仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

不受不施日蓮講門宗(祖)本覚寺

岡山本覚寺(4)~駐車場がなく、他宗派の末寺ぐらいの規模の寺院であった本覚寺

不受不施日蓮講門宗祖山・本覚寺4(末寺ぐらいの規模の寺院)

 

さてその不受不施日蓮講門宗の本山・本覚寺ですが、岡山街道を妙覚寺からさらに北上して行ったところにあります。岡山街道には面していますが、非常に目立たないところにあり、うっかりすると見失ってしまいがちです。

さらにこの本覚寺は、駐車場がない。駐車場がない、というのは、本覚寺で大きな法要や行事があったとき、参詣者に不便はないのだろうか。

それとも、本覚寺に参詣する人は、地元の人たちばかりで駐車場は不要ということか。しかし地方ほど、車に乗る人は多いはずなので、駐車場がないというのは、何とも不可解です。

これじゃあ、本覚寺で行事があったときは、このあたりは、路上駐車だらけになっていそうな感じがしますが。

 

境内に入っていくと、境内の中は案外と狭く、堂宇は本堂と庫裡しかないという感じ。どちらも鉄筋コンクリート造りで、近代になって建てられたものと思われます。

本堂の入り口の戸は、開いていましたが、須弥壇の扉は閉まっており、本尊として何が祀られているかはわかりません。

境内の広さや本堂と庫裡しかないところを見ると、とても一宗の本山には見えません。こういう寺院は、どちらかというと末寺の規模です。これくらいの規模の末寺は、関東、日本全国いたるところにあります。土地が高い東京都内にも、これくらいの規模の末寺はたくさんあります。

本覚寺4

 

それと、本覚寺境内の中には、本覚寺の歴史や堂宇の謂われや建てられた経緯について書いた立て札や案内板といったものが全く見当たりません。なぜ、こういったものがないのか。

不受不施だから、自宗の信者のみの参詣しか念頭にないということか。

さて庫裡に誰かいないのかな、と思ったのですが、人が居る気配がありません。はて、どうなっているのか。

 

ここも不受不施派の寺院ですから、賽銭箱は全く置いてありません。これは、不受不施派だけに限らず、富士門流の寺院、日蓮正宗も賽銭箱はないですね。

日蓮正宗の信者は、すぐに

「日蓮正宗のお寺には、賽銭箱がない」「信者以外からは1円の供養も受け取っていないので、金儲けではない」

と自慢したがりますが、こういう見解には全く賛同できません。

賽銭箱があるから金儲けで、賽銭箱がないから偉いなどと言っているのは、おそらく日蓮正宗ぐらいなもんでしょう。

続きを読む

岡山本覚寺(3)~不受不施日蓮講門宗(本覚寺派)門祖・安国院日講と本覚寺歴代貫首

不受不施日蓮講門宗祖山・本覚寺3(日講と本覚寺歴代貫首)

 

不受不施日蓮講門宗(本覚寺派)の門祖とは、安国院日講で、この人は配流先で著した「録内啓蒙」という著書で有名である。

日講(16261698)とは、江戸時代の不受不施派の僧侶。

1636年(寛永13年)妙覚寺・日習を師として得度。

1645年(正保2年)、飯高檀林や中村檀林(いずれも今の千葉県にあった)で修学。

1661年(寛文1年)野呂檀林(今の千葉・妙興寺)の講師となる。

1665年(寛文5年)日蓮宗の寺院に対し、幕府からの朱印地は国主が寺院に対し、供養したものと認める手形の提出を命じたが、不受不施派はこれを拒否。日講はこの政策に「守正護国章」を呈上して幕府を非難している。

1666年(寛文6年)幕府はさらに地子・寺領だけでなく、飲み水や行路にいたるすべてが国主の供養である旨の手形の提出を命じたが、日講はこれも拒否。

この結果、日講は日向・佐土原に流罪となったが、島津忠高の帰依を受け、この地に布教している。日講の著書「録内啓蒙」はこの時に書かれたもの。

また、流罪となって没するまでの32年間の日記「説黙日課」を残した。

1682年(天和2年)不受不施派内の論争は、不受不施派を導師派と不導師派に二分し、不導師派の日講の系統は今の不受不施日蓮講門宗となる。

「録内啓蒙」とは、日蓮宗ではかなり著名な著書で、大石寺26世日寛も、自らの著書の中に「録内啓蒙」を引用している。

江戸幕府から禁制になっていた不受不施派・日講の「録内啓蒙」を入手するのは、御法度ではなかったのだろうか。又、「録内啓蒙」を引用することで、不受不施派との関係は疑われなかったのか。そもそも日寛は、禁制宗派の「録内啓蒙」を、どこで、どうやって入手したのか。

こういうところを見ると、実に面白い。

しかし、いかんせん、不受不施派が江戸時代は禁制宗派であり、資料も少なく、資料があっても、外へ公開を拒否しているため、なかなか真相が不明な部分が多い。

 

本覚寺歴代貫首は、妙覚寺元総代が持っていた「御津町史」という本に載っています。

1日蓮 2日朗 3日像 4大覚 5朗源 6日実 7日成 8日遵 9日延 10日善 11日意 

12日寮 13日住 14日亨 15日護 16日賞 17日兆 18日順 19日饒 20日典 21日奥(中興)

22 日習 23日講 24日珠 25日照 26日鑑 27日順 28日鋭 29日鏡 30日達 31日譲

32日覚 33日照 34日東 35日正 36日心 37日允 38日心 39日柱 40日省…

となっている。

宗祖・日蓮、二祖・日朗、三祖・日像から日奥までは、妙覚寺歴代と同じ。その後、別れています。

35世日正は、妙覚寺35世日正と名前が同じですが、同一人かどうかは不明です。

本覚寺6
 

 

岡山本覚寺(2)~弾圧されればされるほど団結する宗教パワーは脅威だ

不受不施日蓮講門宗祖山・本覚寺2(団結する宗教パワーは脅威だ)

 

不受不施派については、特筆すべき事がいくつもあるのですが、今の妙覚寺派と本覚寺派の分裂は、まさに江戸時代に幕府から弾圧されて地下活動を行っていたときに、起こっているということ。

もちろん、その当時は、妙覚寺も本覚寺も存在していないわけで、全く寺院がない、地下活動の最中のことです。そもそも不受不施派が、大坂城対論から数えて約260年近くも弾圧されながらも、生きながらえたこと自体が驚きですが、その不受不施派が、地下活動の中で二派に分裂したというのも驚きです。

江戸時代の弾圧の中、どうやって不受不施派が信仰の灯を保って行っていたのかについては、不受不施派が出している資料があり、妙覚寺元総代もその資料を持っていました。

私が「コピーさせてほしい」と要請しても、拒否されてしまい、具体的な内容については、判らず終いになってしまいました。

そもそも法主→僧侶→信者といった連係は、どうやっていたのだろうか。新聞もラジオもテレビも無線も電話も、何もない時代のことです。

資料によれば、不受不施派の信者は日蓮の地元であった上総国、下総国、安房国や室町期に日蓮宗勢力が拡大した備前国、備中国に多く潜伏していたということです。割と近所に固まっていた、ということはあったと思いますが、それでも、連係をどう取っていたのか等、私からすれば謎です。

妙覚寺元総代が持っていた資料を、すこし見ただけでしたが、隠れ家があったことは、資料に載っていたような記憶があります。

 

まあ、地下活動をしている団体が、二派や三派に分裂すること自体は、珍しいことではないのかもしれません。

オウム真理教も麻原彰晃死刑判決後、アーレフとひかりの輪に分裂していますし、昭和30年代から40年代にかけて、日本赤軍、赤軍派等も分裂と合併を繰り返していました。

中国共産党や日本共産党も、分裂したり、分派を生んでいます。

 

しかし封建制の江戸時代に、250年もの長い間、弾圧下にあって、そういう中で、不受不施派の信仰の命脈を保ち続けたパワーとエネルギーは、驚きです。こういうものは、一般世間から見ると、脅威に映る。カルト宗教が世間から嫌われ、恐れられている原因のひとつに、弾圧されればされるほど団結する宗教パワーというものがあります。

今のオウム真理教は全くこれに当てはまりますし、日蓮正宗や創価学会、顕正会も全く同じです。

不受不施派も、今は弾圧下にもありませんし、こういうカルト的な宗教パワーはないかもしれませんが、しかし、弾圧された歴史、権力に対峙した歴史は正統化していますし、殉教もまちがっていないという見解であることは、信者がつくったウエブサイトに書いてあります。

こういうのは、やはり今すぐに危険だ、というものではないにしろ、脅威が内在している団体に見えますね。

本覚寺7
 

 

岡山本覚寺(1)~妙覚寺よりもさらにガチな不受不施の日蓮原理主義派・本覚寺

不受不施日蓮講門宗祖山・本覚寺1(妙覚寺よりもさらにガチな不受不施)

 

さて不受不施派には、妙覚寺を祖山とする日蓮宗不受不施派の他に、もうひとつ、一派があって、それが「不受不施日蓮講門宗」と名乗る宗派で、その祖山も、妙覚寺と同じ岡山市北区にある。

本覚寺も妙覚寺も、距離的にはそんなに離れていない所にあります。車で動けば、そんなに時間はかかりませんが、歩くとなると、これは時間がかかりますが。

本覚寺がある所も、妙覚寺がある所と同じく、元は御津町とよばれた所で、合併により岡山市北区になった所。この二つの不受不施派は、第二次世界大戦中は「本化正宗」という名前で統合・合併していましたが、終戦後、また再び、分離するという歴史を歩んでいます。

 

それでは、この二つの不受不施派の違いは、どこにあるのか、ということになりますが。

江戸時代、不受不施派が幕府から厳しく弾圧されて、地下活動をしていた最中、導師派と不導師派のふたつに分裂し、これが今の妙覚寺派と本覚寺派の元になったということです。

その導師派と不導師派の教義的な違いなのですが…フリー百科事典・Wikipediaによると、次のようになります。

 

不受不施派の信者は日蓮の地元であった上総国、下総国、安房国や室町期に日蓮宗勢力が拡大した備前国、備中国に多く潜伏していた。

不受不施派の信者は、他宗他派に寺請をしてもらうが内心では不受不施派を信仰する「内信」となる者が多く、一部の強信者は他宗他派への寺請を潔しとせず無籍になって不受不施派の「法立」となった。

また不受不施派の僧侶は「法中」と呼ばれ、それを各地の「法燈」が率いた。そして不受不施派では教義上「内信」は不受不施の信者とは一線を画され直接「法中」に供養することが出来ず、「法立」がその間を仲介するという役割を果たした。この信者同士の絆が強固な地下組織を形成し、この時代を生き抜いた。

この時期、岡山の不受不施派では、法立が導師を務めることが出来るか否かをめぐり導師不導師の論争が起こり岡山だけではなく不受不施派全体の問題となった。そして、日向に配流中の日講を中心とする不導師派と讃岐に配流中の日堯を中心とする導師派に分かれ、前者が不受不施日蓮講門宗の系統となり、後者が日蓮宗不受不施派の系統となった。

ということです。

こういうものを読むと、今の本覚寺派のほうが、妙覚寺派よりも、ガチガチの日蓮原理主義という印象を受けます。

本覚寺5

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ