仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

天台宗(大)東叡山寛永寺

東叡山寛永寺(4)~日蓮正宗が「大石寺の信仰をしていた」と称している天璋院篤姫の墓所がある寛永寺

■東叡山寛永寺4(天璋院篤姫の墓所がある寛永寺)

 

寛永寺の寺跡調査のもうひとつのポイントは、ここに天璋院篤姫の墓所があること。

篤姫は、日蓮正宗に言わせると、大石寺の信仰をしていた、というのである。ところが篤姫は、寛永寺の五代将軍徳川綱吉の廟の中にいっしょに葬られているのである。大石寺には葬られていないのである。

そもそも天璋院篤姫が大石寺の信仰をしていたなどという話しは、一体、どこから出てきた話なのか。天璋院篤姫が、大石寺の信仰をしていたなどという証拠は、どこにもないはずだ。

では天璋院篤姫とは、一体、どういう人物なのか。

まずフリー百科事典・Wikipediaの記述から

「天璋院」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%92%8B%E9%99%A2

天璋院(てんしょういん) / 篤姫(あつひめ、天保61219日(183525日) - 明治16年(1883年)1120日)は、江戸時代後期から明治の女性で、薩摩藩島津家の一門に生まれ、島津本家の養女となり、五摂家筆頭近衛家の娘として徳川家に嫁ぎ、江戸幕府第13代将軍徳川家定御台所となった人物。実父は薩摩藩主島津家の一門・今和泉(いまいずみ)領主・島津忠剛。母は島津久丙の娘・お幸。薩摩藩9代藩主・島津斉宣の孫である。

幼名は一(かつ、もしくは、いち)。本家当主で従兄・島津斉彬の養女になり本姓と諱は源 篤子(みなもと の あつこ)に、近衛忠煕の養女となった際には藤原 敬子(ふじわら の すみこ)と名を改めた(この際に篤の名は君号となり、篤君(あつぎみ)となった)。」

「天保61219日(183525日)、今和泉島津家の当主・島津忠剛の長女として生まれる。嘉永6年(1853年)、従兄である薩摩藩主・島津斉彬の養女となり、同年821日に鹿児島を陸路出立し熊本を経由して江戸藩邸に入る。渋谷の藩邸から江戸城までの輿入れは先頭が城内に到着しても最後尾は依然、藩邸にいたという。 安政3年(1856年)に右大臣・近衛忠煕の養女となり、その年の11月に第13代将軍・徳川家定の正室となり、年寄の幾島を伴って大奥に入った(輿入れの経緯・詳細については後述)。なお、家定に嫁いで以降、生涯を通して故郷・鹿児島に戻ることは無かった。しかし安政576日(1858814日)に家定が急死し、同月16日(824日)には斉彬までもが死去してしまう。篤姫の結婚生活はわずか19ヶ月であった。家定の死を受け篤姫は落飾し、戒名は天璋院殿従三位敬順貞静大姉、通称天璋院と名乗る。同年12月、従三位に叙位。」

 

寛永寺にも天璋院篤姫の略歴を記した掲示がある。

天璋院に関する一般的な見解とは、そう大差がないように思われる。

寛永寺16篤姫墓案内


続きを読む

東叡山寛永寺(3)~室町時代だったら天台宗談義所での日蓮宗僧の修学はあり得たと回答した寛永寺僧

■東叡山寛永寺3(室町時代だったら天台宗談義所に日蓮宗僧修学はあり得た)

 

寛永寺への参詣・見学は、上野駅公園口から上野公園を歩いて行くか、あるいは鶯谷駅から上野公園方面に歩いて行くか。いずれかが定番。「東の比叡山」という意味の山号・東叡山というくらいあって、中心堂宇は、比叡山延暦寺と同じ根本中堂。本尊も延暦寺と同じ伝教大師最澄自作の薬師如来像。

ただし、根本中堂の大きさは、比べものにならないほど、延暦寺のほうが大きい。

境内を見学していると、「寺務所」の看板が出ている堂宇を発見。「あそこに行けば資料があるかも」と思い、寺務所の中へ。すると私が寺務所に入ったと同時に、奥の方にピンポーンと呼び鈴が鳴り、奥から若い僧侶がすっ飛んで出てきた。「何か?

「寛永寺さんで出しておられる公式パンフか小冊子とかは、ありませんか」

「ございますが、有料です」

ということで、表題が「東叡山寛永寺」と書いてある小冊子を購入。予想に反して、思いもかけずに僧侶が出てきたので、宗学研究についての質問をしてみることに。

寛永寺も江戸時代は大伽藍を誇った天台宗の関東総本山。天台宗関連の宗学研究課題は、「室町時代の天台宗談所に、日蓮宗僧が入学・修学していたのかどうか」という点。そして

「日蓮本仏義とは中古天台教学の恵心流本覚思想のパクリなのかどうか」という点。

 

○「寛永寺さんにも江戸時代には天台宗談所があったのでしょうか」

僧「江戸時代にはこの寛永寺にも大伽藍がありましたので、僧侶が通う談所はあったと思います」

○「日蓮宗関連の古文書『富士宗学要集』等に、室町時代の富士五山のひとつ・大石寺の法主が修行僧だったころに、武州仙波(川越)の天台宗談義所で修学した、ということが書いてあります。

武州仙波の天台宗談義所とは、無量寿寺の中院・喜多院のことと思われます。天台宗談義所に他宗派の僧侶、日蓮宗関連の僧侶が入って修学したということが、あり得たのでしょうか。」

僧「私の個人的な見解ですが、室町時代だったらあり得たのではないかと思われます。今だったら、あり得ませんが。そもそも日蓮という人が、若かりし頃、比叡山で修学された方ですし、日蓮宗とは言っても、それは実質的に天台宗から別れてできたようなものです。ですかから、室町時代だったら、あり得たのではないかと思います」

 

かつて喜多院の僧侶にこれと同じ質問をしたところ、「それはあり得ないのではないか」という見解でした。今度は、全く正反対の見解だったので、私も驚きました。

寛永寺1 

続きを読む

東叡山寛永寺(2)~比叡山延暦寺と同じ伝教大師最澄自作の薬師如来像が祀られている寛永寺根本中堂

■東叡山寛永寺2(比叡山延暦寺と同じ最澄自作の薬師如来像)

 

寛永寺の根本中堂は、当初は1698(元禄11)に建立。間口25(45.5m)、奥行き23(42m)、高さ32mもある大伽藍だったという。

しかし1868(慶応4)の彰義隊戦争の際に全山を焼失。現在の寛永寺・根本中堂は1879(明治12)に、川越・喜多院の本地院(寛永15年に徳川家光が建立)を、寛永寺子院・大慈院の地に移して、寛永寺の本地堂の用材も加えて再建したもの。

根本中堂の正面に掲げられている「瑠璃殿」の額は、東山天皇御宸筆の勅額。この勅額と境内の二つの大水盤は、戦火を免れて、創建当時の面影を伝える。

寛永寺境内には、徳川幕府四代将軍家綱霊廟の梵鐘、中興の学僧・慈海僧正の墓、日本最初の講義を伴う公開図書館・勧学寮を設立した名僧・了翁禅師の塔碑、座像、その他多数の史跡がある。

寛永寺根本中堂中央の大きな厨子に祀られているのが、平安時代初期に造像された等身大の立像・薬師三尊像で秘仏になっている。中尊の薬師如来像は日本天台宗宗祖・伝教大師最澄の自作と伝承されている。

比叡山延暦寺根本中堂の秘仏・薬師如来像も伝教大師最澄自作の像と伝承されている。寛永寺は「東の比叡山」である東叡山だから、根本中堂の本尊は、延暦寺と同じく伝教大師最澄自作の像でないと、つりあいがとれないということだろうか。

寛永寺の薬師如来像は、古くは近江(滋賀県)・石津寺(せきしんじ)に祀られていた像であったが、寛永寺の根本中堂建立に際して、石津寺から寛永寺に移されたという。

もともとは、伝教大師最澄が1本の木から彫った2体の薬師如来像のうち、1体を比叡山延暦寺の本尊として祀り、1体は石津寺を建立して石津寺の本尊として祀ったと伝承されている。

石津寺の本尊・薬師如来像は、江戸時代初期に天海僧正によって上野寛永寺に移されて、寛永寺の本尊として祀られている。現在の石津寺は、重要文化財の本堂だけが残る無住のお寺となっている。

左右の日光・月光の両菩薩像は、同時に山形県・立石寺(山寺)から移された像。寛永寺の見解によれば、薬師如来像は近江・石津寺から、日光・月光の両菩薩像は、立石寺から移された像であるにもかかわらず、最初から三尊仏として造像されたかのように釣り合いが取れている、となっている。須弥壇上・本尊厨子の両脇には、四天王像、十二神将像等が祀られている。

寛永寺14根本中堂 

続きを読む

東叡山寛永寺(1)~江戸時代に比叡山、東叡山寛永寺、日光山の三山の貫首を兼任していた三山管領の宮

■東叡山寛永寺1(比叡山、東叡山、日光山の三山管領の宮)

 

東京・上野の寛永寺とは、天台宗関東総本山の寺院。正式には東叡山寛永寺円頓院と号する。

1622(元和8)、天海大僧正が徳川幕府二代将軍・秀忠と相談して、徳川家の安泰と天下の平安を祈る祈願寺として、江戸城の丑寅、鬼門の方向に創建が決められた。その三年後の1625(寛永2)10月に落慶した寺院。開基(創立者)は徳川幕府三代将軍・徳川家光。開山(初代住職)は天海大僧正。

山号の東叡山とは東の比叡山という意味。寺号の寛永寺は、比叡山延暦寺が朝廷の勅許を得て、延暦としいう元号を寺号にしたのと同様に、創建時の元号である寛永を寺号にしたもの。

本尊は薬師如来像で比叡山延暦寺根本中堂の中心本尊と同じ。寛永寺の中心堂宇も「根本中堂」という。

現在の上野公園中央噴水あたりに徳川幕府五代将軍綱吉が建てた根本中堂があり、ここは間口25(45.5m)、奥行き23(42m)、高さ32mもある大伽藍だったという。

徳川幕府八代将軍吉宗の代には、堂塔伽藍30余棟、子院36坊、境内地305000余坪(1006500m2100ha)、寺領11700石になった。1万石以上の領地を持つ武家を大名と言ったので、寛永寺の寺格は、まさに天下の大名と同格ということになる。

単純に面積だけで比較すると、大阪城公園(大阪) 106.7ha、紫禁城(北京) 72.5ha、大石寺(富士宮) 70haなので、江戸時代の寛永寺境内は、現在の大阪城公園とほぼ等しかったということになる。

 

天海大僧正の生前からの願いであった天皇家から皇子を山主(貫首)に迎えたいとの構想は、徳川幕府四代将軍家綱の代に実現した。

後水尾天皇の第三皇子・一品守澄法親王が寛永寺に入山。朝廷より輪王寺宮の称号が下賜それて、以降、幕末まで寛永寺山主(貫首)は、輪王寺宮(法親王)によって、受け継がれた。

寛永寺の末寺は、東日本、西日本から九州にまで及び、約1800余ヶ寺あったという。

輪王寺宮は、比叡山延暦寺、東叡山寛永寺、日光山の三山の山主(貫首)を兼任し、三山管領の宮とも言われた。

しかし慶応4年(1868年)の上野彰義隊戦争で全山を焼失。明治維新後、境内地は政府に没収され、輪王寺宮は還俗。明治6年(1873年)には寛永寺旧境内地が上野公園になり、寛永寺は廃止状態に追い込まれるが、明治8年(1875年)に再発足。

子院の大慈院の地が本坊の境内となり、川越・喜多院の本地堂を移築して根本本堂(中堂)として復興したが、寺の規模は大幅に縮小した。第二次世界大戦の東京空襲では徳川家霊廟の建物の大部分が焼失している。

現在の境内は約3万坪(99000m210ha)、山内子院は19ヶ坊になっている。

寛永寺33


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ