仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日本文化・仏教・歴史の散歩道

石山本願寺跡・大阪城公園(2)~日本人観光客の他、中国、台湾、韓国から来たと思われる団体客が大幅に増えた大阪城

■石山本願寺跡(大阪城公園)2(大阪城天守閣)

 

□日本人観光客の他、中国、台湾、韓国から来たと思われる団体客が大幅に増えた大阪城

 

石山本願寺跡・大阪城公園に行く最寄り駅は、JR大阪城公園駅になる。大阪城公園に行ったら、石山本願寺跡もさることながら、大阪城天守閣に足が向いてしまう。大阪の象徴と言ったら、やはりこれ。大阪城・天守閣でしょうね。今まで、大阪には幾度となく行っているのですが、大阪城天守閣にも、何度も足を運んでいます。最初にここを訪れたのは、たしか中学生の修学旅行の時だったと思います。その後、大学生のとき、卒業後も大阪に来たときには、何度も来ています。

201010月に大阪に行ったときも、大阪城天守閣に行きました。もちろん、大阪に行ったときは、必ず大阪城天守閣に行っているというわけではありませんが、やはり大阪に行くと、どうしてもここに足が向いてしまう。一回、大阪城に行かなかったことがあると、「次回は、大阪城に行こう」と思い、どうしても足が大阪城に行ってしまう。足が向いてしまうとは言っても、大阪城公園駅から大阪城天守閣までは、大阪城公園の中をひたすら歩いて行くと、およそ2025分はかかる。

歩くとは言っても、私の場合は、大阪城公園の中をいろいろ眺めたり、写真を撮りながら歩くので、実際には30分以上かかっているのではないかと思う。

大阪城天守閣の外観、天守閣の周りは、昔からさほど変わっていないような気がします。

ベンチや写真撮影の所。売店。城郭。石垣。門。天守閣入り口。昔、来たときも、こんな感じだったような気がします。そして、いつ来ても、老若男女、たくさんの人が大阪城天守閣を訪れています。それは平日も土日祝日も関係なく、たくさんの人が来ています。201010月に大阪城天守閣に行ったのも平日の昼間でしたが、たくさんの人が来ていました。どちらかというと中高年の人が多かったように思いましたが、若い男女、家族連れもたくさん居ました。又、目立ったのは、中国、台湾、韓国から来たと思われる団体客。それから欧米人。欧米人は昔から居たような気がしますが、中国・韓国からの観光客は、ここ十年くらいの間のことではないでしょうか。日本人のみならず、外国人観光客にとっても、大阪における一大観光スポットになっているようです。

8階建ての大阪城天守閣の中は、博物館のようになっていて、展示が並んでいる。3F4Fは、豊臣秀吉の時代の大坂城にスポットを当てており、大阪城天守閣の収蔵品の中から、貴重な歴史資料の実物を展示している。5Fは、国の重要文化財「大阪夏の陣図併風」に描かれている各場面を解説。7Fは、豊臣秀吉の生涯を映像、模型、パネルを使って解説している。

大阪城を築いたのはもちろん豊臣秀吉だが、豊臣氏滅亡後は、徳川幕府の大坂城代が住んでいた。大阪城天守閣内にある、さまざまな解説を読んでいると、今の大阪城の遺構は、豊臣秀吉の時代の大坂城というよりも、徳川家康の時代の大坂城の遺構が大半のようである。

しかし、大阪城天守閣内の展示は、なんといっても豊臣秀吉の時代のものが大半。当たり前のことかもしれないが。

 

続きを読む

石山本願寺跡・大阪城公園(1)~今の大阪城本丸・二の丸周辺にあったと推定されている浄土真宗・石山(大坂)本願寺

■石山本願寺跡(大阪城公園)1(広い大阪城公園)

 

□今の大阪城本丸・二の丸周辺にあったと推定されている浄土真宗・石山(大坂)本願寺

 

現在、大阪府大阪市の大阪城公園は、かつて石山本願寺があった所と伝承されている。

石山本願寺(いしやまほんがんじ)とは、戦国時代から安土桃山時代にかけて、現在の大阪府大阪市中央区大阪城付近にあった浄土真宗の寺院、城郭で、正しくは大坂本願寺という。天文2年(1533年)に本願寺教団の本山となって発展し、戦国時代の一大大名・勢力となった。しかし織田信長との石山合戦(石山本願寺戦争)の末、天正8年(1580年)に顕如が石山本願寺を織田信長に明け渡し、その直後に全焼し消滅した。その後、豊臣秀吉が大坂城を築城したとされる。

その豊臣秀吉が築いた大坂城は、1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で落城、焼亡。豊臣氏は滅亡した。その後、徳川幕府が大坂城を再建。江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返し、1665年(寛文5年)には落雷によって天守を焼失している。慶応413日(1868127日)、旧幕府軍の鳥羽・伏見の戦いでの敗北によって出火。建造物のほとんどが焼失した。

現在の天守閣は、1930年(昭和5年)に再建工事が始まり、翌年に完成したもの。大坂城といえば豊臣秀吉であり、淀君、豊臣秀頼自刃の地として有名であり、石山本願寺を連想する人は皆無ではなかろうか。石山本願寺戦争ののち、豊臣秀吉が本願寺に京都の地を寄進。これが現在の西本願寺である。東本願寺は、江戸時代初期、徳川家康が、本願寺を退出した教如に寄進した土地に建立された寺院である。徳川家康は、巨大宗教勢力だった本願寺教団を東西に二分割する政策をとったとする説が、歴史の通説になっている。

石山本願寺が、どういう伽藍・堂宇があり、どれだけの僧侶がいて、どれだけの門前街があったのか等についての記録はほとんど残っていない。石山本願寺は、顕如の退去後、炎上して焼失。この時に、記録文書等々も焼失してしまったのではないかと思われる。ここに親鸞廟があったかどうかも不明。仮にあったとしても、顕如退出後、石山本願寺が焼亡してしまっていることからして、親鸞廟も焼失したのではないかと思われる。こういったことから、後に西本願寺が、高田・浄興寺から親鸞遺骨の分骨を受けて、浄興寺に礼状を出しているのではないかと推測される。

石山本願寺焼亡後、大坂城を築城した豊臣秀吉は、なかなか世継ぎに恵まれず、50才を過ぎてからようやく秀頼が生まれる。秀頼が生まれたことにより、秀吉の養子で次代関白の豊臣秀次は、高野山に蟄居させられ、その地で切腹。太閤秀吉も1598年に死去。秀頼が家督を相続するが、少年の秀頼に天下は統率できず、豊臣秀吉亡き後は、徳川家康の世になった。その豊臣秀頼は、大坂の陣に敗北。大坂夏の陣で自刃し、豊臣家は滅亡した。この地は、なかなか縁起が悪い地のようである。

 

続きを読む

日光山輪王寺・東照宮(4)~征夷大将軍・日光山・東照大権現等、徳川幕府の統治機構に必要だった天皇の権威

■日光山輪王寺・東照宮4(東照大権現2・天皇の権威)

 

□征夷大将軍・日光山・東照大権現等、徳川幕府の統治機構に必要だった天皇の権威

 

日光東照宮は、祭神として徳川家康すなわち「東照大権現」を祀る。その日光山の貫首は、京都の皇族の法親王を迎えていた。江戸時代の文献を見ると、徳川家康のことを「神君」と書いているものを見かける。徳川幕府は、家康を神格化し、神に祀りあげることで、家康の権威というものを、醸し出そうとした。たしかに江戸幕府の統治機構は、征夷大将軍を頂点とする機構が統治していた。しかしその征夷大将軍は、京都の天皇が将軍宣下を以て任命したもの。家康は、「東照大権現」として日光東照宮に祀られているが、家康が「神」になったのは、京都の天皇が「東照大権現」の神号を下賜したからである。そして徳川幕府は、日光山の貫首に京都の皇族の法親王を迎えていた。江戸幕府は、一見すると徳川家康の権威で成り立っているように見えるが、実際は将軍に任命するのも、神号を下賜したのも天皇であり、天皇の権威で成り立っていた。徳川家康は、1600年の関ヶ原の合戦で勝利し、全国の大名を臣従せしめたが、この時の徳川家康の支配体制に、豊臣秀頼・淀君は入っていなかった。1611年、徳川家康が二条城で豊臣秀頼と会見し、秀頼を服せしめたのは、前将軍・大御所としての権威である。つまり将軍として天皇から任命されていたからこそ、秀頼を服せしめることができた。つまり江戸幕府の統治機構には、天皇の権威が必要だったのである。NHK大河ドラマ「葵徳川三代」に、こんなシーンが出てくる。朝鮮通信使が日本に来訪して、三代将軍家光に謁見。朝鮮国王が、徳川家光を「日本国王」と称する国書を手渡した。家光は「日本国王」と称されたことで、「オレは日本国王。ならば京都の天子を江戸に下向させよ」と言う。「朝廷の知行は幕府が召し抱えている。幕府は朝廷にメシを食わせてやっているのだ」と。しかし家光の家臣は、「将軍は天子の将軍宣下で決まる。天子を下に置いたら、将軍は誰がどうやって決めるのか」と問う。家光は「自分で名乗ればいい」と言い出す。すると家臣は、「自分で将軍を名乗って将軍になれるのなら、オレも将軍、オレも将軍と、将軍があっちとこっちに出てきてしまうではないか」と言う。つまり将軍の権威、幕府の支配体制には、「天照大神の子孫」「地上におわす天子」としての天皇の権威が必要だったというわけである。

過去の歴史に於いて、天皇家を乗っ取る形で自ら天皇になろうとした人物はいた。弓削の道鏡は、病を患った孝謙上皇(後の称徳天皇)の傍に侍して看病して以来、その寵を受けることとなった。そして自らが天皇になろうとしたが、宇佐八幡宮神託事件が発端になり、失脚した。室町幕府三代将軍・足利義満も、自ら天皇になろうとしたという説が唱えられている。しかし足利義満は、天皇家を乗っ取る寸前になって急死する。義満の死因については、暗殺説も唱えられている。

天皇とは別の神の権威をつくろうとした人物もいた。そのひとりが平将門である。平将門は関東で挙兵し、自ら「新皇」になろうとしたが、朝廷の討伐軍によって、謀反人として誅殺された。

 

続きを読む

京都方広寺・豊国神社(3)~二度の地震倒壊、三度の火災焼失、豊臣家滅亡の発端になった不吉・不運な方広寺大仏

■京都方広寺・豊国神社3(不吉・不運な方広寺大仏)

 

□日蓮宗不受不施派弾圧の発端になった方広寺大仏殿・千僧供養会の日奥の出仕拒否

 

そもそも京都・方広寺とは、1586(天正14)年に、永禄10年(1567年)の三好・松永の戦いの兵火により焼失した、東大寺大仏殿および大仏にかわるものとして、豊臣秀吉が発願。1588(天正16)年に、京都・渋谷に移転した真宗仏光寺の跡地に建造した。1591(天正19)年に立柱式、1593(文禄2)年に上棟式、1595(文禄4)年に落慶した。この時に建造された大仏は、六丈三尺(20メートル)で、東大寺の大仏が五丈三尺だったから東大寺大仏よりも巨大だった。ただし東大寺大仏は金銅仏だが、方広寺大仏は、刀狩りで没収した刀を再利用した釘も使われたが、大仏そのものは当初の銅造ではなく、木像漆箔の大仏として建造された。大坂城内に莫大な金銀を貯蔵するなど巨大な経済力を持つ豊臣秀吉が、なぜ当初の銅造ではなく、木像漆箔の大仏として建造したのかについて記した文献がどこにも見あたらない。単に安価に仕上げようとした「手抜き」だったということだろうか。しかしその後、方広寺大仏のまわりには、不運・不幸がまとわりつく。

1595(文禄4)年の方広寺大仏殿の落慶で、秀吉は亡父母の追善のために、天台宗、真言宗、律宗、禅宗、浄土宗、日蓮宗、時宗、真宗の各宗派の僧に出仕を命じ、千人の僧の出仕で千僧供養会を行った。この千僧供養会に、日蓮宗不受不施派の日奥が出仕を拒否。これが江戸時代の不受不施派弾圧の発端になった。千僧供養会は、仏教界が秀吉に臣従するのか、しないのかを見極めるために、秀吉が敷いた「踏み絵」ではなかったのかと思われる。千人の僧が出仕する大法要は、あまりにも巨大で、出仕する千人の僧の食事を準備した台所が今も妙法院に遺る。

ところが千僧供養会の翌年の1596(文禄5)年の慶長伏見地震により、方広寺大仏は倒壊。大仏殿は倒壊を免れた。

秀吉は、倒壊した大仏のかわりに、方広寺に善光寺如来を祀ることを計画。1597(慶長2)年に、善光寺如来が京都に到着。方広寺に遷座された。ところが秀吉は1598(慶長3)年に病に伏し、さらに厳暑の夏に雪が舞うという珍事が起こった。これが善光寺如来の祟りではないかと噂され、善光寺如来は817日に善光寺に戻される。がしかし秀吉は翌日の818日に死去する。

1599(慶長4)年に、淀君・豊臣秀頼母子が、金銅大仏の再興をはかるが、1602(慶長7)年に鋳造中の大仏から火災が発生。造営中の大仏と大仏殿が焼失してしまう。

今度は徳川家康の勧めで豊臣秀頼が三度、方広寺大仏の再興を志す。1608(慶長13)年に大仏再建の工がはじまり、1610(慶長15)年に立柱式、1612(慶長17)年に大仏金箔が完成。1614(慶長19)年に梵鐘が完成。創建時よりも大きな大仏殿も完成。あとは徳川家康の承認で落慶開眼法要を待つだけ、となったところで、家康は開眼供養の延期を命じる。南禅寺僧・清韓作の方広寺梵鐘の銘文に不吉の文言ありとて、家康が激怒する方広寺「国家安康」鐘銘事件がおこる。

 

続きを読む

京都方広寺・豊国神社(2)~方広寺大仏殿等の寺社の修復・造営を行っても削がれていなかった豊臣家の巨大な経済力

■京都方広寺・豊国神社2(豊臣家の巨大な経済力)

 

□豊臣脅威説・豊臣討伐論に傾斜していた徳川家康に臣従する親藩・譜代大名や旗本

 

徳川家康は、なぜ豊臣秀頼を一大名として残そうとしていたのか。これは、まず織田家と豊臣秀吉の前例に則ったと思われる。豊臣秀吉は、もともとは織田信長の家臣で、本能寺の変・織田信長の死去後、山崎の合戦で明智光秀を破り、清洲会議で実質的に「ポスト織田信長」の主導権を握った。そして賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破り、織田信雄・徳川家康の連合軍と対峙した小牧・長久手の戦いでは、織田信雄を臣従せしめた。その後、織田有楽斎をはじめ、織田家の武将をことごとく臣従させている。よってこれと同じように、徳川家康も、天下人になる野心がない豊臣秀頼を一大名として臣従させていく腹づもりだったと思われる。そうすれば豊臣恩顧の大名と摩擦も起こらなければ、秀頼の正妻になった孫娘・千姫の身を案じなければならなくなることもない。

しかし家康は、秀頼を一大名として残す腹づもりだったならば、なぜ家康は方広寺の「国家安康 君臣豊楽」の鐘銘を、「家康呪詛の鐘銘だ」と憤激して、大坂の陣で豊臣家を滅亡させたのか、ということになる。豊臣秀頼は天下人になる気は全くなかったが、実母の淀君があくまでも徳川家への臣従を拒否し、あくまでも天下人は秀頼だと譲らなかったからだ、という説が有力で、方広寺鐘銘事件も、当初は豊臣家を滅ぼすというよりも、淀君を懲罰する腹づもりだったという説である。

NHK大河ドラマ「葵徳川三代」も、この説を採っていて、家康が「あの女狐(めぎつね・淀君のこと)に灸をすえてやらんといかんな」と言うセリフを入れている。

これとは全く正反対に、徳川家康は虎視眈々と豊臣家を滅亡させるべくチャンスを窺っていたとする説もある。これは、このまま豊臣家を大坂城に存続させた場合、豊臣恩顧の大名をはじめ、関ヶ原の合戦で改易・減封・国替えになった徳川幕府に不満を持つ大名・武家が豊臣家のもとに集結し、今の野党的な存在になって、徳川幕藩体制を根幹から脅かす存在になることを、家康は怖れていたのではないか、とする。この説も一理あると思われる。

しかし私は、豊臣脅威説・豊臣討伐論の考えを持っていたのは徳川家康ではなく、徳川家康に臣従する親藩・譜代大名や旗本がそう考えていたのではないかと思われる。この時代は、まだ完全に戦国の世が完全に終わっておらず、戦(いくさ)で負ければ主君の改易はもちろん、家臣から一族郎党に至るまで失業。下手をすれば首を切られかねない。この時代の「失業」は、今の失業とはちがい、ハローワークもなければ求人広告があるわけじゃない。失業=死とほぼ同じ意味だった。

豊臣秀頼は、天下取りの野心はなかったとしても、実母の淀君が「天下人はあくまでも秀頼だ」と固執し、徳川幕府への臣従を拒否しつづけていた以上、徳川家康に臣従する親藩・譜代大名や旗本からすれば、これは脅威に映り、豊臣脅威説・豊臣討伐論に傾斜していくのは、必然だったのではないかと思われるからだ。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ