仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

楠・身延山久遠寺・大野山本遠寺の楠木

大野山本遠寺(2)~身延山周辺の楠木調査で訪問した大野山本遠寺2

■大野山本遠寺2(身延山周辺の楠木調査2)

 

大野山本遠寺への二度めの訪問は、前回と同じく身延山周辺における楠木の調査・取材をしていた時に、首尾よく身延町教育委員会の某役職についていらっしゃるA氏にめぐり会うことができ、A氏から、さまざまな学術的・学問的知識に関することについて、楠木の調査・取材に全面的に協力をいただくことができた。

これはたしか2006年くらいのことだったと記憶する。

身延町という町は、もともと身延山久遠寺の門前町ということで有名ですが、現在の身延町は、2004(平成16)913日に西八代郡下部町と南巨摩郡の中富町、旧身延町が合併して誕生したもので、新しい身延町には、身延山久遠寺、大野山本遠寺の他、下部温泉、中富和紙の里、本栖湖西岸あたりまでもが、身延町になった。

しかも「身延町教育委員会」では、学識経験者が多数いるようで、「身延町教育委員会」の役職者であるA氏は、身延町の歴史や文化財のことなどにとどまらず、それこそ実に豊富な知識をもっている方であった。また、私のほうからは、さまざまな質問をしたのでしたが、それらひとつひとつの質問については、実に懇切丁寧に答えをいただいた。

 

日蓮正宗や創価学会、顕正会、正信会が「一閻浮提総与の大御本尊」等とよんでいる「戒壇の大本尊」なる板本尊の日蓮真筆説の根拠にしている大野山本遠寺の楠木に関しては、大野山本遠寺そのものが、徳川家康の側室だったお万の方の菩提のために創建された寺院であり、そこに人工植樹された楠木の大木が一本あるだけである。

だから大野山本遠寺の大楠は、日蓮在世の時代には、存在していなかった。

それから、大野山本遠寺の大楠木が身延町の文化財(天然記念物)に指定されていることを以て、日蓮正宗側は、あたかも日蓮が生きていた時代から自生の楠木が繁茂していた証拠であるかのように言っているが、これは自生の楠木であるという証明なのではない、と私は考える

大野山本遠寺の大楠木が身延町の文化財(天然記念物)に指定されていることについて、「身延町教育委員会」のA氏に質問したところ、だいたい以下のような答えであった。

 

「天然記念物とは、動物、植物、地質・鉱物、天然保護区域などで、学術上価値の高いものとして国または地方自治体が指定したもので、動物の場合は生息地、繁殖地、渡来地を、植物の場合は自生地を、鉱物の場合は特異な自然現象を生じている土地を含めて指定される。ただし、これらの中には、長い歴史を通じて文化的な活動により作り出された二次的な自然も含まれる。」

「身延町の樹木の文化財(天然記念物)指定にあたっては、年輪やいつから繁茂しているかといったことは勘案されていない」

「樹木の年輪を測定してからの文化財指定というのでは、現実問題として無理であり、樹木の文化財(天然記念物)指定は、年輪や歴史よりも、その樹木そのものの地域の中での存在感とか、地域の人々に与える影響力とか、地域の人々との繋がりなどといった点が考慮されてのことである」

本遠寺の楠木2
 


続きを読む

大野山本遠寺(1)~身延山周辺の楠木調査で訪問した大野山本遠寺

■大野山本遠寺1(身延山周辺の楠木調査)

 

山梨県南巨摩郡身延町大野にある日蓮宗寺院・大野山本遠寺を訪れたのは、身延山周辺の楠木調査をしていたときに訪れたのが最初。はじめて調査・取材のために行ったのは1990年代後半くらいのころだったと記憶している。

大野山本遠寺は、場所的には富士川西岸の大野山東麓に位置しており、JR身延線の身延駅前からのバスで二つ目か三つ目のバス停・大野で下車。そこから歩いて15分くらいのところで、日蓮宗総本山の身延山久遠寺からはほど近い。日蓮宗の本山寺院にはなっていますが、身延山久遠寺から独立した日蓮宗別格本山という位置づけになっているのだという。

大野山本遠寺1


 

この身延山周辺の楠木調査というのは、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作疑惑問題に関連するもので、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠のひとつとして、「戒壇の大本尊」なる板本尊が楠の木でできているということがある。

□大石寺の『戒壇大本尊』は後世の偽作だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161867.html

 

具体的に言うと、日蓮在世の時代に、というか今でもですが、身延山および身延山周辺には、自生の楠木、自然の楠の木は存在しない。そもそも楠の木は、西日本に広く見られる大木ですが、一般的な学説では、日本本土では本来生していたものかどうかは疑問があり、中国南部などからの史前帰化植物ではないかとも言われる。日本では、自然植生の森林では楠の木は見かけることが少なく、人里近くに多く、人工的な神社林ではよく大木がある。

身延・富士周辺の神社・仏閣などにおいて楠木が見受けられるものについては、私たちが調査したところ、室町時代以降において人工的に植樹されたものであることがわかった。その謂われについて、森林組合や木材加工の専門家は、鎌倉幕府滅亡の後、建武の中興の時代、関西地方から楠木が植林されたものが最初だと、述べている。 したがって、日蓮が生きていた鎌倉時代には身延山周辺に自生の楠木はなかったというのは、疑いのない事実。

これが日蓮真筆だと詐称し、日蓮真筆だと無理やりにでも強弁している日蓮正宗の最高指導者職・最高位である法主(ほっす)という地位にあった、日蓮正宗大石寺66世・細井日達法主がこんなことを言っている。

 

「身延の入り口の大野山本遠寺という寺がある。此れは身延駅から身延へ行く手前に今 でもある。その寺にちゃんと千二、三百年前からの楠木が今でも生きている。もしそれ が千年の木としても、大聖人様が七百年とすれば、まだ三百年以上の木があったわけで ある。何もそれ一本というわけではない。まだ沢山、あの辺には古い楠木があったはず なのである。それを見てもわかる。……」(昭和47年9月12日の日正寺・龍口法難会の説法会)

続きを読む

身延山久遠寺(15)~身延山久遠寺境内・山内の楠木調査3

■身延山久遠寺15(身延山久遠寺の楠木調査3)

 

身延山久遠寺における楠木の調査によって、身延山久遠寺にある楠木は、久遠寺祖師堂前の楠木だけであって、久遠寺の伽藍のある場所や身延山周辺には、現在でも楠木は何本も生息していないということが判明した。

ただ、徳川時代以降における植樹された楠木であるにしろ、楠木が身延山久遠寺にあることはある。ただ、身延山久遠寺に現在も楠木があることだけをとって

「身延山周辺は、楠木や樫木などの暖地性植物と杉や欅などの温帯性植物の生息域の中間点にあり、身延山には現に楠木が何本も生息している」(日蓮正宗系の某ウエブサイト)

などという説を唱えている日蓮正宗信者もいる。

 

そこで暖地性植物の生息域の問題であるが、身延町教育委員会の役職者であるA氏にこの点を直接取材した。

すると、身延町教育委員会のA氏の回答は、暖地性植物にしろ温帯性植物にしろ、植物の生息域には、自生の植物の生息域の他に、それこそ数百年前に人工的な植樹・植林によるところの樹木が現在でも生息していれば、それら人工植樹による樹木の生息域も含まれている、という回答を得た。

身延山久遠寺の楠木1


したがって、暖地性植物の生息域に含まれているからといって、そのこと自体が、楠木などの暖地性植物が自然繁茂し、自生しているという証明なのではない。

むしろ、身延山久遠寺や大野山本遠寺などの神社仏閣にある人工植樹による楠木が生息しているからこそ、身延山周辺が暖地性植物の生息域に入っているということなのである。

 

さらに暖地性植物の生息域と温暖性植物の生息域の中間点の問題についても、身延町教育委員会のA氏に直接取材している。

するとA氏からは、この暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は、近年の地球温暖化によって徐々に北上してきているという回答を得た。

つまり現在のところ、暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は身延山周辺にあるけれども、地球温暖化がはじまる以前においては、現在よりももっと南側にあったというのである。

したがって、日蓮が生きていた時代である鎌倉時代においては、身延山周辺は楠木などの暖地性植物の生息域には入っていなかったということなのである。であるならば、日蓮が生きていた時代に、身延山周辺には自生の楠木というものは、存在していなかったということだ。

 

このように実際に現地に行って、いろいろ取材・調査を重ねていくと、次から次へと、面白いように、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会といった日蓮正宗系カルト宗教団体の信者たちが言っているウソが暴かれて行ったのである。

やっぱり、現地調査をするに限りますね。

 

 

 

身延山久遠寺(14)~身延山久遠寺境内・山内の楠木調査2

■身延山久遠寺14(身延山久遠寺の楠木調査2)

 

三門前の案内所の係員の人が渡してくれた地図をたよりに、三門前からしだれ桜の周辺、日蓮草庵跡、日蓮祖廟、千本杉…と、くまなく散策してみたが、楠木は見つからなかった。そこで、最後に案内所の係員の人が「祖師堂前」といい、「慧妙」は「本堂付近」という、楠木を探して、身延山久遠寺の本堂・祖師堂前に行ってみることにした。

祖師堂前には、身延山久遠寺でも有名なしだれ桜があるのですが、楠木が見当たらない。

「どれだろうか」と思って、ひとつひとつの木を探してみたところ、祖師堂前の広場を挟んで、祖師堂の向かえ側に、楠木らしき木を発見。

しかしここの楠木は、私が見てきた西日本、四国、九州地方に繁茂している楠木から比べると、かなり「か細い」感じがする。楠木という木は、本来的に、ものすごい大木で、根本から隆々とした木が空に向かって生い茂っているという感じがするものだが…。

一見すると、杉の木と見間違えてしまうかもしれないくらい、か細い感じがする楠木だ。

身延山久遠寺の楠木4

 

そこで、身延山久遠寺の僧侶に確認を要すると考えた私は、祖師堂のとなりにある身延山久遠寺報恩閣の受付に入って行った。

中には、たくさんの僧侶たちが、ムスッとした表情で、机に向かって執務している。

僧侶たちが来ている僧衣は、大石寺の僧侶たちが来ている薄墨色の僧衣に白色の袈裟ではなく、茶色というか、ねずみ色の僧衣を身にまとっていた。しかしここの身延山久遠寺の受付にいる大半の僧侶たちも、見ていると、どこかぶっきらぼうで、愛想も笑顔もなく、どこかつっけんどんな印象を受ける。私は、どうもこういうタイプの人が苦手である。

 

廊下に出てみると、何人かの僧侶が歩いている姿が見えたのでしたが、その中に、ようやく一人、愛想のいい僧侶を見つけた。小柄な尼さん(女性の僧侶)であった。

そこで早速、この僧侶に「身延山久遠寺の中にある楠木はどれですか」という質問をしたところ、「祖師堂前にありますよ」「大きい楠木はここだけですね」

という明確な回答を得ることができたのである。

 

続きを読む

身延山久遠寺(13)~身延山久遠寺境内・山内の楠木調査1

■身延山久遠寺13(身延山久遠寺の楠木調査1)

 

まだ季節的に温暖な秋ごろ、身延山久遠寺に「楠木」の調査に行ったことがありました。

それは私が取り組んでいる「戒壇の大本尊」関連の研究・調査課題のひとつだったわけですが、具体的にいいますと、日蓮正宗や創価学会、顕正会、正信会が「一閻浮提総与の大御本尊」「本門戒壇の大御本尊」という名前で呼んでいる大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の日蓮真筆説の根拠のひとつに、現在の身延山久遠寺に楠木があるということがある。

2005(平成17)516日付け日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』には、次のような記事を載せて、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊の日蓮真筆説を唱えている。

 

「楠(くすのき)が生育する適地は、暖温帯湿潤気候の、標高500メートル以下の場所であるが、山梨県甲府市から身延を通って駿河湾に流れる富士川の沿線は、まさに、この暖温帯湿潤気候に属しており、また日蓮大聖人がお住まいになった草庵(身延山久遠寺)は標高300数十メートルの地である」

「そして事実、今日でも身延には、楠が生育しているのである。

例えば、身延の入り口にある日蓮宗大野山本遠寺の境内には、町で天然記念物と指定された巨木(通称「大楠」)をはじめ、複数の楠が生えているし、他ならぬ身延山久遠寺の本堂付近にも、楠の大木が何本も生育しているではないか。 これをもって『身延に楠は生育せず』との疑難は根底から崩壊している、といえよう。」。

 

「慧妙」は、身延山久遠寺の本堂付近には楠木の大木が何本も生育しているというのである。こういうのは、自らの足で身延山久遠寺に行き、本当にそんな楠木の大木が何本もあるのか、自らの目で確認し、調査しなければならない。

 

身延山久遠寺に着いた私は、まず三門前の案内所の係員に、身延山久遠寺の山内における楠木について取材してみた。するとこの係員の人、身延山久遠寺の祖師堂前には楠木があるという答えをしてくれた。

身延山久遠寺3・山門


私は「それでは祖師堂前のほかに、楠木はありますか??」と尋ねてみたら、その係員の人は「あるかもしれない」という。

私は「では具体的に、どこにあるのですか」と尋ねたら、係員の人は「その三門のそばにある、あの木は楠木じゃありませんか」と言って、私をその木のそばへ案内してくれた。

その木の所へ行ってみたが、それは楠木ではなく、ちょっと大きめな杉の木であった。

いろいろ話してみると、実際、この係員の人も、楠木自体にあまり詳しいわけではなく、楠木もあまり見たことがないようのである。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ