■京都・慈照寺銀閣1(全く銀箔が貼られていない銀閣)

 

□京都・東山で京都駅からのアクセスがかなり不便な所にある足利義政の山荘・慈照寺銀閣

 

慈照寺とは、室町幕府八代将軍・足利義政が鹿苑寺舎利殿(金閣)を模して造営した観音殿・銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる寺院で、鹿苑寺と同じく臨済宗相国寺派の寺院。ここも「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。

ここは、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築というふうに言われるように、京都・洛東の東山になるが、同じ東山でも知恩院、南禅寺、平安神宮、祇園がある東山三条からは、かなり離れている。ここはJRや地下鉄の最寄り駅はかなり遠く、京都駅からのアクセスがなかなか不便。ここへは、修学旅行で来ているほか、自分で旅費を支弁した個人旅行で最初に来たのは、1988(昭和63)年に四国旅行に行く途中。1993(平成5)年の全国旅行でも慈照寺に来ている。これらの個人旅行は自家用車で来たのでしたが、寺跡調査で2008年に慈照寺に来たときは、京都駅から銀閣寺前行きのバスに乗った。しかしこのバスは、京都駅からの所要時間が長い上に、バスの中が大混雑で、始発から終点まで、ずーっと立ち席。かなりきつかったですね。さらにその上に、銀閣寺前バス停で下車してから、慈照寺総門までの距離が長い。しかも、ゆるい登り坂になっているので、京都駅から慈照寺に着いた頃は、かなり体力的に、へばってしまった。バスでここに行くのは、かなりきついものがありますね。

バス停から総門につづく参道脇には、料理店、そば店、露天風の店、みあげもの店、定食店などが軒を連ねている。フランクフルトを売っている店もありましたが、表示は「ウインナー」。京都では、フランクフルトのことを、ウインナーと言うらしい。そういえば、私の子どもの頃、私の母親が「ウインナー」という言葉を使っていた様な気がする。2008年に慈照寺に来たときは、銀閣は修復工事中であった。

通称・銀閣とよばれる堂宇・観音殿は、鹿苑寺金閣と比べたら、実にこじんまりした山荘に見える。一見して、中世の上流階級の山荘か、別荘に見える。名前は「銀閣」と言うが、ここに金箔や銀箔が貼ってあるわけではない。観音殿(銀閣)の後方は、山肌になっていて、月待山の山肌には、展望所があり、山の上から慈照寺銀閣を見下ろすこともできる。慈照寺にも日本庭園が広がっているが、こちらの日本庭園は、鹿苑寺の日本庭園と比べたら、こちらは狭く感じる。

慈照寺銀閣2 













(慈照寺観音殿・銀閣)

慈照寺銀閣4 











(慈照寺総門)

 

続きを読む