一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ: 宇治・平等院

■宇治平等院5(天台宗・浄土宗の塔中共同管理)   □平成の大修理では阿弥陀如来像・天蓋・台座等々の修理が行われた平等院鳳凰堂   平等院は国宝に指定されていて、なおかつ、平等院の中にある阿弥陀堂、壁画をはじめ国宝、重要文化財に指定されている文化財が多数収 ...

■宇治平等院4(摂関家・藤原氏)   □藤原摂関家・平安貴族たちが「観想念仏」をするために建てられた平等院鳳凰堂   実際に、平等院鳳凰堂の見学に行って、平安時代の日本において、他に比類する者がいないくらい絶大な権勢をふるっていた摂関家・藤原氏においてすら ...

■宇治平等院3(阿弥陀如来像)   □光り輝く浄土の世界の象徴であり権威・権力の象徴でもあった「金」   次に私が興味深かったのは、平等院鳳凰堂に祀られている本尊・阿弥陀如来像。 その阿弥陀如来像があまりにも巨大であったことと、もうひとつ。この阿弥陀如来像 ...

■宇治平等院2(導師席も信者が座るスペースもない)   □奈良・平安時代の寺院には僧侶の導師席も信者・参拝客が座るスペースも必要なかった   平等院鳳凰堂の中は、ほとんどが本尊・阿弥陀如来像が祀られているスペースで占められており、僧侶や参拝客が入るスペース ...

■宇治平等院1(平安時代の創建当初の堂宇)   平等院とは、京都府宇治市にある摂関家・藤原氏ゆかりの寺院で、鳳凰堂が十円硬貨の表の絵柄として、あまりにも有名。私も寺跡調査で、何度か来ています。 平等院は、周書異記の末法初年説である1052年(永承7年)に、関白・ ...

↑このページのトップヘ