仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

浄土真宗本願寺派(西本願寺)

大谷本廟・西大谷(2)~石山戦争等からして浄興寺から西本願寺への親鸞頂骨の分骨説がまことに説得力が高い

■大谷本廟・西大谷2(親鸞真骨2)

 

□石山戦争等からして浄興寺から西本願寺への親鸞頂骨の分骨説がまことに説得力が高い

 

西本願寺を本山とする真宗本願寺派の親鸞廟所が大谷本廟・西大谷であるが、親鸞遺骨の行方を追っていく中で、本願寺の基となった大谷廟堂とその後の大谷本廟成立の歴史は、まことに興味深いものがある。浄土真宗本願寺派・本願寺出版社が出している冊子「本願寺グラフ」には、「本願寺の歴史」と題する次の文が載っている。

「もともと本願寺は、親鸞聖人の廟堂から発展した。親鸞聖人が弘長2(1263)年に90才で往生されると、京都東山の鳥辺野の北、大谷に石塔を建て、遺骨を納めた。しかし聖人の墓所はきわめて簡素なものであったため、晩年の聖人の身辺の世話をされた末娘の覚信尼さまや、聖人の遺徳を慕う東国の門弟たちは、寂寞の感を深めた。そこで10年後の文永9(1272)年に、大谷の西、吉水の北にある地に関東の門弟の協力をえて、六角の廟堂を建て、ここに親鸞聖人の影像を安置し遺骨を移した。これが大谷廟堂である。この大谷廟堂は、覚信尼さまが敷地を寄進したものであったので、覚信尼さまが廟堂の守護をする留守職につき、以後、覚信尼さまの子孫が門弟の了承を得て就任することになった」(冊子「本願寺グラフ」p6)

つまり本願寺の基は、親鸞の遺骨を納めた大谷廟堂だということで、その留守職に大谷廟堂を寄進した覚信尼の子孫(つまり親鸞の子孫)が就任することになり、これが今の本願寺門主(宗主)ということになる。これは西本願寺門主・東本願寺門首も親鸞・覚信尼の子孫である。

ところがこれと異なる見解が本山浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」の中に載っている、盛岡大学長・元上越教育大学長・上越市史編集委員長の加藤章氏が「浄興寺小史」と題する論文である。加藤章氏は次のように書いている。

「親鸞は、しばらくこの地で布教し、貞永元年(1232)ごろ、京都に帰るにあたり、弟子の善性にその跡を譲った…」「浄興寺の宗教的権威を支えるものは、まず本寺(浄興寺)が宗祖親鸞の浄土真宗開教の道場であること。さらに最も崇敬される宗祖の頂骨を護持しつづけてきたことがあげられる。」(浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」p2223)

浄興寺の寺伝によれば、浄土真宗の宗祖・親鸞は90才にて京都で遷化(死去)。京都・東山の鳥辺山墓地で荼毘に付されて葬られた。しかし親鸞の頂骨と遺品は、親鸞二十四弟子の一人、善性に相伝され、善性が護持してきたと伝承する。その善性に随って親鸞の頂骨と遺品は、京都から稲田草庵へ、さらに長野へ、そして高田の浄興寺に至るというわけである。

さてもうひとつ、親鸞に関する興味深い研究・論説がある。それは井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」である。井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」8巻から、井沢元彦氏の親鸞に関する興味深い研究・論説親鸞に関する研究・論説の要旨を引用してみたい。

 

続きを読む

大谷本廟・西大谷(1)~鳥辺山の親鸞「御荼毘所」とは離れた所に建っている真宗本願寺派の親鸞廟所・西大谷

■大谷本廟・西大谷1(御荼毘所・親鸞真骨)

 

□鳥辺山の親鸞「御荼毘所」とは離れた所に建っている真宗本願寺派の親鸞廟所・西大谷

 

真宗本廟・東本願寺を本山とする真宗大谷派の親鸞廟所を大谷祖廟・東大谷と言うのに対して、西本願寺を本山とする真宗本願寺派の親鸞廟所を大谷本廟・西大谷と言う。東大谷も西大谷もどちらも京都・東山にある。東大谷が東にあり、西大谷が西にあるというわけではない。これは大谷祖廟は、東本願寺(真宗本廟)の親鸞廟であるから東大谷、大谷本廟は西本願寺の親鸞廟であるから西大谷と呼ばれているものと思われる。西大谷は、室町時代のころから共同墓地で有名な鳥辺山にある。この鳥辺山は、大石寺・要法寺・保田妙本寺三祖日目の墓所がある日蓮本宗(要法寺門流)實報寺がある、あの鳥辺山である。

大谷本廟・西大谷の三門は、京都・東山五条の交差点脇にある。JR京都駅から東山五条までは、徒歩で行けないこともないが、私はここに行くときは、バスかタクシーを利用する。西大谷の境内は、東大谷と比べてかなり広く、親鸞廟所の拝殿もきちんと整備されている。真宗本願寺派の門徒数は約780万人。寺院・教会・布教所数は10369。教師(僧侶)数は19465。これだけ大規模な宗門であるので、それだけ参詣者も多いということだろうか、親鸞廟所も念入りに整備されているのが印象的。西大谷・親鸞廟所の後方には、広大な門徒(信徒)の墓地が広がっている。このあたりは上古の時代から、鳥辺山墓地とよばれた所である。

実は親鸞が火葬・荼毘に付されたのがここ京都・鳥辺山なのである。親鸞は90才で京都鳥辺山の延年寺で火葬され、荼毘に付されたと本願寺の寺伝では、伝承している。親鸞が荼毘に付された所を、真宗本願寺派では「御荼毘所」と呼んでいて、「御荼毘所」は京都・鳥辺山に今も残る。鳥辺山の中にあるのだが、大谷本廟・西大谷と同一所ではなく、離れた飛び地になっているところが面白い。しかもその飛び地に行くには、同じく鳥辺山にある大石寺・要法寺・保田妙本寺三祖日目の墓所がある日蓮本宗(要法寺門流)實報寺の墓地の中を通って行かないと、行けないのである。

 

□明治維新の時に京都市からの廃寺命令でとっくに廃寺になって消滅していた鳥辺山・延年寺

 

現在、鳥辺山ないしは鳥辺山近辺には、鳥辺山墓地が存在するが、それは實報寺墓地、西大谷墓地、ないしはその近辺にある寺院の墓地であって、延年寺ないしは延仁寺という名の寺院は存在しない。鳥辺山の山道をどんどん登っていくと、「延年寺旧跡墓地」という名の墓地があるが、鳥辺山に延年寺という名の寺院は存在しない。「延年寺旧跡墓地」には、別の管理者がいる。そこで

「延年寺旧跡墓地」管理者(鈴木花店)にお話を伺ってみると、延年寺という寺院は、今日、存在していないという。「いつなくなったのですか」と質問すると、「延年寺は明治維新のときに、なくなりました」との回答。「廃仏毀釈でなくなったのですか」と質問すると、「いいえ、そうではありません。京都市のほうから、廃寺命令が出て、なくなりました」との回答でした。

 

続きを読む

真宗・西本願寺(3)~文化審議会が西本願寺の御影堂・阿弥陀堂について国宝指定を答申

■真宗・西本願寺3(御影堂・阿弥陀堂・国宝指定)

 

□朝日新聞、時事通信社は単に「本願寺」と書くのではなく「西本願寺」と書くべきである

 

2014516日、17日、文化審議会が西本願寺の御影堂・阿弥陀堂について国宝指定を答申したというニュースが一斉に配信された。西本願寺御影堂・阿弥陀堂の国宝指定は確実と見られている。西本願寺御影堂・阿弥陀堂の国宝指定答申のニュースをここに引用してみたい。

---------------------------------------------------------------

本願寺の御影堂・阿弥陀堂が国宝へ 文化審が答申 20145161709

 文化審議会は16日、一般に西本願寺と呼ばれる本願寺の御影堂と阿弥陀堂(いずれも京都市下京区)の2件を新たに国宝に指定するよう文部科学相に答申した。最高裁長官の公邸となっている旧馬場家牛込邸(東京都新宿区)など7件の建造物を重要文化財に新規指定することも答申した。本願寺は浄土真宗本願寺派本山。境内中央に、親鸞像を安置する御影堂と、阿弥陀堂が並んで建てられている。共に江戸時代の建築で、当時の高度な技法が使われている。真宗本山の象徴として文化史的に大きな意義があると評価された。

また文化審議会は、宮城県村田町村田、静岡県焼津市花沢の2地区を重要伝統的建造物群保存地区に選定することも答申した。 他の重文の新規指定は次の通り。

 旧真宗信徒生命保険株式会社本館(京都市下京区)▽富田林興正寺別院(大阪府富田林市)▽神戸女学院(兵庫県西宮市)▽浜口家住宅(和歌山県広川町)▽聖福寺(長崎市)▽旧成清家日出別邸(大分県日出町)

(朝日新聞デジタル20145161709分より)

---------------------------------------------------------------------

本願寺御影堂など国宝に=神戸女学院など9件重文―文化審 20140516 18:01  時事通信社

 文化審議会(宮田亮平会長)は16日、京都市下京区の本願寺にある御影堂と阿弥陀堂を国宝に、神戸女学院(兵庫県西宮市)や最高裁長官公邸となっている旧馬場家牛込邸(東京都新宿区)など7件を新たに重要文化財に指定するよう下村博文文部科学相に答申した。 また、本願寺と聖衆来迎寺(大津市)の建物計9棟を重文に追加し、宮城県村田町の村田地区と静岡県焼津市の花沢地区を重要伝統的建造物群保存地区に選定するよう求めた。近く答申通り告示され、重文の建造物は2419件(うち国宝220件)、保存地区は43道府県108地区となる。 

(時事通信社)

--------------------------------------------------------------------

続きを読む

真宗・西本願寺(2)~親鸞命日忌11月28日を太陽暦に換算した1月16日に御正忌報恩講を営む西本願寺

■真宗・西本願寺2(御影堂・報恩講)

 

1999(平成11)年より約10年間、国庫補助事業として施工された御影堂「平成の大修理」

 

西本願寺御影堂は、東西48m、南北62m(2976m2)、高さ29m。外陣は441畳敷で約1200名が一堂に参拝できる。227本の柱で約115000枚の瓦を支える世界最大級の木造建築である。御影堂は1636(寛永13)年の再建で、今日まで約370年以上が経過している。その間、1800(寛政12)年から1810(文化7)年までの約10年をかけた大修理が行われた他、数度の修理が行われてきている。しかし再建から370年、19世紀の大修理から200年以上が経過し、損傷が激しく見られるようになった。そこで御影堂は1999(平成11)年より、親鸞七百五十回遠忌記念事業として約10年間にわたり、文化財保護の国庫補助事業「平成の大修理」が行われた。この西本願寺御影堂「平成の大修理」は、「NHKスペシャル・西本願寺 御影堂10年大修復」でも取り上げられた。

「平成の大修理」で西本願寺御影堂を覆い尽くした素屋根は、高さ約31m。高さ29mの御影堂をすっぽりと覆い尽くした。そして平面積が7248m2。総重量は2300トン。この素屋根の中で、瓦の葺き替え作業が行われた。2000(平成12)1月から瓦を屋根から降ろす作業を開始し、2005(平成17)3月に全ての瓦を葺き替える作業が完了している。御影堂の屋根瓦の総数は115000枚。これを熟練の瓦職人が一枚一枚丁寧に取り外し、約10ヶ月かけて取り外し作業が完了した。損傷のない瓦は再利用されたが、約75000枚もの瓦が、新しい瓦に葺き替えられた。「NHKスペシャル・西本願寺 御影堂10年大修復」でも、西本願寺御影堂の瓦葺き替え作業が取り上げられ、西本願寺門徒が瓦一枚一枚を手作業で綺麗に洗って拭いている姿が映し出されている。

そういえば最近、大石寺でも御影堂大修復工事を終えて落慶法要を行ったというニュースが流れたが、大石寺の御影堂大修復で日蓮正宗の信徒が瓦一枚一枚を手作業で綺麗に洗って拭いたなどとは、聞いたことがない。

浄土真宗本願寺派・本願寺出版社刊「本願寺グラフ」によれば、屋根瓦の葺き替えの他に、御影堂内陣格天井の84枚の天井絵の修復、御影堂内部の梁や柱の彩色補修が行われている。

さて西本願寺御影堂には、真宗本廟・東本願寺御影堂のような「写真撮影禁止」の立て札が全くなく、参拝者を監視する警備員もなし。御影堂内では参拝者がデジカメやスマホ、携帯のカメラ等で、須弥壇や親鸞像の写真撮影をしている。御影堂内には西本願寺僧侶もいたが、誰も写真撮影を咎めたりはしていない。というわけで、私も西本願寺御影堂内で写真撮影をしてきました。

御影堂1 



















(西本願寺御影堂)

西・御影堂修復D2 



















(瓦を手作業で洗って拭いている西本願寺門徒・NHKスペシャルの映像より)

御影堂中7 



















(西本願寺御影堂内部須弥壇)

 

続きを読む

真宗・西本願寺(1)~日蓮正宗大石寺客殿とは浄土真宗東西本願寺御影堂に対抗して建てたパクリ建築である

■真宗・西本願寺1(御影堂)

 

□御影堂を「みえいどう」ではなく「ごえいどう」と読む浄土真宗本山・東西本願寺御影堂

 

真宗・西本願寺とは、浄土真宗本願寺派本山・本願寺で通称名は西本願寺。正式名は龍谷山本願寺という。本願寺とはもともと宗祖・親鸞の廟所である大谷廟所から発展した寺院。大谷本願寺、山科本願寺、石山本願寺の変遷があり、織田信長と石山本願寺戦争(石山合戦)を行う。石山合戦は、織田信長との講和・石山退去によって終結。本願寺教団が石山退去の翌日、石山本願寺は焼き払われてしまう。石山本願寺明け渡しを巡って、本願寺11代門主・顕如(15431592)を中心とする勢力は織田信長との講和を受け容れたのに対して、顕如の長男である教如を中心とする勢力は、これを拒んで籠城を主張した。そのため、教如は顕如から義絶されてしまう。

その後、本願寺教団は、寺基を紀州(和歌山)鷺森、和泉(大阪)貝塚、大坂天満へと転々とした後、1591(天正19)年、豊臣秀吉から現在の京都堀川七条の土地を寄進され、今の西本願寺が造営された。教如は大和、近江、安芸など流浪するが織田信長が本能寺の変で死去すると、顕如と教如は和解する。本願寺11代門主・顕如の没後、12代門主は当初は顕如の長男・教如が後を継いだ。しかし豊臣秀吉は、教如が父・顕如から義絶されたことがあること、石山合戦で最後まで籠城を主張して織田信長に反抗したこと等を理由に、教如が本願寺門主を務めることに異を唱える。

しかし豊臣秀吉は10年に限り教如が本願寺門主を務めることを認める裁決を下すが、教如派はこれを不服としたため、豊臣秀吉は教如を直ちに隠退させ、本願寺11代門主・顕如の三男・准如を12代門主とした。しかしその後も教如は、教如を支持する末寺や門徒に絵像を授与するなどの門主としての活動をつづけた。こうした中で教如と徳川家康が接近していく。1598年の豊臣秀吉の病没、1600年の関ヶ原の合戦で徳川家康が全国の覇権を掌握すると、1602(慶長7)年、徳川家康は京都烏丸六条に寺地を教如に寄進。さらに徳川家康の仲介によって、群馬県妙安寺伝来の親鸞座像(ご真影)が教如に寄進され、ここに東本願寺が造営された。徳川家康は、教如を中心とする教団を追認したわけだが、これは巨大勢力を保って織田信長に約十年にわたって石山合戦を挑んだ本願寺教団を東西に分裂させたまま固定化し、弱体化を図った徳川家康の宗教政策であるとする説が一般的である。

西本願寺も、真宗本廟・東本願寺と同じように、本尊である阿弥陀如来像を祀る本堂(阿弥陀堂)と親鸞御影を祀る御影堂の二堂が中心堂宇になっている。ただし真宗本廟・東本願寺は、北側が御影堂、南側が阿弥陀堂になっているのに対して、西本願寺は南側が御影堂で、北側が阿弥陀堂になっている。つまり、東西本願寺で、御影堂と阿弥陀堂の配置が逆になっている。

その御影堂だが、浄土真宗十派の本山には、いずれも阿弥陀堂と御影堂が並んで建っている。浄土真宗十派は「御影堂」を「みえいどう」と読む宗派と、「ごえいどう」と読む宗派に分かれる。西本願寺も真宗本廟・東本願寺も御影堂を「ごえいどう」と読む。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ