一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ: 仏教教学全般

動画747仏教って一体何? 医療や科学、文明が未発達だった昔の時代には仏教、宗教が果たしてきた役割・人は宗教の教えにすがるしか方法がなかった時代があった・その時代は人は宗教にすがって将来に光明を見いだしていた。 Q1 では今は医療や科学、文明が発達・政治も昔か ...

動画731で今日有力なのは「大乗経典非釈迦仏説」(大乗非仏説)・釈迦滅後数百年の間に仏教教団の仏典結集によって出来上がった?説であるとした。日本の大乗経典非釈迦仏説は、江戸時代に富永仲基『出定後語』(しゅつじょうごご)で大乗経典非釈迦仏説を唱えた。経典の全てが ...

Q1 仏教経典(特に大乗経典は)釈迦が説いた教えじゃない・実践不可能なことがたくさん説かれている・じゃあ仏教って一体何ですか?ただのフィクション? A 経典に書いてあることだけを取り上げたら「フィクションかな」と思ってしまいがちですが、医療や科学、文明が未発達だ ...

Q1 輪廻転生は仏教(釈迦の教え)のオリジナルじゃないんですよね! A1確かに輪廻転生はバラモン教で説かれた教えらしく、輪廻の教義を元にして信心と業(カルマ)によって次の輪廻(来世)が決まる・カーストの位階が決まるとした。カースト制固定化のために輪廻転生を説いたと ...

Q1 法華経二十八品は釈迦一代・仏教経典の究極の教えなのか? A1仏典がAD1-2世紀ごろの仏典結集で成立したとする「大乗経典非釈迦仏説」からすれば釈迦一代究極の教えではない・仏教教団の中で説かれた教えなら、説いた人はバラバラ・経典の中にはさらに後世に中国・日本で ...

第一に、奈良・平安・鎌倉時代前期ぐらいまでは、朝廷公認の戒壇で受戒した僧侶のみが、僧侶として認められた。その他は全て私度僧(ニセ坊主)とされた。朝廷公認の戒壇とは、奈良時代は東大寺戒壇院、太宰府戒壇院(西戒壇)、下野国薬師寺戒壇の、いわゆる「天下の三戒壇」 ...

■東京金龍山浅草寺2(秘仏・仲見世通り2)   □焼跡、両手足がない「公開できない姿」であるが故に絶対秘仏になっている本尊・聖観音菩薩像   東京浅草・浅草寺の起源は、628(推古天皇36)年の創建とされている。江戸時代には、徳川家康が幕府の祈願寺に指定して下町文化 ...

■東京金龍山浅草寺1(3000万参詣・秘仏1)   □年間で約3000万人もの参詣人が訪れ普段の平日でも本堂前に参拝の行列が出来る東京浅草・浅草寺   浅草寺(せんそうじ)とは、東京都台東区浅草の浅草駅前にある東京都内で最古の寺院。正式名は金龍山浅草寺といい、本尊は聖 ...

  ■川崎大師・平間寺1(仲見世通り・護摩行参拝1)   □川崎大師平間寺の多くの参詣人で大賑わいに賑わっている平間寺「仲見世通り」の商店・売店   平間寺とは、通称名・川崎大師の名で呼ばれている真言宗智山派大本山。正式名は金剛山平間寺。院号は金乗院。私は「 ...

■鎌倉寿福寺1(北条政子・源実朝の墓所1)   □2011年2月20日に行われた仏教宗学研究会の伝北条政子・源実朝の墓所がある鎌倉・寿福寺参拝会   鎌倉・寿福寺とは、亀谷山(きこくざん)寿福金剛禅寺といい、臨済宗建長寺派の寺院。源頼朝が没した翌年の1200(正治2)年に栄 ...

■高野山金剛峯寺3(2014年5月の高野山旅紀行3)   □子院117ヶ寺・人口三千人の日本随一の巨大宗教都市・高野山真言宗総本山・高野山   女人堂の先に「高野山」「金剛峯寺」と書かれた巨大石碑のような門が建つ。ここからが広大な高野山金剛峯寺エリアに入る。もとも ...

■中山法華経寺5(2013年初詣)   □鬼子母神堂の御開帳に参詣人の長蛇の行列ができていた中山法華経寺本院(2013年初詣)   2013年の初詣は、千葉県市川市にある日蓮宗大本山・中山法華経寺に参詣しています。 中山法華経寺に参詣すると、それこそたくさんの人が参詣し ...

■靖国神社1(靖国神社の初詣参拝)   □8月15日の終戦の日の参拝者を上回るくらいの参拝者が訪れる靖国神社の初詣参拝   2011年の初詣は、東京・九段の靖国神社に参拝に行っています。この年は、1月2日の皇居の一般参賀の後、その足で地下鉄に乗り、九段下駅で降りて ...

■明治神宮1(日本で最も多い初詣参拝客)   □日本で最も多い正月三が日・初詣参拝客が訪れる東京原宿・明治神宮   正月といえば初詣。 私の場合、毎年、違う寺社に初詣の参拝に出かけているのだが、明治神宮は2007年と2009年の初詣に行っており、それ以前にも何度か ...

■諸宗山回向院3(善光寺出開帳3)   □明暦の大火・地震・飢饉・噴火の犠牲者慰霊塔の中に戦没者の慰霊塔だけがない回向院   回向院が創立された起源は、1657年(明暦3年)に江戸の町に起こった「明暦の大火」までさかのぼる。この明暦の大火では、10万人以上の人命が ...

■京都・鹿苑寺金閣2(金閣の絶景・外国人観光客)   □人工的な景観美としてはこれ以上のものは他にないと思える鹿苑寺金閣の絶景   鹿苑寺金閣の歴史について、鹿苑寺が発行した公式パンフレットによれば、次のようにある。 「お釈迦様のお骨をまつった舎利殿『金閣 ...

■倶利伽羅不動寺3(平等院鳳凰堂の造りによく似ている西之坊鳳凰殿)   □京都宇治・平等院鳳凰堂の造りによく似ている倶利迦羅不動寺西之坊鳳凰殿   倶利伽羅不動尊は、誰が、どのような縁由で、開山したのか。これも津幡町の公式ウエブサイトにわかりやすく載ってい ...

■倶利伽羅不動寺2(交通不便な所にありながら参拝者が多い)   □倶利伽羅峠越え山頂付近の交通不便な所にありながら参拝者が多い倶利伽羅不動寺   倶利伽羅不動寺のある所は、石川県と富山県の県境付近の天田峠から、さらに奥に入ったところ。ここに行くには、電車で ...

■中山法華経寺3(なぜ中山法華経寺で荒行が行われているのか1)   □中山法華経寺塔頭遠寿院前にあった荒行堂ができた歴史的経緯を記す看板   中山法華経寺で有名なのは、荒行である。荒行堂は中山法華経寺本坊横と塔頭・遠寿院にある。「荒行」とは、過酷なほど厳し ...

■中山法華経寺2(中山の鬼子母神信仰について)   □日蓮の守護神として大衆信仰を集める中山の鬼子母神は偽作・贋作とは次元が異なる   中山法華経寺本院から中に入っていくと、中山法華経寺の総受付があり、ここで御開帳、参拝、お札の申し込み。祈願は交通安全に丸 ...

■中山法華経寺1(鬼子母神、日蓮真蹟の格蔵、大荒行で有名な中山法華経寺)   □富木常忍(日常)開基・日蓮百日百座の説法・本化菩薩の初転法輪の霊跡の中山法華経寺   中山・法華経寺とは、千葉県市川市中山二丁目にある日蓮宗七大本山の寺院で、正式な名前は正中山法 ...

■福井・永平寺4(なぜ仏教寺院で厳しい修行が行われているのか)   仏教界の厳しい修行と言うと、永平寺の修行、比叡山延暦寺の千日参篭、中山法華経寺の百日大荒行とかが話題に上る。この他にも厳しい修行を行っている宗派や寺院があると思う。 私は子どもの頃から、僧 ...

■福井・永平寺3(厳しい修行で有名な永平寺)   永平寺吉祥閣の大講堂のモニターテレビで、「永平寺の日々」と題するビデオが連続して放映されている。これはかつて地元福井県のテレビ局・福井テレビが放映したテレビ番組をそのまま録画・ビデオ放映しているもの。吉祥閣 ...

■鎌倉妙本寺2(なぜ比企能本だけが生き残ったのか)   □なぜ比企能員の乱で比企能本(大学三郎能本)だけが比企能員の乱で生き残ったのか   鎌倉妙本寺の境内は実に広い。ここが鎌倉幕府の有力御家人・比企能員の屋敷跡ということだから、鎌倉時代初期のころの比企一族 ...

■宇治平等院4(摂関家・藤原氏)   □藤原摂関家・平安貴族たちが「観想念仏」をするために建てられた平等院鳳凰堂   実際に、平等院鳳凰堂の見学に行って、平安時代の日本において、他に比類する者がいないくらい絶大な権勢をふるっていた摂関家・藤原氏においてすら ...

■成田山新勝寺2(新勝寺表参道)   真言宗智山派大本山・成田山新勝寺への表参道は、JR成田駅、京成成田駅の中間にある交差点から新勝寺総門にむかって伸びている。そしてこの表参道の両側には、所狭しと商店、食堂、レストラン、喫茶、カフェ、みあげもの店等々が軒を連 ...

■成田山新勝寺1(初詣で約298万人の参詣)   成田山新勝寺といえば、関東地方の初詣のメッカとして有名な寺院。 関東地方の初詣は、1位・明治神宮が約320万人、2位が成田山新勝寺で約298万人、3位が川崎大師・平間寺で約296万人と言われています。面白いことに2位と3位 ...

■池上本門寺15(2011年・池上本門寺お会式紀行8)   私は、昼に池上本門寺大堂で行われた「宗祖御更衣法要」に出た後、一端休憩し、午後4時すぎに、再び池上本門寺へ。午後7時前後ぐらいから、池上本門寺・毎年恒例の行事である万灯練り供養がはじまります。この万灯練り ...

■池上本門寺14(2011年・池上本門寺お会式紀行7)   池上本門寺御会式の中日・10月12日の行事のメインは、何と言っても万灯練り供養の行列である。これは、東京の地域行事の中でも、指折りの大規模行事で、地域の盛大なお祭りとして、すっかり定着している。この御会式が ...

■池上本門寺8(2011年・池上本門寺お会式紀行1)   池上本門寺といえば、毎年10月の日蓮祥月命日忌に行われる「お会式」(おえしき)があまりにも有名。私も今まで、池上本門寺のお会式には何度も行っているのですが、最も直近に行ったのは、2011年のお会式。そこで、池上 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺7(嘉儀吉裕氏と受付で大激論)   私としても、實報寺住職が庫裡から受付に出てきたのには驚きましたが、しかしこれはまさに千載一遇のチャンス。何の前触れもなく、急遽、単独会見ということになったわけですが、しかし冒頭から實報寺住職の表情 ...

■日蓮本宗本山・要法寺28(本堂参拝を拒否した若手所化僧)   要法寺塔頭住職が、本尊への供養・合掌・読経を条件に本堂の本尊を拝ませても良い、という話しを出してきたのを断ったのは失敗だったなー、と後悔したのは、東京に帰ってだいぶ経ってからのことです。 あの ...

■身延山久遠寺3(約180万人以上の参拝人)   身延町という町自体が、身延山久遠寺の門前町であるわけですが、特に久遠寺の総門から三門まで、約1キロにわたってつづいている門前町のことを、「身延山門前街」というふうに呼ぶそうです。 民家もけっこう密集しているので ...

■法華宗本門流大本山・光長寺3(富士門流との共通点)   岡宮・光長寺の境内を歩いていて、非常に目立つのが、鶴丸の紋。これは日蓮正宗や富士門流の本山、日蓮本宗等で使われている鶴丸と全くといっていいほど同じものです。 塔中の門前や本堂、蓮鉢など、けっこうあっ ...

■法華宗本門流大本山・光長寺2(光長寺の塔中坊名)   法華宗本門流大本山・岡宮・光長寺は、JR東海道線・沼津駅が最寄り駅になるのですが、沼津駅からは、かなり離れた所にあります。 沼津駅前から、光長寺方面にバスが運行されているのですが、本数があまりにも少なく ...

■日蓮本宗本山・要法寺7(他の富士門流本山との類似点・相違点)   かくして要法寺を訪問したことで、嘉儀日有(かぎにちゆう)貫首をはじめて実見したのみならず、境内をいろいろと見学して、けっこういろんなことがわかりました。 まず嘉儀日有貫首をはじめ要法寺僧侶が ...

■日蓮本宗本山・要法寺1(大石寺と同じ穴の狢か)   京都という街は、多くの仏教各宗派の本山・由緒寺院がたくさん存在していることで有名なところですが、この要法寺という寺院は、一般の人には、あまり馴染みがないのではないでしょうか。 この要法寺という寺院は、京 ...

■富士山久遠寺(小泉久遠寺)10(堂宇の並び方が共通)   黒門から境内の入り口までの間、かつて塔中坊があったところは、今は民家が密集しており、境内には入っていない。そのためか、小泉久遠寺の境内は、そんなに広く感じない。   小泉久遠寺の境内にある堂宇は、向 ...

■日蓮宗本山・伊豆実成寺3(堂宇の並び方が富士門流本山と共通)   現在、実成寺は日蓮宗本山になっていますが、元々は富士門流八本山のひとつであることから、境内にある堂宇の並びが、正面から見て庫裡~客殿~祖師堂(御影堂)というふうに並んでいます。これは日蓮正宗 ...

■法華本門寺根源(北山本門寺)12(富士門流と日蓮宗の違い)   日蓮正宗を含む富士門流と、富士門流以外の日蓮宗の間には、伽藍・堂宇・化儀について、大きな違いがあります。 まず日蓮の木像を意味する御影(みえい)についてから。 日蓮正宗を含む富士門流では、日蓮の ...

■法華本門寺根源(北山本門寺)11(ひと回り小さい御影堂)   さて北山本門寺の中心堂宇は、やはり御影堂でしょう。 この御影堂には、日蓮の孫弟子である和泉公日法が彫刻したと自称している「生御影」と呼ばれる日蓮の御影像が祀られている。 北山本門寺では「日蓮大聖 ...

■「富士山本門寺(西山本門寺)」1(大石寺と同じ閉鎖的体質) 西山本門寺(にしやまほんもんじ)とは、1343年(康永2年)日代の開山として静岡県富士郡芝川町西山671にある法華宗興門流の本山で、日蓮正宗大石寺、重須(北山)本門寺、日蓮正宗妙蓮寺、小泉久遠寺とともに富士 ...

↑このページのトップヘ