一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category: 日蓮宗(本)京都妙伝寺

■京都妙伝寺2(西面している妙伝寺)

 

□日蓮宗や妙伝寺が発行する正式文献には書かれていない『錐揉みの祖師像』の寺伝

 

日蓮宗本山・京都妙伝寺が建っているところは、まさに京都市の市街地の中。このあたりの周辺には、頂妙寺、寂光寺、要法寺など日蓮宗系の本山寺院が建ち並んでいる地域。平安神宮にも近い。

そういう京都市街地の、しかも仏教寺院が密集している地域に建てられているためか、妙伝寺の境内そのものは、そんなに広いという印象はない。境内の中で最も大きな堂宇は本堂で、一塔(南無妙法蓮華経)両尊(釈迦如来像・多宝如来像)四菩薩(上行・無辺行・浄行・安立行)四天王(時国・増長・毘沙門・広目)諸尊と日蓮像が祀られているのが見える。

妙伝寺に祀られている日蓮祖師像は「錐揉祖師の霊像」とよばれている。

この「錐揉祖師の霊像」とはいかなる像なのか、という詳細は「日蓮宗本山めぐり」を紐解いても、妙伝寺発行の冊子「西之身延・本山妙伝寺縁起書」を紐解いても、どこにも書いていない。

ところが日蓮聖人門下連合会・監修、日蓮宗・制作発刊の小冊子「日蓮聖人門下京都十六本山めぐり・京都に息づく法華の心」の中の「日蓮宗・妙伝寺」の項目にこれが載っている。

そこには、こんなことが書いてある。

「本堂に祀られた祖師像は、いたずらによって錐で穴を開けられたところから血が流れ出したという伝説があるそう。そのため『錐揉みの御祖師様』と呼ばれています」(p19)

 

オカルト信仰を彷彿とさせるような伝説である。祖師像に錐で穴を開けたら血が出てきた、などというのは、どう考えてもあり得ない話しで、上古の時代から伝えられている寺伝としては、それでいいのかもしれないが、いろいろな人が読む日蓮宗や妙伝寺が発行する正式文献には、ちょっと書くべき内容ではない、というところだろうか。だから正式文献には、こんな話しが載っていないのではないか、と思われる。

妙伝寺境内には、本堂の「錐揉祖師の霊像」とは別に、「立正安国」と書かれた台座の上に、日蓮立像が建っている。境内に日蓮立像が建てられているのは、身延山久遠寺、池上本門寺、鎌倉妙本寺、北山本門寺、伊豆実成寺、佐野妙顕寺等々の日蓮宗寺院と同じ。

ただし、面白いのは、京都妙伝寺の日蓮立像は、境内の隅っこにあり、しかも立像が境内の外側を向いて建てられていること。

日蓮宗ではないが、法華宗本門流大本山・京都本能寺の日蓮立像も、入り口の総門前にあり、しかも境内の外側を向いていることで共通している。

ただし、こういう日蓮立像の建て方は、とても珍しいのではないかと思われます。

妙伝寺14日蓮像
 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■京都妙伝寺1(日蓮真骨を分骨された西之身延)

 

□日蓮宗が発行している正式文献で公式に認めている妙伝寺への日蓮真骨の分骨の史実

 

日蓮宗本山の京都・妙伝寺は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)で正式名は法鏡山妙伝寺。開創は文明9(1477)で、開山は身延山久遠寺11世行学院日朝の弟子・円教院日意。日蓮宗新聞社刊行「日蓮宗本山めぐり」によれば、日意は、はじめ天台宗に属して比叡山延暦寺の学頭であった。

ところが身延山久遠寺11世法主・行学院日朝にまみえて三昼夜、法義を談じた後、日朝の弟子になって帰依した。そして文明9(1477)、日意は身延山久遠寺の参詣が遠い関西以遠の檀信徒のために、身延山久遠寺を彷彿とさせるような寺院として妙伝寺を開創した。

日意は師・日朝が身延山久遠寺11世法主であったため、師と図って身延山久遠寺から日蓮真筆大曼荼羅本尊と日蓮真骨の一部を分骨されて妙伝寺に持ち帰り奉安した。

さらに本堂には、身延山の七面大明神と同じ木を使い、姿・形も同じに造った七面大明神像を祭っている。

こうして身延山久遠寺参詣が困難であった室町時代に、関西以遠の遠隔地の信徒に日蓮真骨・七面大明神参詣の便を開いた。

又、妙伝寺本堂の須弥壇中央に祀られているのは、一塔(南無妙法蓮華経)両尊(釈迦如来像・多宝如来像)四菩薩(上行・無辺行・浄行・安立行)四天王(時国・増長・毘沙門・広目)諸尊と日蓮像が祀られている。つまりこれは、日蓮の大曼荼羅の相を立体像化したもので、身延山久遠寺本堂に祀られている本尊とほぼ同じである。

こう見てみると、妙伝寺は、「京都のミニ身延山」を醸し出しているように見える。

そのため、妙伝寺は「西之身延」とか「関西身延」と呼ばれている。妙伝寺にも「西之身延」の扁額が掲げられている。

妙伝寺開山・日意は妙伝寺にて23年間在寺した後、身延山久遠寺11世行学院日朝の後を受けて、明応8(1499)に身延山久遠寺12世法主の猊座についている。身延山にて在寺20年ののち、猊座を13世日伝に譲り永正16(1519)に遷化。日蓮宗では日朝・日意・日伝の三師を宗門中興の三師とよんでいる。

 

これに対して、同じく身延山久遠寺から分骨された日蓮真骨を格蔵している日蓮宗本山・鎌倉本覚寺は「東之身延」と呼ばれている。

身延山久遠寺から京都妙伝寺、鎌倉本覚寺に日蓮真骨が分骨されたことは、日蓮宗が発行する公式文献「日蓮宗本山めぐり」や「創価学会批判」に載っていて、日蓮宗、身延山久遠寺としても公式に認めている史実である。

妙伝寺11本堂

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ