保元年(1317)十一月十六日の日昭「御遺跡の事」という文書が載っていて、これには註法華経と日蓮の歯二粒、法門相承を記していて、日蓮の歯を

「御存生之時まのあたり聖人の御手より賜ふ所なり。夙夜向顔の思ひをなすべし」

と述べているという。(日蓮宗宗務院発刊『創価学会批判』p76)

 

玉沢・妙法華寺開祖の日昭が死去したのは、元亨3(1323)326日、103才の時であるので、この「御遺跡の事」は、日昭在世の文ということになる。

ということは、玉沢・妙法華寺の「日蓮の歯」は、開祖・日昭の在世の代から存在し、格蔵されていたと言うことになる。

もし、玉沢・妙法華寺の「日蓮の歯」が偽作だとすれば、これを偽作した人物は、日昭以外にあり得ないと言うことになる。

玉沢・妙法華寺開祖の日昭とは、六老僧第一で、日蓮入滅の葬送では後陣で大導師を務めた人物。いわば、日蓮一門の弟子・檀那衆の筆頭にあり、註法華経の配分を受けた人物である。

そのような人物が、わざわざ「日蓮の歯」を偽作するなどということは、到底考えられない。

偽作する動機も目的も、その必要性も全くないばかりか、「日昭が日蓮の歯を偽作した」とする異議が、どこからも上がっていない。だれ一人、そんなことを言っていないのである。

 

しかも六老僧第二の日朗が二祖になった池上本門寺も、「日蓮の歯」を格蔵しており、日朗が日蓮から歯を授与されていることからして、日朗より僧階が上位にある日昭も、「日蓮の歯」を日蓮から授与されている、というのは僧侶社会の常識として、当然あり得ることである。

 

このように色々な面から検証しても、玉沢・妙法華寺が格蔵する「日蓮の歯」は、本物であるとせざるを得ない、ということである。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺4(日蓮の歯二粒を格蔵1)

 

玉沢・妙法華寺は、数々の文化財・霊宝の類を格蔵しており、註法華経、撰時抄の他には、鎌倉時代の土佐大蔵卿筆の「日蓮上人説法図」と「絵漫荼羅」が国の重要文化財に指定されています。

妙法華寺25文化財案内


さらに立正安国会の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」にも載っている「伝法大本尊」「祈祷本尊」といった日蓮真筆の大漫荼羅本尊、日蓮真筆の消息類8通を格蔵しています。

この辺の所は、妙法華寺境内に建てられている三島市教育委員会の看板に書いてありますし、立正安国会の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」や立正大学日蓮教学研究所編「昭和定本日蓮聖人遺文全集」といった書物を調べれば、載っています。

 

玉沢・妙法華寺が格蔵している什宝の中で、以外と知られていないのが、「日蓮の歯」である。

あの日蓮の「歯」が、玉沢・妙法華寺に格蔵されているのである。

日蓮の「歯」を格蔵している寺院は、日本全国各地にいくつかあります。この玉沢・妙法華寺だけではありません。

まずは日蓮入滅の霊跡として有名な東京・池上の池上本門寺。池上本門寺本殿に祀られている日蓮・祖師像の胎内に、日蓮の「歯」が格蔵されているということです。

 

二番目には、千葉県勝浦市の本行寺釈迦堂。

ここの日蓮の歯は、享保8年(1723年)の五十座に際し、池上本門寺より日蓮の歯骨が分与されて、厨子に格蔵されているとのこと。この釈迦堂は、わざわざ日蓮の歯を収蔵するために建てられた堂宇とのことで、勝浦市の公式ホームページにも載っています。

又、池上本門寺から日蓮の歯が本行寺に分骨されたことも、池上本門寺発行の正式文献「妙玄院日等聖人」という本のp16に載っており、池上本門寺としても、本行寺に分骨したことを認めています。

 

三番目には、新潟県佐渡市の一の谷・妙照寺。

佐渡・一の谷というと、日蓮が「観心本尊抄」を述作したことで有名な地ですが、ここが格蔵している日蓮の歯は、佼成出版社刊行「写真紀行・日本の祖師日蓮を歩く」の中で紹介されており、日蓮宗新聞社刊行「日蓮宗本山めぐり」という本の中にも、妙照寺の什宝として「宗祖(日蓮)御歯」とあります。しかし、妙照寺格蔵の「日蓮の歯」は、伝承の経緯が不明確であり、真偽未決というべきです。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺3(重要文化財指定の撰時抄を格蔵)

 

玉沢・妙法華寺に格蔵されている重要文化財の中で、もうひとつの目玉の古文書は、何といっても日蓮自筆の「撰時抄」でしょう。これは日蓮・五大部の遺文(御書)です。

妙法華寺23撰時抄

 

もちろん、この撰時抄は、日蓮真筆ということで、鑑定され、重要文化財に指定されています。

 

その撰時抄ですが、「冨士一跡門徒存知事」によれば、撰時抄の下巻が日昭のもとにありと書いてあり、立正大学日連教学研究所編纂「昭和定本日蓮聖人遺文」にも、大石寺出版「平成新編・日蓮大聖人御書全集」にも、日昭の玉沢・妙法華寺に日蓮真筆があるとなっていますが、「他5ヶ所」とも書いてあり、妙法華寺の他にも日蓮真筆がある、ということになっています。

 

ところが玉沢・妙法華寺の境内に建てられている三島市教育委員会の看板によると

「日蓮直筆の五巻がほぼ完全な形で残されている」

と書いてある。この文では、撰時抄五巻が全て妙法華寺に残されているとも読めますし、各所に散在している撰時抄を合わせて五巻が完全な形で残されているとも読めます。

 

しかし三島市教育委員会の看板には、写真が掲げられていて、この写真によると、撰時抄五巻がひとつの箱にそろっているように見えます。

三島市教育委員会が、この箱に入っている五巻のことを言っているとすれば、玉沢妙法華寺に、日蓮真筆の撰時抄五巻がそろっているということになります。

 

「冨士一跡門徒存知事」にも、日昭の元に撰時抄があると書いてあるわけですから、玉沢・妙法華寺開祖・日昭在世の時代から、撰時抄は妙法華寺に格蔵されていたということなのでしょう。

 

玉沢・妙法華寺の境内には、三島市教育委員会の看板の他に、妙法華寺が建てた撰時抄の石碑が建てられていました。

妙法華寺27撰時抄碑
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺2(註法華経と御義口伝は全く別)

 

「註法華経」が出たので、思い出しましたが、日蓮正宗は、1994(平成6)に出版した「平成新編・日蓮大聖人御書全集」の中で、従来から「御義口伝」(おんぎくでん)と呼ばれる文書に対して、

「就註法華経」なる名前を付けています。

御義口伝1

 

紛らわしいですね。

 

1951年に、日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂して創価学会が発刊した「御書全集」には、御義口伝に「就註法華経」なる名前は付いていません。この名前を付けたのは、「平成新編・日蓮大聖人御書編纂委員会」。なかんずく時の法主である阿部日顕なのでしょう。

 

しかし、これだと、何も知らない日蓮正宗の信者は、日蓮遷化記録の中に書いてある「註法華経」が、「御義口伝」のことだと錯覚してしまうのではないでしょうか。

というより、日蓮正宗では、最初から信者を錯覚に陥れるつもりで、御義口伝に「就註法華経」なる名前を付けたのではないかと思います。

それしか、考えられないでしょう。

 

当然のことながら、日蓮遷化記録の中に書いてある「註法華経」とは、玉沢・妙法華寺に格蔵されている「註法華経」であって、「御義口伝」なる文書のことではありません。

 

しかも「御義口伝」なる文書は、そもそも日蓮や日興とは全く無関係の後世の偽書です。これについては、下記のトピックで詳細を書いているので、そちらを参照していただければと思います。

「『御義口伝』は日蓮・日興とは全く無関係の後世の偽作である」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=42735311&comment_count=4&comm_id=406970

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■玉沢・妙法華寺1(註法華経を格蔵)

 

玉沢・妙法華寺とは、静岡県三島市玉沢にある六老僧の筆頭・日昭を開祖とする日昭門流の本山で、日蓮宗の本山(由緒寺院)に格付けられている。正式名は経王山妙法華寺という。本山ではあるが、塔頭が覚林院の一院だけある。

妙法華寺は、国道1号線から一本脇に入った県道に面している。JR三島駅方面から行くと、まことにわかりやすく、一度目の訪問は三島駅から、ずいぶん前に電車・バスを乗り継いで行っています。

一回目の時はずいぶん前のことで、メモも残って折らず、記憶にもあまり残っていません。

二度目の訪問は、はっきりと寺跡調査をしようという目的で行っていまして、この時は車で神奈川・箱根方面からナビを頼りに行きました。箱根方面から車で行くと、ちょっと道が複雑で、ナビなしではおそらくたどり着けなかったのではないかと思います。

妙法華寺19本堂

 

玉沢・妙法華寺は、日蓮の本弟子・六老僧の日昭が開創した寺で、もともとは鎌倉の浜にあった法華寺が前身。

1284年(弘安7年)、日蓮の弟子日昭は風間信昭の帰依を受け、鎌倉浜土の玉沢(現鎌倉市材木座)に法華堂を建立した。1538年(天文7年)戦乱により、越後村田(現新潟県長岡市村田)の妙法寺に避難。さらに1594年(文禄3年)戦乱により、伊豆加殿(現静岡県伊豆市)の妙国寺に避難した。村田妙法寺は風間信昭開基の寺院であり、加殿妙国寺は日昭門流の寺院である。

その後、15代日産の時、1621年(元和7年)に大木沢(現在地)に移転し、日産、日達、日亮の3代に渡り再建された。大木沢は妙法華寺創建の地名をとって玉沢と改称された。

 

このように移転に移転を重ねて、鎌倉から今の玉沢の地に移ったわけですが、ここはたくさんの文化財を格蔵している寺院として有名です。

私の第一の関心も、ここにありました。

つまり玉沢・妙法華寺には、日蓮真筆の文献がいくつも残されています。

妙法華寺の境内には、三島市教育委員会が建てた文化財案内の看板が立てられていて、それによると

(1)   絹本著色日蓮上人像

(2)   絹本著色十界勧請大漫荼羅

(3)   日蓮自註 註法華経開結

(4)   日蓮筆 撰時抄

が、国の指定重要文化財になっていること、が書いてあります。

 

中でも注目されるのは、日蓮自註の註法華経。

妙法華寺24註法華経


これは西山本門寺に格蔵される「日蓮遷化記録」に出てくるものですが、日蓮正宗や創価学会の信者は

「日昭が身延山久遠寺から勝手に持ち出したまま、所在不明になっている」

ということを、ずいぶん前に聞いたことがありました。

しかし何のことはない。所在不明どころか、日昭門流の妙法華寺に格蔵されていて、しかも国の重要文化財に指定されている。

又、静岡県の池田・本覚寺に格蔵されている日位筆の「大聖人御葬送日記」の中に「御遺物配分事」という綱目があり、その中に

「註法華経一部十巻 弁阿闍梨」

となっており、註法華経が正統に弁阿闍梨日昭に配分されたことが記されている。

「勝手に持ち出した」と、あたかも日昭を盗人呼ばわりするとは、とんでもない言いがかりである。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ