一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ:大石寺9世日有・戒壇大本尊偽作問題 > 楠・岡宮光長寺・小泉久遠寺の大楠木

■法華宗本門流大本山・光長寺5(火災後に植えられた楠木)   光長寺の楠が、いつからここに生育しているのか、ということが問題になってくる、というのは。具体的には、どういうことなのか。 つまり、光長寺の楠木が鎌倉時代から生育している巨木なら、少しは関連がある ...

■法華宗本門流大本山・光長寺4(巨大な楠木の調査)   光長寺の寺跡調査で、私が大きな関心を寄せた調査が何点かあり、1・光長寺の楠木、2・大石寺の「戒壇大本尊」の木くずの真偽、3・「秘蔵抄」なる古文書の真偽の三点です。私としては、法華宗本門流の本尊・教義云々 ...

↑このページのトップヘ