一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category: 日蓮宗・熱原本照寺

■富士本照寺2(大石寺の熱原三烈士墓碑)

 

静岡県富士市の日蓮宗・本照寺に熱原法難で殉死した神四郎の墓があるということになると、日蓮正宗大石寺にある「熱原三烈士の碑」とき一体何なのか、ということになるわけです。

熱原三烈士碑1


日蓮正宗の公式見解によれば、これはあくまでも「碑」であるとなっている。

日蓮正宗富士学林が発刊した「富士年表」によれば、日蓮聖誕七百年の大正10(1921)に、この「熱原三烈士彰功碑」が建てられた、となっていて、墓ではなく「熱原三烈士彰功碑」となっています。

大石寺が発刊した小冊子「大石寺案内」を見ると、「熱原三烈士墓碑」が出てきます。これには

「後年、この三人の壮烈なる殉死を永く記念するために築かれたのが、この墓碑である」

(『大石寺案内』p33)

となっていて、ここでは「墓碑」となっています。

実にあやふやな表現です。墓ではなく「碑」であるのに、あたかも墓であるかのように思わせようとする、微妙な言い回しである。ここに日蓮正宗の信者騙しのトリックがある。

 

どういうことかというと、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者たちは、おしなべてこの大石寺の熱原三烈士の碑が「三烈士の墓」だと思い込んでいる。自称「熱原三烈士墓碑」が、「熱原三烈士の碑であって墓ではない」と考えている信者など皆無であろう。

私も、日蓮正宗や創価学会の信者たちからさんざんに

「大石寺に熱原三烈士の墓がある」

などと聞かされてきましたし、正本堂前に自称「熱原三烈士墓碑」があったとき、「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受ける信者が、自称「熱原三烈士墓碑」の前で、題目三唱をしている姿を何度も見かけました。端で見ていたら、これらの信者は「熱原三烈士のお墓」と言っていたので、この自称「熱原三烈士墓碑」を、てっきり熱原三烈士の墓だと思い込んでいたということです。

 

しかし冷静になって考えて頂きたいのですが、熱原三烈士の墓が大石寺にあるはずがないのである。どういうことかというと、熱原法難があったのは1279(弘安2)年のことで、まだ日蓮在世の時代であった。その日蓮は身延山中で生活していたのであり、大石寺などまだ地球上に存在していなかったわけです。

よって今の大石寺境内に、「熱原三烈士の墓」「神四郎の墓」を建てられるわけがない。

大石寺が発行している小冊子「大石寺案内」の説明文は

「後年、この三人の壮烈なる殉死を永く記念するために築かれたのが、この墓碑である」

(『大石寺案内』p33)

となっているので、一往、文面としては墓であることを否定している文ととれる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■富士本照寺1(神四郎の墓がある本照寺)

 

本照寺とは日蓮宗の寺院で、熱原法難で平頼綱に首をはねられた神四郎の墓があることで、とても有名な寺院です。

この本照寺が建っている所はまさに弘安二年(1279)に「熱原法難」があった所であり、住所は静岡県富士市厚原。今は熱原ではなく、厚原となっています。

本照寺10
 

私が、この本照寺に神四郎の墓があるということをはじめて知ったのは、たしか平成7(1995)か平成8(1996)ころに、美濃周人氏の著書「虚構の大教団」を読んだときでした。あの当時は

「熱原法難で殉教死した信者の墓が今でも残っているのか」

と思い、これは何としても本照寺に行って、神四郎の墓を自分の目で確かめてみたいと思ったものでした。実際に私が本照寺に行ったのは、それから十年以上も後のことです。

 

本照寺の山門前には

「熱原神四郎殿邸址とお墓」

と書いた石碑が建っています。

本照寺8


つまり本照寺は、神四郎の邸宅跡に立てられた、ということのようです。

神四郎というのは、熱原の農民だったわけで、熱原法難で殉教死した人物。その殉教死した神四郎を顕彰する意味合いで、神四郎の邸宅跡に墓が建てられたというのは、ごく自然の道理だと思います。特に異論はないと思いますねえ。

 

そういえば、日蓮正宗大石寺66世・細井日達法主が著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊の授与書にある「本門戒壇之願主・弥四郎国重」とは、熱原法難で殉教死した神四郎のことだ、などと書いています。

これは「板本尊偽作論」で、安永弁哲氏から

「願主弥四郎は不明の人物、一歩譲っても闇討ち横死の人物」

等々と追及された細井日達が、答えに窮して、「弥四郎国重とは神四郎のことだ」などというハッタリを言ったものです。これは、とんでもない話しです。

弥四郎国重が、もし本当に神四郎だったら、本照寺にそれを証明する何らかのモニュメントがあるはずだが、そんなものは何一つない。これからしても、弥四郎国重が神四郎のことだ、などというのは、細井日達のハッタリであることが明らかです。

おそらく細井日達は、本照寺に来たこともなく、口から出まかせでハッタリを書いたと考えられます。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ