仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「仏教宗学研究会」のブログ・アクセス数

「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計アクセス数が170万pv突破

□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計訪問者数が47万人突破

 

皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。

20180228日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗学研究会のブログ」の累計アクセス数、「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ)を加えた「3ブログ」の総合累計アクセス数が170pvを突破しました。まことに、ありがとうございました。

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

■「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ)

http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

 

又、20170228日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計訪問者数、「仏教宗学研究会のブログ」の累計訪問者数、「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ)を加えた「3ブログ」の総合累計訪問者数が47万人を超えました。まことに、ありがとうございました。

3ブログ」のアクセス数はどんどん増えていまして、次は「3ブログ」総合累計アクセス数200pv突破をめざして、まいります。今後とも、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ)の「3ブログ」をよろしくお願いします。

 

アンチ日蓮正宗7

















アンチ日蓮正宗8

















 

(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)

 

 

 

 

 

2018年、新年明けましておめでとうございます・「アンチ日蓮正宗」単独で120万pvを突破

□「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」では膨大な資料・史料のデジタル化の作業を行っています

 

読者の皆様、新年、明けましておめでとうございます。

本年は、新年のご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

昨年は、いろいろとお世話になりました。日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコメントやメッセを頂戴しました。まことにありがとうございました。

さて、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」では、昨年より、管理人が数十年にわたって収集してきた膨大な資料の「デジタル化」に取り組んできております関係上から、ブログの更新の速度が遅くなってきております。この「デジタル化」の作業は、将来的のブログの記事の書籍化、デジタル映像化を行う上で、大変重要なものであります。

ところが、管理人が数十年にわたって収集してきた資料・史料の数があまりにも膨大であり、デジタル化の作業にかなりの時間を要しております。これからも、資料・史料のデジタル化には、時間を要するものと思われます。

しかしながら、ブログの更新を辞めたわけではありません。今後とも、ブログの更新を続行していきことは当然であります。ただし、速度が遅くなってしまうかもしれません。

こういった中でも、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」は、数多くの方々から閲覧をいただき、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で120pvを突破したことは、まことにありがたいことであります。

本年もまた昨年に引きつづいて、皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜ることが出来ますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2018年年賀状 

 

2017年、新年明けましておめでとうございます・「アンチ日蓮正宗」単独で101万pvを突破

□もはや「日蓮正宗系」カルト信者の者どもにも止められない「3ブログ」アクセス数増加の勢い

 

皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。

日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコメントやメッセを頂戴しました。まことにありがとうございました。

昨年は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」のアクセス数の総計が144pvを突破。アクセスユーザー数ものべ39万人を超えました。

中でも特筆すべきは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で101pvを突破したことであります。「アンチ日蓮正宗」の論破の前に反論不能に陥った日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者や旅行に行ったことがない、ネットの前で自慰行為ばかりしているカルト信者の者どもは、「もうそろそろ『アンチ日蓮正宗』も飽きられるのではないか」などと、ムダな期待を抱いているようでありますが、彼らの淡い期待(?)を見事に打ち砕いて、「3ブログ」のアクセス数の総計は、2016年度も、アクセス数のペースが大きく飛躍しました。() 3ブログ」のアクセス数増加の勢いは、もはや誰にも止められなくなっていると言っても過言ではありますまい。

本年もまた昨年に引きつづいて、皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜ることが出来ますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年年賀状 

 

 

「仏教宗学研究会」「アンチ日蓮正宗」の「2ブログ」の累計総合アクセス数が61万pvを突破

□「2ブログ」累計アクセス数が「富士門流信徒の掲示板」累計アクセス数をぶち抜き完全勝利

 

皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。

20145月、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が415000pvを突破。「仏教宗学研究会のブログ」の累計アクセス数が20pvを突破。「2ブログ」の総合累計アクセス数が61pvを突破しました。まことに、ありがとうございました。

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

どんどん「2ブログ」の総合累計アクセス数が伸びていく中で、いよいよ富士門流執着軍団の第一次公式ホームページ「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数を、ついにぶち抜きました。

2014531日現在の「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数は、583870pv

2014531日現在の「2ブログ」の総合累計アクセス数は617522pv。というわけで、いよいよ「2ブログ」の総合累計アクセス数が「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数をぶち抜き、ここにめでたく完全勝利を達成しました。

2000年から2007年ころまで、「富士門流執着軍団」の面々が得意げになって宣伝し、大木道惠氏らが「アンチ日蓮正宗」に服従を要求していた「富士門流信徒の掲示板」も、今や完全に風前の灯火。開店休業状態に顚落し、「富士門流執着軍団」も内紛に内紛がつづいて、四分五裂状態に。まさにお気の毒の極みです。

「アンチ日蓮正宗」は、最初から大木道惠氏らによる「富士門流信徒の掲示板」への服従要求をはじめ、北朝鮮的不当要求をことごとく拒否。厳しくはねつけてきました。ここに「富士門流執着軍団」の面々による北朝鮮的不当要求をことごとく拒否、はねつけ続けてきた「アンチ日蓮正宗」の路線が正しかったことが、ここに見事に証明されたことになりました。まことに慶賀の至りであります。

大木道惠氏ら「富士門流執着軍団」の面々は、2000年代のころは得意満面になっていましたが、「富士門流信徒の掲示板」に集結していた者たちは、所詮、日蓮マニア、曼荼羅マニア、日蓮・日興の虚像に執着していた者、日蓮正宗・創価学会から離檀・脱会しながら(離檀・脱会を装いながら) 日蓮正宗・創価学会の悪弊・弊害に染まりきり、日蓮正宗・創価学会の狭窄した世界から一歩も抜け出していない者たちだけ。広く他宗派や世間一般の人が支持・閲覧していたわけではない。だからこそ、開設から十数年が経過し、一見して書き込みも多数あるように見えながら、累計アクセス数が58pvしか届いていないという結果に現れています。「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の「2ブログ」は、開設して23ヶ月で61pvを突破したわけですから、「富士門流信徒の掲示板」に集結していた者たちが、いかに狭窄した世界の一部の者たちだけだったかが、わかろうというものです。

しかしここにさまざまな経緯を乗り越えて、「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の「2ブログ」の累計アクセス数が、「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数を、ぶち抜いたことを記念し、祝勝会並びにビールかけが行われました。()

祝勝3 

 

「仏教宗学研究会」「アンチ日蓮正宗」の「2ブログ」の累計総合アクセス数が56万pvを突破

□「2ブログ」による「富士門流信徒の掲示板」累計アクセス数ぶち抜きがいよいよリーチ状態

 

皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。

20143月、「仏教宗学研究会のブログ」の累計アクセス数が19pvを突破。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が37pvを突破。「2ブログ」の総合累計アクセス数が56pvを突破しました。まことに、ありがとうございました。

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

どんどん「2ブログ」の総合累計アクセス数が伸びていく中で、いよいよ富士門流執着軍団の第一次公式ホームページ「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数ぶち抜きが、いよいよ射程に入り、リーチがかかった状態になったと言っても過言ではありますまい。

2014331日現在の「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数は、583627pv

2014331日現在の「2ブログ」の総合累計アクセス数は561889pv。あと21738pvまで迫っております。ここ1年間の「2ブログ」の月間アクセス数はだいたい25000pv3pvぐらいで推移しています。片や「富士門流信徒の掲示板」の月間アクセス数は200pv300pvくらい。というわけで、いよいよ4月中には「2ブログ」の総合累計アクセス数が「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数をぶち抜けるかと思われます。

どうせまた、富士門流執着軍団の面々は、聞き苦しい言い訳を並べるのでしょうが、所詮、負け犬の遠吠えに過ぎません。こんな人たちは、ほおっておくとして、今後とも、「仏教宗学研究会のブログ」「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の「2ブログ」を、よろしくお願い申し上げます。

錦織寺11 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ