仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮宗(本)鎌倉妙本寺

鎌倉妙本寺(4)~本堂は南面して建てられているが祖師堂は西面して建てられている鎌倉妙本寺

■鎌倉妙本寺4(本堂は南面・祖師堂は西面)

 

□堂宇・伽藍を南面して建てない理由は地形的・設計的な理由によるものか(?)

 

鎌倉妙本寺の境内は、実に広大な敷地なのですが、広い割には、堂宇・伽藍が少ない寺院に見える。京都妙伝寺、京都妙顕寺、京都本能寺のように、市街地の中にある境内に総門、本堂、祖師堂、子院、庫裡、客殿等の堂宇・伽藍が密集している寺院とは、対照的に見える。

三門をくぐって境内に入っていくと、目に入った伽藍・堂宇は、総門、祖師堂、本堂、宝物館、日蓮立像である。鎌倉妙本寺の中心堂宇は本堂と祖師堂。中心堂宇が二堂ある日蓮宗寺院の典型的な造りになっている。

祖師堂は、三門から境内に入っていって、総門をくぐり、一番奥にある十二間四面の堂宇。十二間四面の堂宇は、鎌倉では一番大きな堂宇であるという。行事のない日に鎌倉妙本寺に行っても、祖師堂の中の須弥壇の幕が下りていて、中を見ることはできない。

鎌倉妙本寺も日蓮宗寺院の通例として、中心堂宇である本堂と祖師堂が建っていますが、面白いことに本堂は南面して建てられているのに対して、祖師堂は西面して建てられている。

鎌倉妙本寺は、本堂の他、庫裡も南面して建てられていて、西面しているのは祖師堂のみ。

仏教寺院の堂宇は、基本的に南面して建てられるのが基本。これは中国の「君子南面」から来ているという。大半の仏教寺院の堂宇・伽藍は南面して建てられている。

ところが例外もある。奈良・興福寺、京都・妙伝寺、京都・清水寺、京都・寂光寺、京都・本能寺、京都・南禅寺等の堂宇は西面して建てられている。京都・天龍寺等の場合は、東面して建てられている。あるいは中心堂宇は南面して建てられていても、塔頭子院は南面していない寺院も含めたら、もっと数が多くなる。南面して建てられていない寺院は、京都に多いように思われる。

ということは、南面していない理由は、仏教的な意義付けではなく、立地条件であるような気がする。京都では、京都妙伝寺、京都妙顕寺、京都本能寺のように、市街地の中にある境内に総門、本堂、祖師堂、子院、庫裡、客殿等の堂宇・伽藍が密集している寺院が多数見られる。つまり設計上、南面して建てられないケースも多々あると思われる。

京都・清水寺、京都・南禅寺の場合は、京都東山の山の斜面に堂宇が建っており、地形的に堂宇を南面して建てることが不可能だと思われる。東山の山の斜面は西面しており、ここに仏教寺院の堂宇を建てるとなれば、山の斜面に沿って西面して建てたほうが自然である。

京都・天龍寺も、京都・嵐山の山の斜面に寺院が建っており、ここも嵐山の斜面に沿って堂宇を東面して建てたほうが、自然である。

それでは、鎌倉妙本寺の場合は、どうなのか。これも地形的・設計的な理由ではないか。鎌倉妙本寺の周囲は山に囲まれており、全ての堂宇を南面して建てるのは、むずかしいと思われる。

妙本寺21本堂 

続きを読む

鎌倉妙本寺(3)~日蓮が臨終の枕元に掛けた『臨滅度時の本尊』を格蔵する鎌倉妙本寺

■鎌倉妙本寺3(『臨滅度時の本尊』を格蔵する鎌倉妙本寺)

 

□池上本門寺からの分骨か(?)鎌倉妙本寺に格蔵される日蓮の真骨(頂骨5片)

 

池上本門寺と妙本寺は、両山一首制で一人の住職が管理していた。江戸時代には池上本門寺に貫首がおり鎌倉妙本寺は司務職として本行院住職が代理として管理していた。両山一首制は1941年(昭和16年)まで続いたが、平成16(2004)4月に鎌倉妙本寺は由緒寺院から霊蹟寺院に昇格している。現住職は大田区本妙院より晋山した第80世早水日秀貫首で、池上法縁五本山の一つに数えられている。

妙本寺の広大な境内には、本堂、祖師堂、比企一族の墓、一幡の袖塚といったものがある。

総門をくぐり、境内坂道の参道を登った二天門奥の大きな瓦葺きの建物は「祖師堂」で日蓮像が祀られている。

祖師堂は十二間四方の建物で、これは、大きな寺ゆえに大勢の参拝者があるので、できるだけたくさんの人が上がってお参りできるようにという配慮からということである。

祖師堂での行事は、千部会(4月13日)と御会式(9月13日)の二回で、このときは日蓮像がご開帳される。千部会(せんぶえ)は、『阿弥陀経』、『法華経』、『般若心経』などひとつの経典を、省略せずに1000部読経することである。1人で1000部読経することもあれば、100人が10部ずつ計1000部読経することもある。

 

霊宝殿には、日蓮・日朗ゆかりの寺宝が納められている。また霊宝塔には、日蓮の真骨(頂骨5片)が納められているという。

かつて両山一首制であった池上本門寺は、日蓮入滅・火葬・葬送の霊跡であり、池上本門寺の日蓮祖師像には、日蓮の灰骨が納められている。はっきりとした見解は聞いたことはありませんが、池上本門寺の日蓮灰骨の分骨である可能性が高いと言えよう。

日蓮灰骨は身延山久遠寺に格蔵されているのは、あまりにも有名ですが、日蓮宗各寺院には、いろいろと「分骨」されて、いろいろな寺院に日蓮灰骨が格蔵されている。

身延山久遠寺以外では、池上本門寺(日蓮祖師像の胎内)、大坊本行寺、鎌倉妙本寺、鎌倉本覚寺、京都妙伝寺、佐野妙顕寺、京都妙顕寺である。

妙本寺15祖師堂 

続きを読む

鎌倉妙本寺(2)~なぜ比企能員の乱で比企能本(大学三郎能本)だけが生き残ったのか

■鎌倉妙本寺2(なぜ比企能本だけが生き残ったのか)

 

□なぜ比企能員の乱で比企能本(大学三郎能本)だけが比企能員の乱で生き残ったのか

 

鎌倉妙本寺の境内は実に広い。ここが鎌倉幕府の有力御家人・比企能員の屋敷跡ということだから、鎌倉時代初期のころの比企一族の栄華が窺い知れる。

ところで鎌倉妙本寺は、比企一族の生き残りである比企能本(大学三郎能本)の建立・開基ということになっている。公式には比企一族は滅亡した、となっているが、一人だけ生き残りがいたということである。比企能員妻妾ならびに比企能員の末子である2歳の男子は和田義盛に預けられ、安房国へ配流となった。この和田義盛に預けられた比企能員の末子である2歳の男子が、後の比企能本である。これは不思議に思いました。なぜ比企能本だけが生き残ったのか。なぜかというと、平安、鎌倉の上古の時代から武家の戦で敗北したて方は、女子は仏門に入ることを条件に命は助けられるケースが多いが、男子は小さな子どもも含めて全員が誅殺されるのが、常識だった。

1159(平治1)年の平清盛と源義朝・藤原信頼の合戦「平治の乱」で、敗北した源氏方は全員誅殺されたが、平清盛の継母・池禅尼の命乞いにより、源義朝の嫡男・頼朝は誅殺を免れ、伊豆に流罪と成った。

その源頼朝が長じて1180(治承4)年、平家打倒の旗揚げを行う。これから約5年にわたる源平合戦が起こり1185(寿永4)3月、長門国壇ノ浦で平家が滅亡する。

この事件から、戦に敗北した方の生き残りが、後年に報復することを怖れ、源頼朝自身が戦で打ち破った相手方の男子を徹底的に殲滅・誅殺した。

木曾義仲の嫡男、源義経の嫡男しかり。これは源頼朝死後も同様で、鎌倉幕府によって滅ぼされた阿野全成の嫡男、梶原景時の嫡男、畠山重忠の嫡男、和田義盛の嫡男、さらには源頼家の嫡男・一幡、公暁、禅暁等、全員が誅殺されている。

ところが、比企能員の乱で、北条方の目の敵にされていた比企一族が滅亡したほずなのに、比企能員の末子である2歳の男子・比企能本だけが生き残ったというのは、何とも不思議である。

比企能本が長じて日蓮の弟子になり、比企一族の旧屋敷跡が鎌倉妙本寺になったわけだから、比企能本が生き残らなければ、鎌倉妙本寺もなかったかもしれない。

又、ただ一人生き残った比企能本が、後年、長じてから比企一族を滅亡せしめた北条氏が支配する鎌倉幕府に対して、何もしなかったというのも、全く不思議である。

鎌倉妙本寺の境内を歩くと、比企能員の乱にまつわる比企一族の供養塔、一幡の廟、竹御所の墓、比企能員の乱で井戸に飛び込んで自害したという源頼家の正妻・若狭局を祀る蛇苦止の井。

史料によれば、自害した若狭局は、後に北条政村の娘に霊となってとりつき、日蓮によって供養され祀られた、ということになっている。が、こういう故事を記した日蓮の遺文はない。

妙本寺25 

続きを読む

鎌倉妙本寺(1)~比企能員の変で滅亡した比企氏館跡に建っている日蓮宗本山・鎌倉妙本寺

■鎌倉妙本寺1(比企能員の変で滅亡した比企氏館跡)

 

□比企能員の変で滅亡した比企氏館跡に建っている日蓮宗本山・鎌倉妙本寺

 

鎌倉妙本寺とは、神奈川県鎌倉市大町にある日蓮宗の本山(霊蹟寺院)で、鎌倉駅東口から徒歩10分ぐらいのところにある。正式名称は長興山妙本寺という。

文応元年(1260年)の創建。開基は比企能本、開山は日朗。日朗門流の本山で、長い間、池上本門寺と両山一首制になっていた。池上本門寺と鎌倉妙本寺の両山一首制は、1941(昭和16)年までつづき、江戸時代には池上本門寺に貫首が住し、鎌倉妙本寺には司務職として本行院住職が管理していた。1842(天保13)年、天保の改革で廃寺になった感応寺の厨子を移設している。

霊寶殿には、日蓮、日朗ゆかりの寺宝が納められている。霊寶殿には、日蓮真筆「臨滅度時の本尊」も格蔵されている。この曼荼羅本尊を板に模刻した板曼荼羅が池上本門寺大堂や大坊本行寺ご臨終の間に祀られている。

 

現在、鎌倉妙本寺のある場所は、比企ヶ谷(ひきがやつ)と呼ばれ、比企ヶ谷妙本寺の名前でも呼ばれている。この比企ヶ谷は、鎌倉時代には鎌倉幕府の有力御家人・比企能員(よしかず)一族の屋敷があった所である。

比企能員一族は、源頼朝の治承の旗揚げ以来の御家人で、比企局は、源頼朝の嫡男・頼家の乳母。さらに源頼家は、比企能員の娘との間に嫡男・一幡をもうけ、一幡も比企能員一族の手で養育されていた。

鎌倉幕府では、源頼朝の正室・北条政子の実父・北条時政が、将軍頼朝の舅として絶大な勢力を持っており、頼朝の死後、頼家が二代将軍となって以降も、北条時政は源頼家の祖父、北条義時は伯父として、権力を狙っていた。源頼朝の死後、北条時政一族と比企能員一族の間に権力闘争が起きる。

鎌倉幕府二代将軍・源頼家の数々の不行跡や土地紛争の裁決等に不満を抱く御家人たちを、北条時政がうまくまとめあげ、源頼家から裁判権を取り上げて、13人の御家人の合議制にした。

これが火種になって北条時政を支持する御家人たちと源頼家・比企能員一族の間に対立が深まる。その後、源頼家が昏睡状態になってしまうほどの重大な病に倒れる。北条時政・義時一族は2代将軍・源頼家の危篤にこと寄せて、比企一族を打倒して、頼家から弟・実朝への相続を画策。

北条側は、鎌倉幕府の有力御家人・安達、三浦、和田一族らを味方に引き入れ、北条時政が仏事にこと寄せて比企能員を鎌倉・名越の北条の館におびき寄せ、平服で来た比企能員が北条方に誅殺される。ここで北条側が比企一族を電撃的に急襲。これがいわゆる比企能員の乱といわれる北条と比企の戦争だが、鎌倉幕府の御家人を二分するほどの戦争になった。

力尽きた比企側は館に火を放ち、それぞれ一幡の前で自害。一幡も炎の中で死んだ。

比企能員の嫡男・比企余一郎兵衛尉は女装して戦場を抜け出したが、道中で加藤景廉に首を取られた。夜に入って比企能員の舅・渋河兼忠が誅殺された。

妙本寺18一幡墓 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ