仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

天台宗・川越・喜多院

川越・川越市立博物館(2)~天台宗檀林・恵心流の謎を追って訪れた川越市立博物館2

■川越・川越市立博物館2(天台宗檀林・恵心流の謎を追って2)

 

□寛永の大火で室町期の古文書が焼失してしまっていると明かした市立博物館学芸員

 

「いやー、どうだろうなあー。わからないこともあるからなあー」と、渋々出てきたという感じの学芸員。「この人、やる気があるのかな」とも思ったが、しかし学芸員と話が出来る千載一遇のチャンスであるので、早速、質問。

 

○「今日、喜多院と中院に行ってきて、中世の無量寿寺にあった天台宗談義所についてお話を伺ってきたのですが、喜多院で回答してくれたのは若い僧侶でした。私はもっと位の高い僧侶、例えば教学部長とか、住職とかに話が聞ければ、と思ったのでしたが…」

学芸員「いやいや、そんな教学部長なんていう人は、あそこ(喜多院)にはいないですよ。あそこは、いわゆる家族経営ですから。御住職がいらっしゃって、息子さんがいて、修行に来ている人は、いるのかなあ。その受付にいた僧侶は、息子さんか、修行に来ていた人か、そんな所でしょう」

「御住職も寺院経営に忙しいはずで、そういう室町時代の天台宗談義所とかの詳しい知識は、もちあわせていますか、どうですかねえ」

○「私も、あっちこっちの寺院に行ったり、博物館に行ったり資料館に行ったりして、お話を伺ったりしているのですが、一般的に寺院はガードが堅く、博物館や資料館に行ったときのほうが、詳しいお話を聞けたりします」

学芸員「まあ、いきなりお寺に行ってもダメなケースは、よくありますよ。ただし、今のケースは、本当にわからなかったんじゃないでしょうかねえ」

○「ここの展示にもありますが、仙波の無量寿寺仏地院には天台宗談義所があり、中世の頃は関東天台宗の本山だったと書いてあります。中世の日蓮宗・富士門流の古文書には、大石寺の法主が登座する前の若かりし頃、仙波の天台寺院で修学した、ということが出てきます。天台宗の僧侶が入学する天台宗談義所に、日蓮宗の僧侶が入学するということがあり得たのか、という問題がひとつあるわけです。喜多院の若い僧侶の話では、懐疑的な見解でしたが、学芸員の方の見解はどうでしょうか」

学芸員「んー、そうーですねえー。おそらくその僧侶の言うとおりではないかと思うんですがねえ。

たしかに天台宗談義所に他宗派の僧侶が入学して修学するということは、あり得ないと言えば、あり得ないでしょう」

「まあ、江戸時代以降でしたら、文献が残っているんですけども、それ以前に関しては、ほとんど文献が残っていないんですよ」

川越市立博3 

続きを読む

川越・川越市立博物館(1)~天台宗檀林・恵心流の謎を追って訪れた川越市立博物館

■川越・川越市立博物館1(天台宗檀林・恵心流の謎を追って)

 

□女性職員に引っ張られて「わからないこともあるからなあ」と言いながら渋々出てきた学芸員

 

喜多院で僧侶の話を聞くことはできたのですが、どうも消化不良な感じがぬぐいきれないため、「天台宗檀林に日蓮宗僧が入学して修学していたのか」「大石寺の日蓮本仏義は本当に中古天台宗教学『恵心流』のパクリなのか」の謎を追って、私は川越の小江戸巡回バスに乗って、川越市立博物館に入りました。

川越市立博物館とは、川越城の北側にあり、二の丸跡地に川越市制60周年を記念して建てられたもの。外観は、川越の蔵造りの家をイメージしたような建物になっている。実際の蔵造りは黒っぽい家ですが、ここは全体が白っぽい色になっている。

博物館に行けば学芸員がいるはずだし、川越の歴史を織り交ぜて、学芸員から話が聞けるのではないかと思い、けっこう期待して博物館の中に入っていった。

川越市立博物館の建物は、けっこう真新しい建物。中の常設展示は、まことにわかりやすい展示が、所狭しと並んでいる。かなり資金を掛けて造られているのがわかる。

常設展示室は、大小5室ぐらい。広い部屋にも小さい部屋にも、川越に関するさまざまな展示が、ぎっしりと並んでいて、あっちこっちで博物館の女性係員が、見学者に対して熱心に説明している姿が目を引いた。

「熱心な人たちだな」と思いました。見学者も熱心だし、係員の方も熱心。私もいろいろな博物館や史料館・資料館を見学に行きましたが、あまりこういう熱心な光景は、見かけませんでした。

無量寿寺、喜多院、中院は、もちろん川越市内にある寺院。中世のころは、天台宗580余寺の本山だったというから、当然、学者としての学芸員の視点や見解があるはず。

その前に、博物館内の常設展示をひととおり見学。

常設展示は、縄文・弥生・大和・奈良・平安・鎌倉・室町・江戸・明治と時代毎に展示が別れていたが、展示の中心は、どうも江戸時代という感じがする。

もっとも喜多院が最も栄えたのが江戸時代だし、代々の川越城主は、幕府の大老、老中をつとめた人物が何人もいるとのこと。

さらに新河岸川を使って江戸に米が運搬されていたということで、水運を中心にした経済が栄えたと言うことで、まず川越市立博物館の常設展示のメインは、江戸時代のもの。

次いでメインは明治時代。明治に川越の大火があり、その時に蔵造りの家が焼けずに残ったということで、川越復興にあたり、次々と蔵造りの家ができた。これが川越の伝統的建造物保存地区になっているということで、明治時代の川越の大火に関する展示もメインのひとつ。

その他の時代に関しては、わりと簡単に済ませている感じがする。

川越市立博1 

続きを読む

川越・中院(1)~天台宗八箇檀林のひとつで日蓮伝法灌頂の寺と伝承する中院

■川越・中院1(天台宗八箇檀林・日蓮伝法灌頂の寺)

 

□日蓮伝法灌頂の寺院にあった天台宗談義所で日蓮宗僧が修学していた、ということか

 

恵心流中古天台宗口伝法門や天台宗談義所に日蓮宗僧が入檀していたか、という謎を追って、喜多院の次に、となりの中院を訪ねました。堂宇は、喜多院、仙波東照宮、中院というふうに並んで建っている。中院の正式名は星野山無量寿寺中院で、今も無量寿寺の寺号を残している。

中院は、星野山無量寿寺の仏地院だった所で、ここに天台宗談義所が置かれていた。

ただは中院の場所は、当初から当地にあったのではなく、今の仙波東照宮があった所にあり、仙波東照宮ができるに当たって、今の地に移転したもの。

喜多院が栄えるようになったのは、江戸時代に天海大僧正が再興して以降であり、もともとの天台宗談義所は仏地院(中院)にあった。

そういうことから中院も訪問。

中院の三門には「元関東八箇檀林」「天台宗別格本山」という看板が出ている。

この関東八箇檀林なのですが、中世の天台宗檀林は

長野県・津金寺、埼玉県川越市・中院、埼玉県児玉郡・大光普照寺、千妙寺、茨城県桜川市・月山寺、茨城県稲敷市・江戸崎不動院、栃木県芳賀郡・宗光寺、茨城県水戸市・薬王院、逢善寺、千葉県長生郡・長福寿寺、群馬県前橋市・龍蔵寺、群馬県渋川市・真光寺、滋賀県米原市・円乗寺にあったとのこと。

関東八箇檀林というからには、八箇所の檀林だったと思われるのだが、しかし、埼玉県、茨城県、千葉県、栃木県、群馬県にあった天台宗檀林は少なくとも九箇所以上ある。

ということは、1ヶ寺が関東八箇檀林に入っていないと言うことになるが、どれが入っていないのか、不明。詳しい方、教えていただけたら幸いです。

 

さて中院の三門前には、「日蓮上人伝法灌頂之寺」と書いた石塔が建っています。

中院6 





















伝法灌頂とは、僧侶の阿闍梨号を授与する儀式のこと。

「伝法灌頂」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E6%B3%95%E7%81%8C%E9%A0%82

「日本密教では、四度加行(しどけぎょう)という密教の修行を終えた人のみが受けられる。正しくは金胎両部伝法灌頂(こんたいでりょうぶ・でんぽうかんぢょう)という。ここで「金・胎」とは、中期密教の宇宙的世界観を表す金剛界(こんごうかい)と胎蔵界(たいぞうかい)を意味する。

インドに始まり、日本密教や中国密教、チベット密教においては、この灌頂によって、密教の奥義がすべて伝授され、弟子を持つこと(教師資格)が許される。また、密教においては仏典だけに捉われず、口伝や仏意などを以って弟子を指導することができることになる。更には、正式に一宗一派を開くことが出来るともいわれ、それ故、阿闍梨灌頂、または受職灌頂ともいう」

 中院1

続きを読む

川越・喜多院(7)~「恵心流本覚思想」と日蓮本仏儀の関連付けを全面否定した喜多院僧侶

■川越・喜多院7(恵心流と本仏儀の関連付けを全面否定)

 

□大石寺9世日有は恵心流を知っていたとしても恵心流から日蓮本仏義を偽作したのではない

 

「天台宗の談義所に、日蓮宗の僧が入学して修学したかどうか」の話題について、これ以上、この僧侶と話してもムダだと思い、話題を恵心流法門と日蓮本仏義の関係に切り替えることにした。

 

○「もうひとつ、お尋ねしたいことがあります。天台宗教学の中に恵心流本覚思想ないしは恵心流口伝法門とよばれているものがありますね。日蓮宗・富士門流関連の古文書の中に、鎌倉時代から室町時代のころにかけて、武州仙波の天台宗檀林で『恵心流』が教授されていた、とするものがあるのです」

僧「あー、恵心流ですか。はいはい、ありますね。恵心流とか檀那流とかいうものですよね」

 

恵心流とは恵心僧都源信を祖とする天台宗の一学派。檀那流とは、檀那僧都覚運を祖とする天台宗の一学派。恵心僧都源信(9421017)とは、貴族向けの仏教解説書である「往生要集」を著して、「観想念仏」を効果ある念仏の方法として勧めた僧として有名。浄土宗の僧と誤解されがちであるが、平安時代後期の天台宗の僧である。源信の教学としては「恵心流」よりもむしろ、「往生要集」のほうが有名。ただし1006年(寛弘3)には、一切衆生の成仏を説く『一乗要決』をまとめた。

『一乗要決』とは、法相宗において人の資質や能力に応じて声聞・縁覚・菩薩に固有の3種の悟りの道があるとする三乗説に反駁し,天台宗の立場から法華経に説く,悟りに導く教えはただ一つしかなく,いかなる衆生もすべて仏になれるとする一乗説を主張。一乗思想が真実の教えで,三乗思想が方便であることを立証した著書である。

 

○「実は、日蓮宗の中の富士門流、さらにその富士門流の中の日蓮正宗という宗派の教学に、日蓮が末法の本仏であるとする日蓮本仏義というものがあります。日蓮宗の学者の中に、日蓮本仏義は「恵心流」のパクリではないかという説を唱えている人がいるのです。

日蓮本仏義とは、簡単に言ってしまうと、日蓮を本因妙の教主・久遠元初自受用身如来とし、釈迦如来よりも上位の仏であるという思想です。天台宗の「恵心流」法門も、これとよく似た教学で、日蓮本仏義の元になっているという説を唱える人がいるのですが、これについてはどうですか」

僧「あー、それは違います。違いますね。「恵心流」とはそんな教学ではありません。私も僧侶の学校で「恵心流」というのを学びましたが、そんな思想ではありません。

たしかに「恵心流」の本覚思想というのは、ありますが、そんな本仏義に結びつけるというのは、ものすごく極端な解釈なのであって、それが「恵心流」の本筋・本論ということではありません。

まあ、「恵心流」の細部については、ものすごく専門的な教学で、私もついていけないような部分があります。しかし本仏とか日蓮本仏義とか、そういったものに結びつくような思想ではありません」

喜多院5 

続きを読む

川越・喜多院(6)~他宗の僧が天台宗檀林に入学・修学することは考えられないと強く否定した喜多院僧侶

■川越・喜多院6(他宗僧の天台宗檀林に入学・修学を否定)

 

□天台宗談義所が天台宗僧限定になったのは江戸時代以降の可能性が高い

 

喜多院の受付で売っていた小冊子を買って読みましたが、大まかな歴史の概略は載っていたのですが、恵心流とか日蓮宗の僧が天台宗談義所に来ていたとかは載っていなかったので、「やはり僧侶に聞いてみるしかないな」と思い、再び慈恵堂(本堂)へ。

まずは正面のお賽銭箱に賽銭を入れて合掌・参拝。

本堂横の受付に行くと、先程の若い僧侶が二人。お守りを売っていたので、まずは「勧学除災お守り」を購入。すると若い僧侶が「これは学生さん用ですよ」

?。一般の人が買っちゃいけないんですか」

「いえ、そういうわけではありませんが」

こんなやりとりがあって、結局、お守りを購入。こういう話しから僧侶に質問。

 

○「先程、庫裡の受付で売っているとおっしゃっていた本は、これですね」

僧「そうです。それですね」

○「この本の中に、かつて喜多院には、室町時代の頃、天台宗談義所があり、無量寿寺は関東地方の天台宗総本山であったと書かれていますが、この天台宗談義所に、日蓮宗などの他宗の僧侶が入学して修学したということは、あったのでしょうか」

僧「んー。談義所というのはここだけではなく、となりの中院もありますし、今は廃寺となった南院もありましたから」

 

なんとなく僧侶の会話の姿勢が、逃げかかっているのがわかりましたから、ここでちょっと強めにプッシュしました。

 

○「そりゃ確かに、中院や南院もあったでしょうが、しかし喜多院も中院も南院も、関東天台宗総本山の無量寿寺の子院だったわけでしょう」

僧「…」

○「質問の主旨はこういうことです。実は、室町時代の日蓮宗・富士門流の本山法主の座に登り詰めた複数の人物が、修行僧(所化僧)だったころに、武州仙波の天台宗檀林で修学したと書いてある古文書があるのです。仙波というのは、ここ川越でしょ。川越の天台宗談義所といったら、無量寿寺の喜多院か、中院か、それしかないじゃないですか。そこを確認したいのです。

これが天台宗の古文書に書いてあるなら、わざわざここに来て確認する必要はありません。しかし日蓮宗側の古文書に書いてあるので、ここに確認に来たわけです」

僧「いやー、天台宗の檀林というのは、あくまで天台宗の僧侶が学問する所ですから。他宗の僧侶は来ていないはずです。それに、だいたい日蓮宗の僧侶が、天台宗の教学を修学するというのは、どうなんでしょうか」

喜多院4


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ