仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大曼荼羅本尊・盗難・横領事件

平成以降における日蓮真筆大漫荼羅本尊盗難事件

ヤフーオークションに、日蓮の大曼荼羅本尊が、1億円の価格で出品された事件の絡みで、当該の曼荼羅が「昔、週刊誌に載っていた、京都の日蓮宗寺院から盗難に遭った曼荼羅ではないか」

との説が出たので、平成7年に起こった「日蓮真筆大漫荼羅本尊盗難事件」を検証してみたい。

まず時系列に並べると、概ね以下のようになる。

 

1995(平成7)

428  神奈川県鎌倉市妙本寺,宝蔵庫に不法侵入されるが盗難未遂に終わる(仏教タイムス)

5 7  千葉県茂原市法華宗本門流鷲山寺,不法侵入されるが盗難未遂に終わる

512  日蓮宗宗務院,一連の宗宝盗難事件に対し真蹟類格護に万全を期すよう宗門関係寺院に注意を喚起する〈6・16〉(仏教タイムス)

529  京都市本門法華宗妙蓮寺,日蓮聖人真蹟曼荼羅本尊他寺宝6点が盗難に遇う

7 2  京都市日蓮本宗要法寺,宝物の一部が盗難に遇う(仏教タイムス)

1027  京都市本圀寺,日蓮聖人真蹟曼荼羅など宗宝・寺宝の盗難被害届けをする(だいぶ後になって盗難が発覚したもの)

本尊041

 

これらの事件は未遂も含めてのものですが、

1995(平成7)529日  京都市本門法華宗妙蓮寺での盗難事件

1995(平成7)1027日  東の身延山に対し「西の総本山」と呼ばれている日蓮宗の大本山・本圀寺での盗難事件

この二つは、実際に日蓮直筆の大漫荼羅本尊が盗まれている。

この当時は、日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が最も派手に繰り広げられていた時代でしたので、この宗創戦争との関連が盛んに囁かれていた。

 

1991(平成3)1128日 日蓮正宗が創価学会を破門

1992年(平成4年)

7月 創価学会が全国の地区幹部の中から「友人葬」などの冠婚葬祭を執り行う導師を任命。

811日 池田大作が日蓮正宗から信徒除名処分にされる。

1993年(平成5年)

10月 栃木県・淨圓寺所蔵の日寛書写(享保五年)の曼荼羅本尊を新形木御本尊として、世界の創価学会員に授与することを制定。

 

こういった流れの中で、創価学会員全員の日蓮正宗信徒の資格喪失も時間の問題と言われていた最中のこと。実際、1997年(平成9年)121日 日蓮正宗が「宗規」を一部改正して、創価学会員の日蓮正宗の信徒資格を全て喪失せしめることを決定している。

続きを読む

玉沢・妙法華寺(7)~盗難事件があってお風入れ法要を長期中止にしている玉沢・妙法華寺

■玉沢・妙法華寺7(お風入れ法要を長期中止)

 

こちらの全く予想外で、偶然、玉沢・妙法華寺65世小池日恩貫首にお目にかかることが出来たので、幸いだったと言えば幸いでしたが、反面、私としても何の準備もしていなかったため、面食らってしまいました。しかし、貫首に直接質問するまたとないチャンスなので、ここは機転を利かして、質問。

 

○「玉沢・妙法華寺さんは、あちらの三島市教育委員会の案内板にもありますが、たくさんの文化財を格蔵しておられるようですね。私としては、日蓮聖人直筆の漫荼羅や註法華経、撰時抄などを直接拝観できれば、と思っていたのですが、これらの什宝を公開する『お風入れ法要』といった行事はやっておられないのですか」

□貫首「あー、そういうのはね、今は、やっていないんですよ」

 

○「やっていないんですか。じゃあ、重宝類は全くの非公開ということですか」

□貫首「今は、やっていないんですねえ。というのは、数年前に、そこの宝蔵にドロボウが入りましてね。宝蔵にドリルで穴をあけて、宝蔵の中の什宝を盗み出すという事件があったのです。

その盗まれた什宝は、結局、こちらに帰ってきたんですけどもねえ。

ただ、そういう事件があったものですから、当分の間、公開はしないですねえ」

妙法華寺10宝物殿

 

玉沢・妙法華寺什宝の盗難事件があったとは初耳。しかし「お風入れ」というのは、寺院における大きな行事であるはずなのに、これを行わないと言うことになると、年中行事は何を行っているのだろうか、と思ったので、次の質問。

 

○「では、年中行事は、どういう行事を行っているのですか」

□貫首「416日の開山会、1013日の御会式は大きな行事として行っています。その他に、お盆の施餓鬼会、お彼岸の彼岸会ですねえ。大きな行事があるときは、境内でコンサートやイベントを行うこともあります」

 

○「お寺でイベントを行っているのですか」

□貫首「そうです。そういうことでもやらないと、今はなかなかお寺に人が来ないんですよ」

 

はー、お寺に人を呼ぶために、貫首さんもなかなか苦労しているようです。もっとも玉沢・妙法華寺の場合は、県道沿いに面してはいるものの、三島市の市街地からはかなり離れた所にあります。だから、ちょっと足を運びにくいということもあると思います。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ