一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category: 曹洞宗・能登・総持寺祖院

■総持寺祖院2(総持寺祖院にもあった富士門流板本尊の原型・曹洞宗の寺位牌・板位牌)

 

□総持寺祖院にもあった日蓮正宗・富士門流板本尊の原型・曹洞宗の寺位牌・板位牌

 

さて曹洞宗大本山永平寺に行ったとき、永平寺の位牌堂である「祠堂殿」の中に入って、その中にある曹洞宗の寺位牌・板位牌を実見。これらの寺位牌・板位牌が日蓮正宗、富士門流寺院の板本尊によく似ている、ということを書いた。この寺位牌・板位牌は、祠堂殿のみならず、法堂や承陽殿にも多数あった。

元々、位牌というものが、禅宗が中国から日本に伝来せしめたものである故か、曹洞宗寺院の位牌堂に入ると、板位牌や寺位牌が多数収蔵されているのを見かけるわけだが、あまりにも形が日蓮正宗や富士門流寺院にある板曼荼羅本尊に似ていることから、日蓮正宗系・富士門流系の板曼荼羅本尊は、禅宗の寺位牌、板位牌のパクリであろうと考えられる、かつて結論づけた。

つまり何らかの形で日蓮宗系、富士門流系の僧侶が曹洞宗の板位牌、寺位牌を知り、表面に曼荼羅を書いた板曼荼羅本尊を造立したものと考えられるわけである。

それではもうひとつの曹洞宗大本山総持寺の位牌はどうなのか、ということになる。

総持寺の場合は、元々は石川県能登にあったのだが、1898年(明治31年)の火災。1911年(明治44年) 現在地の鶴見に移転した。それで元の能登のほうは総持寺祖院となった。

であるから、明治の移転以前の歴代貫首の位牌、鎌倉、室町、戦国、江戸期といった上古の昔の時代の位牌は、鶴見の総持寺ではなく、能登の総持寺祖院にあると考えられたため、能登の総持寺祖院のほうを見学に行きました。

総持寺祖院の法堂にも、位牌を祀る位牌堂がある。そこには数多くの位牌が祀られている。ここで一番大きな位牌は、特別に祀られている総持寺歴代貫首の位牌。歴代貫首の板位牌は、ひときわ大きい。形としては、まさに日蓮正宗や冨士門流の板曼荼羅本尊にそっくりである。

総持寺祖院の位牌堂は、法堂と隣り合わせになっていて、数多くの大きな位牌が祀られ、その位牌にむかって導師席が設定されている。

総持寺祖院での見学でも、永平寺で見学したときのように、曹洞宗の寺位牌・板位牌は形としては、まさに日蓮正宗や冨士門流の板曼荼羅本尊にそっくりである。よって結論としては、日蓮正宗系・富士門流系の板曼荼羅本尊は、曹洞宗の寺位牌、板位牌のパクリであろうことは変わりないと考えられる。

もちろん道元禅師は、鎌倉時代においてすでに鎌倉に下向して北条時頼に授戒し説法しているので、すでに鎌倉時代から曹洞宗の寺位牌、板位牌は鎌倉地方に伝来していたと考えられる。曹洞宗のほうが先に寺位牌、板位牌を伝承せしめているわけだから、パクリをしたのは日蓮正宗や冨士門流のほうであることは明らかである。

位牌堂1総持寺祖院

総持寺1等身位牌1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■総持寺祖院1(明治31年まで総持寺祖院の場所にあった大本山総持寺)

 

□元々は明治31年までは現在の総持寺祖院の場所にあった曹洞宗大本山総持寺

 

曹洞宗大本山総持寺は、現在は神奈川県横浜市鶴見区にあるが、元々は石川県能登にあったのだが、明治時代に総持寺が能登から鶴見に移転。その能登の総持寺旧跡が総持寺祖院となった。もちろん曹洞宗大本山としての機能も総て、現在は鶴見の総持寺にある。

なぜ能登から鶴見に移転したのかというと、元は1898年(明治31年)の火災。1911年(明治44年) 現在地の鶴見に移転した。私は能登の総持寺祖院も鶴見の総持寺も両方参詣しているが、鶴見のほうが境内が広大で約50haくらいあるという。しかも鶴見の総持寺は、関東平野にありJR鶴見駅前にあるので交通の便もいい。

一方、能登の総持寺祖院のほうは、切り立った山間部にあり、ここへ参詣する交通の便も極めて悪い。現在でも石川県の県都・金沢市から総持寺祖院に行くだけで大変な時間がかかる。

そういう理由からか、総持寺祖院の周辺には、たくさんの旅館が建ち並んでいる。総持寺祖院のある所は、能登半島の山間部にあり、金沢からの特急バスが発着するバスターミナルがある輪島市中心部からも、能登空港からもかなりの距離がある。ここへの日帰りの参詣は出来ないことはないと思うが、かなりむずかしいでしょうね。せっかく総持寺祖院に参詣したのに、滞在時間がわずかになってしまう。だから旅館に泊まって一泊、ということになるでしょうね。

総持寺祖院周辺は、旅館や商店が建ち並ぶ集落になっていて、今も団体参拝等があって、参拝客は旅館に宿泊している様子。ただし本山機能が鶴見に移転してしまっているので、祖院とはいえ、見ていて何となく寂しい感じがする。

高速バスや航空機、空港機能が発達した現代においてすら、こうであるから、鎌倉、室町、戦国、安土桃山、江戸時代のころに、総持寺祖院に参詣する不便さといったら、今よりもはるかにひどかったと言えるのではないだろうか。

方や鶴見のほうは、鶴見駅前にあり、東京、横浜に行くのに交通の便は格段に良い。すでに当時は東京に遷都しており、しかも関東平野に広大な境内ということになれば、やはり本山機能は鶴見へ、ということになるのが必然だったのではないだろうか。

総持寺を能登の地に開いた開祖は、瑩山紹瑾禅師(太祖・常濟大師)。開祖の瑩山禅師(12681325)は、文永5年に越前国生まれ。8才で永平寺に上山し、永平寺3世徹通義介(12191309)について出家している。

永仁元年(1293)、義介に従って大乗寺(金沢市)に移り、正安2(1300)、日本曹洞宗の法脈を明確にした「伝光録」を著す。これは道元禅師の「正法眼蔵」とともに、曹洞宗の宗旨の根本経典とされている。

総持寺別院14 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ