仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

奈良・正倉院・正倉院展

2011年正倉院展(2)~入場まで45分もかかった奈良国立博物館・正倉院展の長蛇の行列

■正倉院展2(63回正倉院展を見学2)

 

奈良県庁前から奈良公園を通り、途中、地下道をくぐって奈良国立博物館まで、父の乗る車いすを押しながら歩いて行きました。周囲を見ていると、たくさんの人が奈良国立博物館にむかって歩いているのがわかりました。「こりゃ、たくさんの人がきているなあ」という感じです。

私の父は全く歩けないわけではなく、普段は普通に生活していて、車に乗ってマーケットに買い物にも行っています。しかし車で遠出ができなくなったのと、長時間の歩行が困難になってしまったので、観光地に行くときは、父を車いすに乗せて、私が押して歩いているわけです。

さて奈良国立博物館で当日入場券を二人分、購入。一枚1000円でした。

当日券売り場には、あまり人がいませんでした。ではこんなにたくさん押し寄せてきている人たちは、前売り券を買って来ているんでしょうか。東京じゃあ、正倉院展の前売り券なんて、見かけませんでしたが、関西地方では、正倉院展の前売り券を売っていたんでしょうか。

当日券を買って博物館の中に入ろうとしたのですが、入り口から入場待ちの長蛇の行列ができているのがわかりました。「こりゃ、すごい行列だなあ」と思いながら、やっと行列の最後尾を見つけて並びましたが、そこには何と「入場までの待ち時間75分」という看板が立っていました。

正倉院展5行列


75分もかかるの」と驚きましたが、しかし入場するにはこの行列に並ぶしかありません。

行列の最後尾についたのが1055分。実際に入場までに何分かかるか、計ってみることにしました。長蛇の行列も少しずつでしたが流れていきまして、奈良国立博物館の入場ケートにたどり着いてチケットを切ってもらったのが1140分。ちょうど45分かかりました。

正倉院展6行列


看板では75分になっていたので、それと比べたら以外と早く入場できました。

さて早速、展示を見学しようとしてエレベーターに車いすごと乗って2Fへ。展示会場の中も、ものすごい人だかりでした。

 

□織田信長、足利義政ら権力者が切り取った香木「蘭奢待」をはじめて実際に見学

 

さて早速、展示を見学しようとしてエレベーターに車いすごと乗って2Fへ。展示会場の中も、ものすごい人だかり。最初は、この人だかりの中に入って、最初から展示をひとつひとつ見学しようとしたのですが、展示が陳列されている人だかりが全然動きません。

「こりゃだめだ」と思い、いったん人だかりの中から脱出し、先に蘭奢待などのポイントの展示を見ることにしました。しかしどこに蘭奢待が展示されているのか、わかりません。

そこで会場の係員に「蘭奢待はどこに展示されているのですか」と聞くと、「あちらです」と教えてくれたので、父の車いすを押しながら、そちらに直行。

そうするとそこにもたくさんの人だかりがありました。その人だかりの中に入っていくと、蘭奢待が大きなガラスケースの中に納められているのが見えました。

蘭奢待2


続きを読む

2011年正倉院展(1)~14年ぶりに正倉院展に出展された権力者たちが愛した香木「蘭奢待」

■正倉院展1(63回正倉院展を見学1)

 

20111112日に父と二人で奈良国立博物館の第63回正倉院展の見学に行き、mixiボイスでつぶやきを書いたところ、たくさんの方からイイネをいただきましたのと、この正倉院展の具体的な内容について、いくつかの質問・問い合わせをいただきました。それで、正倉院展見学に行ったときのことを書こうと思います。

正倉院展2

 

東大寺・正倉院に収蔵されている宝物は通常時、非公開。正倉院そのものは東大寺の境内にあるが、正倉院の管理は宮内庁が行っており、正倉院の中に一般は入れず、もちろん、見学もできない。その正倉院展に収蔵されている宝物が毎年、年1回、奈良国立博物館で一般公開される。

しかし管理する宮内庁が整理済みの正倉院宝物だけで約9000点に上るが、このうち正倉院展で公開される宝物の品目は毎年変更され約70点のみであるとのこと。

フリー百科事典・Wikipediaによれば、正倉院宝物が一般公開される最初は、1875年~1880年、毎年開催された奈良博覧会の一環として、東大寺大仏殿回廊で、一部が一般に公開されたことだという。1889年~1940年には、正倉院の曝涼(宝物の「虫干し」のこと)の際に、限られた人々に拝観を許していたのが、正倉院展のはじまりと言われている。

「正倉院」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%80%89%E9%99%A2

 

正倉院展という催しは毎年、奈良国立博物館で行われているが、第63回正倉院展は20111029()1114()まで無休で開催され、私は1112()に行ってきました。今回の最大の見所は、14年ぶりに出展されたという「蘭奢待」(らんじゃたい)です。

蘭奢待とは香木の一種で、正式名称は黄熟香(おうじゅくこう)。「蘭奢待」という名は、その文字の中に"東・大・寺"の名を隠した雅名です。

これは元々、東南アジアで産出される沈香と呼ばれる高級香木で、日本には9世紀頃に中国より伝えられたとされる説が有力。一説には『日本書紀』や聖徳太子伝暦の推古天皇3年記述を云う説もあります。

普段は、奈良市の正倉院・中倉薬物棚に納められており、これまで足利義満、足利義教、足利義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが切り取って、この高木の香りを楽しんだと伝えられており、古くから日本の権力者にとても重宝がられた香木として有名。

足利義政、織田信長、明治天皇が切り取った跡には、紙箋がありますが、学者の研究によれば、もっとたくさんの人物によって、数百箇所以上、切り取られているといいます。

蘭奢待2
 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ