仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大谷祖廟(東大谷)

大谷祖廟・東大谷(2)~江戸初期に西本願寺から分立した東本願寺が元から親鸞頂骨を蔵していたとは考えられない

■大谷祖廟・東大谷2(親鸞頂骨の分骨)

 

□浄興寺から東西本願寺への親鸞頂骨の分骨を史実と認めている盛岡大学長・加藤章氏論文

 

本堂の参拝を終えた後、階段を登って親鸞御廟へ。ここにもたくさんの人が参拝に来て、拝所で焼香をしている。賽銭箱のそばに焼香台があり、焼香ができるようになっている。私も焼香していると、本堂から僧侶が出仕してきて、御廟で読経がはじまった。本願寺とは、もともとは宗祖・親鸞の廟所から発展したもので、廟所は親鸞の代々の子孫の世襲になり、本願寺の起源になった。

しかし本願寺は、最初から今のような巨大教団だったわけではなく、本願寺教団を全国規模に拡大したのは、中興の祖・蓮如である。親鸞廟所が歳月を経るにしたがって本願寺に発展したということは、浄土真宗にとって、親鸞廟所は宗教的権威の源泉と言うべきものと言えよう。

ただし盛岡大学長・元上越教育大学長・上越市史編集委員長の加藤章氏は、本山浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」の中の「浄興寺小史」と題する論文で、真宗本廟・東本願寺が所蔵する親鸞遺骨は、浄興寺から東本願寺へ分骨されたものであると、史実として書いている。

「浄興寺の宗教的権威を支えるものは、まず本寺(浄興寺)が宗祖親鸞の浄土真宗開教の道場であること。さらに最も崇敬される宗祖の頂骨を護持しつづけてきたことがあげられる。それに対し、親鸞の没後十年を経た文永9(1272)、浄興寺から48年おくれて本願寺が創建された。したがって、もともと本願寺と浄興寺の間には、本寺末寺の関係はなかったのである。しかし宗祖を同じくする同派であり、とかも宗祖親鸞の頂骨を浄興寺が安置することから、両寺の交流は深く、また真宗教団の発展に協力して貢献する歴史を有している。とくに本願寺の蓮如の宗門再興をかけて活躍した際や、顕如が大坂石山本願寺を拠点に織田信長と戦った石山合戦前後などは、浄興寺も積極的な援助を行っている」(浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」p2223)

「その後、慶長7(1602)、本願寺が東西両派に分裂したことを契機に、浄興寺は十六世教善のとき、門末をあげて東本願寺を支持し、深い関係をもつに至った。東本願寺は、浄興寺をして客分一門として遇し、十六世教善、十七世宣性、十八世琢性の三代にわたって、()本願寺門主の息女を室に迎え、(東本願寺)門主の「猶子」として(東本願寺)門主の連枝と同等の待遇を受けている。また歴代の(浄興寺)住職は、修学をはじめ宗務のためにしばしば京都に赴き、本願寺との交流も深かった。このような近世初頭における本願寺との関係の中で注目すべきは、それまで宗祖の頂骨を独占してきた浄興寺の特権が、万治3(1660)、婚姻関係を理由に本願寺側からの強い要望に応えて、宗祖の頂骨および本願寺三世覚如以降、7人の門主の遺骨を分与したことである。そのことによって、本願寺は寛文10(1670)、東大谷本廟を創立し、名実ともに本山の条件を整えるに至った。」(浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」p24)

東本願寺礼状1
















 

(東本願寺から浄興寺に宛てた分骨の礼状・浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」)

浄興寺9




















 

(浄興寺・親鸞頂骨拝殿)

写真集・浄興寺1














































 

(浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」)

 

続きを読む

大谷祖廟・東大谷(1)~親鸞廟所を中心に浄土真宗大谷派門徒の墓地・東大谷墓地が広がる大谷祖廟・東大谷

■大谷祖廟・東大谷1(門徒墓所・布施金額)

 

□親鸞廟所を中心に浄土真宗大谷派門徒の墓地・東大谷墓地が広がる大谷祖廟・東大谷

 

大谷祖廟とは真宗本廟・東本願寺を本山とする浄土真宗大谷派の親鸞墓所である。浄土真宗本山は、東本願寺、西本願寺、仏光寺、興正寺、高田専修寺、浄興寺等がそれぞれ親鸞廟を造り、それぞれが「親鸞真骨を祀る」と称している。東本願寺(真宗本廟)の親鸞廟が京都東山の大谷祖廟(東大谷)。西本願寺の親鸞廟が京都・鳥辺山の大谷本廟(西大谷)。仏光寺の親鸞廟が京都東山の仏光寺本廟である。そしてどの親鸞廟のまわりにも、それぞれの門徒の墓地が広がっている。大谷祖廟の通称名を東大谷といい、大谷本廟の通称名を西大谷と言うが、東大谷も西大谷もどちらも京都・東山にある。東大谷が東にあり、西大谷が西にあるというわけではない。これは大谷祖廟は、東本願寺(真宗本廟)の親鸞廟であるから東大谷、大谷本廟は西本願寺の親鸞廟であるから西大谷と呼ばれているものと思われる。大谷祖廟(東大谷)は、京都・東山の知恩院、円山公園等の並びにある。長い石畳の参道を歩いて総門から中に入っていくと、本堂、庫裡、大谷祖廟事務所、北門、茶室、太鼓堂、南門、鐘楼、拝所、御廟、東大谷墓地、東大谷墓地事務所等がある。御廟というのが、親鸞廟で大谷祖廟(東大谷)の高台にそびえ立っている。東大谷墓地とは、浄土真宗大谷派門徒の墓所である。門徒の墓所があるからだと思うが、私が大谷祖廟(東大谷)を訪ねた日も、たくさんの人が参拝に来ており、大谷祖廟事務所の中にある休息所も満員。

東大谷墓地を見ると、たくさんの人が墓参に来ている。浄土真宗では、他宗派とちがって御朱印もなければ、追善供養もない。塔婆も立てなければ位牌もないし、祈祷もしない。もちろん護摩祈祷もなければ、護摩も焚かない。では葬儀や法事はやらないのかというと、そうではなく、葬儀、法事、年回忌はちゃんと行う。葬儀、法事では寺院住職が出仕して読経、正信偈を読む。参列者は焼香もする。浄土真宗大谷派の場合、焼香は他宗派とちがって、香をつまんで、香炉に入れて燃やすだけ。つまんだ香を額で一回止めることはしない。又、故人に戒名(法名)も付ける。浄土真宗大谷派の場合も、末寺住職を通じて本山・東本願寺門首に願い出て、東本願寺門首が戒名(法名)を下賜する。東本願寺門首とは、宗祖・親鸞の世襲制。末寺住職も基本的に世襲制である。東本願寺門首は、江戸時代に本願寺が東と西に分かれたときの東本願寺開祖・13代教如の子孫である。

東本願寺門首は、かつては「法主」とよばれ、専政君主に近い権限を有していたが、いわゆる昭和の「お東さん紛争」による内部改革で、政治的実権を持たない象徴的な「門首」になった。

さて大谷祖廟事務所の中に入ってみると、「墓地お経5000円、本堂お経7000円、永代経5万円」と書いた掲示があった。ここには浄土真宗大谷派門徒の墓地が広がっているので、墓所で僧侶が読経したり、永代経等の儀式が執行される。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ