仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

漆・輪島漆芸美術館・輪島漆器会館

輪島漆器会館(1)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査4

■輪島漆器会館1・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査4

 

□漆の基礎知識。漆塗りの工程、漆に関するさまざまな展示を行っている輪島漆器会館

 

石川県輪島漆芸美術館での四柳嘉章館長との単独会見を終えた私は、徒歩で輪島漆器会館に向かった。

輪島漆器会館とは、輪島漆器商工業協同組合が経営している会館で、一階が輪島漆器商工業協同組合直営の漆器展示販売所。ここは、輪島市内約100の漆器専門店が共同出店している販売所で、輪島塗のありとあらゆる漆器が販売されている。

輪島塗とは、輪島漆器会館の見解に依れば、次のようになる。

「輪島塗の起源については諸説ありますが、鎌倉時代後期から、室町時代の初期(西暦1400年頃)と推定されています。その考証として、市内の重蔵神社本殿にある応永4年(西暦1397年)のものとされる内障の扉には、朱塗りの形跡が見られ、また文明8年(西暦1476年)建立の重蔵権現講堂の棟札には、塗師三郎次郎定吉の名が記されています。その他、市内東山の養覚寺より収集された黒塗八隅膳と椀一組は、稚拙な製作技術からみて鎌倉時代後期から室町時代のものと推定されています。さらに近郷の能登町柳田字合鹿や当目、および北河内においても、その当時から漆器づくりがなされていたと伝えられています。

現在の輪島塗に近いものができるようになったのは、桃山時代後期から江戸時代初期の頃と考えられていますが、それは珠洲市飯田町の乗光寺より収集した四つ椀揃い八隅膳からの推察であります。…

寛文年間(16611673)に至って、当時輪島に発見された珪藻土の一種を焼成粉末にして「地の粉」をつくり、漆に混入し、塗り研ぎを何度も繰り返して堅牢な下地を作る工法がされました。これが本堅地法で「布着せ」とともに今日の伝統工芸輪島塗の基本的工法となっています。

輪島塗に文様を施すようになったのは、江戸時代中期以降で、それまでは朱漆で絵付けされたものもありましたが、ほとんどは無地物でした。享保年間(17161736)頃には、輪島独特の華やかな沈金技法が考案され、蒔絵は文政年間(18041829)頃、会津から来た安吉夫婦によって会津蒔絵が伝えられたのをはじめ、京、加賀からの技術技法の導入や、蒔絵師の移住などによって次第に改善され普及し、華麗さを加えました。

輪島塗の販売が全国各地に広まったのは、江戸時代中期からで、とくに文化文政年間(18041829)頃には品種も多様化し、現代にも劣らぬ優秀な技術の職人があらわれ、格調の高い名品がつくられて、今日まで遺されているものがあります。

(輪島漆器会館の「輪島塗のあらまし」より)

漆器会館1 

続きを読む

輪島漆芸美術館(3)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査3

■輪島漆芸美術館3・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査3

 

□石川県輪島漆芸美術館の館長室にて四柳嘉章館長との単独会見2

 

○「日蓮正宗大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は、大きさが縦は約143センチ、横は約65センチ。だいたい畳一畳ぐらいの大きさです。畳一畳ぐらいの大きさの板に漆を塗るとなると、どれくらいの量の漆が必要になりますか」

四柳氏「だいたい2号から3号ぐらいでしょう。ただし、漆というのは、1回だけ塗って終わりなのではなく、通常は三回塗ります。まず1回目を下地塗りといい、2回目を中塗り。3回目を上塗りといいます。漆というのは、塗ると木の中に染みこむのです。そのための下地塗りが一回目。中塗りと上塗りが仕上げです。だから、3回塗るという工程から考えると、2号から3号よりももっと多くなります。おそらく1升以上は必要になるでしょう。」

○「鎌倉時代、日本における漆の産地、漆工芸が行われていた所を教えていただけませんか。山梨県の身延山周辺で、漆工芸や漆の生産は行われていたのでしょうか」

四柳氏「中世、鎌倉時代になると、日本全国、かなり広範囲に漆の生産が行われていました。漆製品・漆工芸品が全国各地の遺跡から出土しています。現在、漆工芸が行われていない地域でも、中世の昔は漆生産や漆工芸が行われていた可能性はあります」

○「鎌倉時代、ないしは室町時代、漆職人はどのあたりにいたのでしょうか」

四柳氏「京都、奈良、鎌倉にはいましたね。それから大きな寺院の周辺。大きな漆の需要がある所の周辺に、漆職人はいましたね」

○「そうすると、鎌倉時代、身延山の山中で、日蓮一門が漆を生産し、畳一畳大の板本尊に漆を塗る漆加工を行うことは可能だったわけですか」

四柳氏「素人が漆を塗ったかどうかということになると、問題があります。素人に漆を扱うことは、とてもむずかしいことです。もし、畳一畳大の板本尊に漆を塗ったとすれば、それは日蓮一門が自分たちで行ったのではなく、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って、漆塗りを完成させたと見るほうが現実的でしょう」

 

仮に鎌倉時代の身延周辺で、漆生産が行われ、漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手で漆を扱うのは非常にむずかしく、外部から漆職人を雇って漆加工を完成させたと考えられるというのである。つまり日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊と漆の関係を解明して行くに当たって、四柳嘉章館長の見解に依れば、仮に鎌倉時代に身延周辺で漆生産や漆工芸が行われていたとしても、日蓮一門の手によって「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りが行われたとは非常に考えにくいということ。なぜなら、素人には漆の取り扱いそのものが非常にむずかしいため、「戒壇の大本尊」なる板本尊に漆塗りは、日蓮一門が自分たちで行ったというよりも、金銭を支払って漆を買い、工賃を支払って漆職人を雇って漆塗りを仕上げたと考えたほうが、非常に現実性が高いというのである。

漆芸美1 

続きを読む

輪島漆芸美術館(2)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査2

■輪島漆芸美術館2・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査2

 

□石川県輪島漆芸美術館の館長室にて四柳嘉章館長との単独会見

 

石川県輪島漆芸美術館は、輪島市にあるのだが、輪島市のターミナルである旧輪島駅からは、ちょっと離れた所にある。私も輪島市内の地理に詳しいわけではないので、旧輪島駅ターミナルにいたタクシーに乗って石川県輪島漆芸美術館を訪ねました。時期は、数年前の、今のような寒い冬でしたが、雪はほとんど積もってはいなかった。

この日、石川県輪島漆芸美術館の館長室にて、四柳嘉章館長との単独会見が行われることになったという次第であった。

石川県輪島漆芸美術館の館長室に通された後、係員は退出。四柳嘉章館長と私の単独会見と言うことになった。

中に入ると、大きなテーブル・椅子が用意されていて、奥には「館長」という名札がおいてある館長専用のデスク。四柳嘉章氏は私と初対面ではあったが、私に名刺を手渡し、訪問を好意的に迎えてくれた。それでも、訪問の目的が、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠の「漆加工」の関係による「漆」研究であり、それの関連の訪問であることは、理解していただけた。すると四柳氏から私に次の質問が飛んできた。

四柳氏「その板本尊が日蓮の真作なのか、後世の偽作なのかを判定したいのであれば、その板本尊を科学鑑定したらいいのではありませんか」

○「そうなんです。四柳館長のおっしゃるとおりです。しかしそれは不可能です。なぜ不可能かというと、日蓮正宗大石寺が「戒壇の大本尊」なる板本尊を基本的に非公開にしており、直接対面できるのは日蓮正宗の僧侶・寺族・信者だけ。外部からの科学鑑定は昔から日蓮正宗大石寺がかたくななまでに拒否しており、実現は不可能です。よってさまざまな文献・資料・物理的理論等々により、偽作であることを立証する以外にありません。」

四柳氏「であるならば、写真はどうでしょう。カラー写真であれば、その漆が何時代のものか、私は一目でわかります」

○「カラー写真はないですね。日蓮正宗大石寺が公式に「戒壇の大本尊」なる板本尊の写真と認めているものは、1911(明治44)年から昭和初期にかけて日蓮正宗の信徒が出版した本に掲載されている写真しかありません。しかしこの写真も、かなり不鮮明であり、加えて曼荼羅の文字の部分等に修正された痕跡も見られるため、写真解析の素材としては、適当でないように思われます」

ということで、四柳嘉章氏に「アンチ日蓮正宗」携帯サイトに載せている「戒壇の大本尊」なる板本尊の白黒写真を見せた。

四柳氏「ああ、白黒写真ですか。白黒じゃあ、ちょっと判別できないですね。それから写真が、ぼやけすぎているし…」

○「日蓮正宗大石寺では『本門戒壇の大御本尊』の化粧直しと言って、江戸時代、明治、昭和に数回、漆の塗り直し、金箔の張り直しをしているため、仮に鮮明なカラー写真があったとしても、それから真偽の判定をすることは不可能かと思われます」

 

こういったやりとりがあった後、いよい「漆」の内容に深く立ち入った話になっていった。

漆芸美4 

 

 

輪島漆芸美術館(1)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査1

■輪島漆芸美術館1・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊漆塗りの調査1

 

□日本でも漆研究の第一人者が館長を務める石川県輪島漆芸美術館

 

石川県輪島漆芸美術館とは、石川県は能登半島の端っこの輪島市にある輪島市立の美術館。

ここが開館したのは1991年(平成3年)で、輪島市石川県輪島漆芸美術館設置条例が制定されて開館している。この条例によりここが行う事業は

□漆芸美術に関する調査、研究及び普及並びに漆芸美術品の展示

□漆芸文化を通じて地域振興に寄与すると認められる事業

□その他芸術文化に関する調査及び研究並びに展示に関する事業

ということになっている。

なぜ輪島市が条例まで定めて「漆芸美術館」を開館させたのかと言うと、輪島では古くから「輪島塗」と呼ばれる漆工芸・漆芸の伝統があるからである。

輪島での漆器の生産は古く、能登半島の三引遺跡(七尾市)からは6800年前の漆製品が発見されており、輪島では平安時代の遺構である屋谷B遺跡で漆製品が発掘されている。

輪島塗の特色を備えたものとしては、石川県穴水町の西川島遺跡群御館遺跡(室町時代前期)で珪藻土を下地に用いた椀が発掘されている。現存する最古の輪島塗は、室町時代の大永4年(1524年)作と伝わる輪島市河井町にある重蔵神社(じゅうぞうじんじゃ)旧本殿の朱塗扉といわれている。

現在のような輪島塗の技術が確立したのは江戸時代の寛文年間と伝えられており、この時期にはすでに海運の利を生かして輪島塗の販路を拡大。また陸路での行商もおこなわれており、堅牢さが評判の輪島塗は日本各地で使われていた。沈金の始まりも江戸時代享保期、蒔絵は江戸時代文政期と言われている。

その輪島漆芸美術館の所蔵する漆芸品は、全国の作家や美術愛好家の協力も得て、今では900点を超える所蔵品を有しているという。

この石川県輪島漆芸美術館が、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説と、実は密接な関係があるのである。どこがどう関係しているのか。これは言うまでもなく、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が、「漆」加工されているからで、この「漆」が「戒壇の大本尊」偽作の直接的証拠に結びついているからである。

では、石川県輪島漆芸美術館との関連をもっと具体的に言うと、実はここの所蔵品が関係しているのではなく、この石川県輪島漆芸美術館の館長が、日本でも漆研究の第一人者である四柳嘉章氏であるということ。

私は、何としても「漆」について四柳嘉章氏の見解を聞きたいと思い、数年前、この石川県輪島漆芸美術館にて、四柳嘉章館長との単独会見に成功した。

漆芸美2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ