仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮宗(大)京都妙顕寺

京都妙顕寺(4)~大石寺の客殿・勅使門は京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである3

■京都妙顕寺4(大石寺の客殿・勅使門は妙顕寺の客殿・勅使門のパクリ3)

 

□往古の昔から勅使門、客殿、庫裡等の堂宇の配置は変わっていない京都妙顕寺

 

大石寺による京都妙顕寺客殿・勅使門パクリ問題で、私が注目しているのは、勅使門と客殿の位置です。勅使門は、臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺、京都市右京区嵯峨野の天台宗寺院・二尊院、臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺、真言宗御室派総本山・仁和寺、臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺、臨済宗妙心寺派本山・妙心寺、臨済宗東福寺派大本山・東福寺、臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺、曹洞宗大本山永平寺にもありますが、勅使門の位置が京都妙顕寺や大石寺とは異なっている。臨済宗大本山の場合は、勅使門、三門、法堂、方丈が一直線上に建ち並んでいますが、京都妙顕寺や大石寺の場合は、客殿の前に勅使門があり、客殿と方丈(大坊)が並んでいる。

そして客殿の奥に宝蔵、書院がある、という並び方。これが京都妙顕寺と大石寺に共通している。

さて数年前に京都妙顕寺を訪問した折、庫裡の中に入って、客殿、勅使門を見学させていただくことができました。あいにく、京都妙顕寺は大覚大僧正六百五十回遠忌の本堂修復工事中で、勅使門の写真は、外からではなく、内側の客殿の側から撮影した写真です。

妙顕寺10勅使門


庫裡に入って行ったところ、京都妙顕寺の若い僧侶が、客殿の中のほうへ案内してくれて、いろいろと説明していただけました。僧侶の話では、本堂が修復工事中であるため、本堂に参詣する参拝客や信者は、一旦、庫裡に入って、庫裡から本堂に入って行っているのだという。

京都妙顕寺の僧侶の説明に依れば

○「京都妙顕寺の勅使門は、基本的に勅使がお通りになる場合以外には開けない」

○「勅使は勅使門を通って客殿に入り、客殿でもてなしを受けるようになっている」

○「客殿は、普段は行事等は行われておらず、団体参拝の信者の接遇など゜に使われている」

○「京都妙顕寺は室町時代から、応仁の乱、天文法華の乱や比叡山延暦寺宗徒の焼き討ち等々の戦乱で何度も焼失しているが、勅使門、客殿、庫裡等の堂宇の配置は変わっていないと考えられる」

 

概ね、このような説明がありました。

堂宇の配置の問題ですが、江戸時代の京都妙顕寺の古図が、インターネット上にアップされていますが、これを見ても、現在の京都妙顕寺の堂宇の配置と大差がない。

http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/nitiren.htm

http://www.nihonnotoba3.sakura.ne.jp/2003toba/myokenji31.jpg

http://www.nihonnotoba3.sakura.ne.jp/2007to_0//myokenji92.jpg

よって「京都妙顕寺の勅使門、客殿、庫裡等の堂宇の配置は昔から変わっていないと考えられる」という僧侶の説明は、間違っていないと思われます。

妙顕寺11客殿 

続きを読む

京都妙顕寺(3)~大石寺の客殿・勅使門は京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである2

■京都妙顕寺3(大石寺の客殿・勅使門は妙顕寺の客殿・勅使門のパクリ2)

 

□対外的には「不開門」と言い自宗の信者には「勅使門だ」と二枚舌を使って騙している大石寺

 

前回の大石寺の客殿・勅使門パクリ問題の日記に関連して、賢明なるお方から

「大石寺の勅使門はその頃(大石寺9世日有の代)からあったのですか?

また当時勝手に勅使門の五本線の使用をして、処罰の対象となったりはしないのでしょうか?

寺社奉行などは当時誰だったのでしょうか?

門跡でもないのにこれほどまで身勝手な建立などにも目が届かなかったのでしょうか?」

との、まことに鋭いご質問を頂きました。まことにありがたいことであります。ここにご質問に対しまして、ご回答いたしたいと思います。

 

□大石寺の勅使門はいつごろからあったのか

 

大石寺の公式見解では、勅使門の創建時期については「創建は明らかではない」としています。

大石寺の最も古い古図は、室町時代の大石寺14世日主の古図ですが、これを見ると、今の大石寺の鬼門、客殿、勅使門、大坊・内事部、大書院、宝蔵、奉安殿がある一角が、まとめて「大坊」となっており、この時期に勅使門があったのかどうかは不明。これは江戸時代の古図も同じです。

つまり大石寺の文献を見ても、勅使門がいつ創建されたのかどうかが、不明のままです。

しかし、「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作説などを追及していく中で、大石寺の勅使門は大石寺9世日有が、京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリで創建した、という結論に至りました。

では、なぜ大石寺の勅使門が大石寺9世日有が創建したと言えるのか。

1に、大石寺の68人の法主の中で、唯一、京都天奏の経験があること。なかんずく、「天皇の勅使がまみえて、そのために勅使門が必要」というシステムを知っていたことです。

もちろん、現代であれば、こういうことは、ちょっと研究している人であれば、誰でも知っていることです。しかし、天皇が完全な雲の上の神様のような存在で、殿上人しか天皇に拝謁できなかった時代の人が、はたしてどれだけの人が、このシステムを知っていただろうか。

つまり大石寺9世日有は、実際に京都に行って天奏を行った経験があったからこそ知っていたのではないかと考えられるわけです。

2に、勅使門がある寺院は、京都妙顕寺の他、臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺、京都市右京区嵯峨野の天台宗寺院・二尊院、臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺、真言宗御室派総本山・仁和寺、臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺、臨済宗妙心寺派本山・妙心寺、臨済宗東福寺派大本山・東福寺、臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺、曹洞宗大本山永平寺など、大石寺、永平寺を除けば圧倒的に京都にある寺院です。臨済宗の寺院が多いのですが、しかし鎌倉にある臨済宗大本山である建長寺、円覚寺には、勅使門がありません。したがって、京都天奏ならずとも、京都に行った経験がなければ、勅使門の存在すら知り得なかったのではないかと考えられます。

妙顕寺10勅使門 

続きを読む

京都妙顕寺(2)~大石寺の客殿・勅使門は京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである

■京都妙顕寺2(大石寺の客殿・勅使門は妙顕寺の客殿・勅使門のパクリ)

 

□京都妙顕寺客殿・書院・宝蔵・勅使門の配置が酷似している大石寺客殿・書院・宝蔵・勅使門

 

「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」で大石寺の他宗派教義・本尊・化儀・堂宇のパクリ問題を取り上げているが、大石寺の客殿・勅使門は、京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである可能性が極めて高いという結論に至っている。

大石寺の客殿と勅使門の配置は、客殿の前に勅使門が建てられていた。1964(昭和39)年の旧客殿の解体・大客殿の落慶、その後の大客殿前にあった大化城の解体、1989(平成元年)の大客殿前広場の造成等々の変遷を経て、客殿と勅使門の位置がずれたこともあったが、元々の位置は、客殿の前に勅使門が建てられていたものであった。

この大石寺の客殿・勅使門の配置とそっくりな寺院がある。それは、日蓮宗の大本山・妙顕寺である。京都妙顕寺とは、日蓮の京都布教の遺言を受け、日蓮門下では京都ではじめて布教をした日像が開祖になっている寺院である。

大石寺と京都妙顕寺は、客殿と勅使門の配置が似ているだけではなく、庫裡、大玄関、大客殿、勅使門、さらにその裏手の宝物殿(宝蔵)、書院の配置までそっくりなのである。

そもそも京都妙顕寺とはどういう寺院かというと、開祖・日像は、六歳の頃から日蓮に薪水給仕して、日蓮から経一丸という名前を授かり、本尊も授与されている。13歳のとき、日蓮の入滅に臨んで、日蓮から直々に枕元に呼ばれ、京都開教を遺命された。

1294(永仁2)年、日蓮の京都布教の遺命を果たすべく、京都に上洛。日像は、京都の街角にて辻説法を行い、たちまち京都の町衆から帰依を受けた。しかし比叡山延暦寺等々から排斥を受け、1307年(徳治2年)から1321年(元亨元年)までの間に3度京都から追放する院宣を受けた。

1321年(元亨元年)に追放を許されて、後醍醐天皇より寺領を受け、ここに妙顕寺を建立。さらに、1334(建武元年)4月には、妙顕寺を勅願寺として法華宗号の綸旨を受ける。

勅願寺(ちょくがんじ)とは、時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことだが、実際には、寺が創建されてから、勅許によって「勅願寺になった」寺のほうが数多い。勅願寺は全国で34ヶ寺あるが、天下の三戒壇の他は、天台宗、真言宗、臨済宗が大半で、日蓮宗で勅願寺になっているのは唯一、妙顕寺だけである。

妙顕寺2世・妙実は、1341(暦応4)年に妙顕寺を四条櫛笥に移転。

1358(延文3)年に大干ばつが起きたとき、天皇の勅願によって僧侶300人を従えて桂川のほとりで祈雨の祈祷を行ったところ、たちまち数日の間に雨が降って、山野田畑が潤ったことから、その功績によって、後光厳天皇より日蓮に大菩薩号、日朗・日像に菩薩号が、そして妙顕寺には四海唱導の称号が、妙顕寺2世貫首・妙実には大覚の称号と大僧正の位が下賜された。これにより妙顕寺の寺勢は隆盛を極めた。

妙顕寺1


続きを読む

京都妙顕寺(1)~三門の寺号額に皇室の菊花紋章を使っている日蓮宗七大本山・京都妙顕寺

■京都妙顕寺1(三門の寺号額に皇室の菊花紋章を使っている)

 

□三門の寺号額に皇室の菊花紋章を使っている日蓮宗七大本山・京都妙顕寺

 

京都妙顕寺とは、日蓮宗七大本山のひとつで、日蓮から京都弘教を附属された日像が開山となった寺院。具足山妙顕寺という。南北朝時代、朝廷から日蓮大菩薩、日朗菩薩、日像菩薩号が下賜され、日蓮宗で唯一の勅願寺になっている寺院である。

日蓮宗七大本山とは、池上本門寺、小湊誕生寺、千光山清澄寺、中山法華経寺、北山本門寺、京都本圀寺、京都妙顕寺の七ヶ寺。身延山久遠寺は祖山・総本山。日蓮宗七大本山のひとつということで、かつて京都妙顕寺貫首が日蓮宗管長になったこともあった。

妙顕寺、妙覚寺、立本寺の三寺で「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と呼ばれている。龍華とは、開祖・日像の「肥後阿闍梨龍華院」から来ている。

平成25(2013)に大覚大僧正650遠忌を迎えるということで本堂が工事中でありました。

大覚(12971364)とは妙実ともいい、妙顕寺4世。

1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。この功績により、日蓮に大菩薩号、日朗に菩薩号、日像に菩薩号が下賜され、大覚は大僧正に任じられた。

大覚は備前法華の祖と仰がれている。

ここは日蓮宗唯一の勅願寺ということで、三門の寺号額には、皇室の菊の紋章が使われている。菊の紋章は、勅使門にも使われている。

「菊花紋章」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E7%B4%8B%E7%AB%A0

鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、自らの印として愛用した。その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着した(「十六弁菊は南朝の紋で、三十二弁菊(十六弁八重菊)は北朝(および現皇室)の紋である」との説明も見かけるが根拠不明である)。

江戸時代には幕府により葵紋とは対照的に使用は自由とされ、一般庶民にも浸透し、この紋の図案を用いた和菓子や仏具などの飾り金具が作られるなど各地に広まった。

菊紋のうち、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は、日本の天皇及び皇室を表す紋章である。俗に菊の御紋とも呼ばれる。親王などの皇族はこの紋の使用が1869年(明治2年)の太政官布告をもって制限され、1926年(大正15年)の皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)13条発布を経て「十四裏菊」や「十六裏菊」に独自の図案を加えたもの(有栖川宮家・伏見宮家など)や「十六八重表菊」を小さな図案によって用いたもの(秩父宮家・三笠宮家・久邇宮家など)を各宮家の紋としている。

妙顕寺2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ