一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ: 富士門流執着軍団(富士門流ニセ坊主軍団)

■中山法華経寺4(なぜ中山法華経寺で荒行が行われているのか2)   □納得してしまった「衆生の苦を知らない僧は衆生を救うことが出来ない」という僧侶の言葉   中山法華経寺の塔頭・遠寿院の荒行堂の中をのぞいて見ると、約7~8人の荒行僧による参拝人の祈祷が行われ ...

■川越・喜多院7(恵心流と本仏儀の関連付けを全面否定)   □大石寺9世日有は恵心流を知っていたとしても恵心流から日蓮本仏義を偽作したのではない   「天台宗の談義所に、日蓮宗の僧が入学して修学したかどうか」の話題について、これ以上、この僧侶と話してもムダ ...

■川越・喜多院1(天台宗檀林と日蓮宗1)   喜多院とは、埼玉県川越市内にある天台宗の寺院で、ここと中院はかつて星野山無量寿寺という寺院の子院だった。かつては関東天台宗580余ヶ寺の本山として栄えていた寺院。喜多院の山号は今も「星野山」(せいやさん)といい、星野 ...

■池上本門寺28(誤った日蓮本尊説)   □日蓮宗寺院祖師堂に祀られている日蓮祖師像は本尊として祀られているのではない   池上本門寺は、お会式に約30万人もの人が参詣するなど、東京都民にとっては、わりと身近な寺院であると言えます。しかしその一方で、まことに ...

松本修明・岩立修盛問題で、書き込みが遅れてしまったが、再度、東佑介氏の問題を取り上げたい。 「仏教宗学研究会」で、東佑介氏の説について批判を加えたところ、東佑介氏はブログにて、反論を試みようとしているようである。   「仏教宗学研究会に対する反論」 htt ...

■法華宗本門流大本山・光長寺10(秘蔵抄は後世の偽書)   日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「隠れたる左京日教師」で紹介している、岡宮・光長寺の学頭・大林日有氏から得たとする「本因妙抄、百六箇抄、本尊七箇相伝、産湯相承の合本」である「秘蔵抄」だが、これは ...

■法華宗本門流大本山・光長寺9(木くず・秘蔵抄は存在せず2)   私としては、沼津市ないしは沼津市教育委員会のほうで、光長寺の宝物等についてかなり詳しく学術調査をしているわけですから、直接、沼津市教育委員会に問い合わせました。   私は、沼津市教育委員会の ...

■法華宗本門流大本山・光長寺8(木くず・秘蔵抄は存在せず)   大石寺の「戒壇大本尊・彫刻の木くず」なるものや「秘蔵抄」という古文書が、本当に光長寺宝蔵の中に格蔵されているのか。まず確認する手段としては、光長寺に電話して僧侶に聞いたわけですが、その回答は「 ...

■法華宗本門流大本山・光長寺7(木くず・秘蔵抄の調査2)   「秘蔵抄」については、すでにmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティの 「『百六箇抄』(具騰本種正法実義本迹勝劣正伝)なる相伝書は日蓮真筆ではない。後世の石寺法主・9世日有の偽作だ」のトピック・検証39・検 ...

■法華本門寺根源(北山本門寺)13(日蓮銅像がある北山)   日蓮正宗を含む富士門流と、富士門流以外の日蓮宗の間における、伽藍・堂宇・化儀について、大きな違いについて、もうひとつ特徴的なことというのは、日蓮の銅像です。 日蓮の銅像というのは、日蓮宗の寺院に行 ...

↑このページのトップヘ