仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮の歯骨を格蔵する寺院

池上本門寺(30)~日蓮の歯を格蔵している池上本門寺・本殿の日蓮像

■池上本門寺30(日蓮の歯を格蔵する本殿・日蓮像)

 

□毎年6月に池上本門寺霊寶殿で公開される、かつて日蓮の歯骨を収蔵していた厨子

 

あまり知られていないことだが、池上本門寺本殿の釈迦如来像といっしょに祀られている日蓮像の胎内には、日蓮の歯が格蔵されている。

池上本門寺大堂の日蓮像の胎内には、日蓮灰骨が格蔵されていることが、大堂の案内板に書いてある。しかし本殿の案内板には、日蓮の歯のことはどこにも書いていないが、池上本門寺刊行「妙玄院日等聖人」という本の中に、千葉県勝浦市の本行寺釈迦殿に、池上本門寺が格蔵していた日蓮歯骨が分骨されたことが載っている。

 

「当山(池上本門寺)祖師堂の完成を半年後に控えた享保83月に、日等聖人は、弟子で後に両山25世に晋む守玄院日顗聖人を、自身の名代として上総国夷隅地方に遣わし、百日に及ぶ勧財を行った。日顗聖人は当山重宝の宗祖御肉牙の一部を奉じて上総に赴き、百日の内の大半を勝浦の本行寺に滞在し、五十日に及ぶ説法を行った。…この時の御肉牙は、日顗聖人の記念碑と共に現在も本行寺に格護されている」(『妙玄院日等聖人』p16)

 

これは間接表現ながら、池上本門寺として日蓮歯骨の存在を文献にて表明している。

この他に、池上本門寺霊寶殿の毎年6月の展示で、かつて日蓮の歯骨を収蔵していた厨子の展示が行われる。これは「かつて」日蓮の歯骨を収蔵していた、というもので、現在は池上本門寺本殿の日蓮像の胎内に収蔵されている。

毎年6月の池上本門寺霊寶殿の展示の中に、江戸時代のもので「四大天王扉絵厨子」というのがある。これはもともと、日蓮御肉牙(歯骨)を格蔵していた厨子で、展示の説明書きには

「もと宗祖(日蓮)御肉牙(歯骨)奉安  今 御肉牙は本殿祖師像内に納骨」

とありました。

展示の厨子の頭部を見ると、宗宝調査会が発行した「宗宝」と書いた貼り紙が貼り付けてありました。この「宗宝」と書いた貼り紙を判読すると

 

「番号 第十六号 品名 御肉牙 ○○ 本門寺 調査日 大正十四年○月二十一日 」

 

とあり、さらに宗宝調査会の委員五人の押印がありました。

つまりこの貼り紙は、宗宝調査会という団体が、池上本門寺の御肉牙を調査して、宗宝として認定した認定証のようなもの。池上本門寺霊寶殿の中の展示は、写真撮影禁止なので、これを写真でお見せできないのは残念である。

霊宝殿1


続きを読む

玉沢・妙法華寺(5)~日蓮の歯二粒を古来から格蔵している玉沢・妙法華寺2

■玉沢・妙法華寺5(日蓮の歯二粒を格蔵2)

 

玉沢・妙法華寺は、古来から「日蓮の歯」を格蔵してきたことで知られているのですが、私がいろいろ調べた結果としては、玉沢・妙法華寺の「御肉歯」は、日蓮の本物の歯のようなのです。

その最大の根拠は、玉沢・妙法華寺の開祖で六老僧第一の日昭から相承された玉沢・妙法華寺・日祐の1358(延文3)年の譲り状に、この「日蓮の歯」が出てくる、ということです。

この中に、以下の文が書いてあると言うことです。

 

「本尊聖教並に先師聖人御歯二粒御自筆の状相添へ都て御譲状の如く其外此宗の法門、相承口決等、残す所なく法嗣日運に相伝せしめ畢ぬ。御遺跡の事においては日昭法印定めおかる之通末代まで相違あるべからず。仍って譲状件の如し。延文三年三月十六日。 日祐花押」

(日蓮宗宗務院発刊『創価学会批判』p76)

妙法華寺20本堂

 

さらに「日蓮宗宗学全書・上聖部」には、文保元年(1317)十一月十六日の日昭「御遺跡の事」という文書が載っていて、これには註法華経と日蓮の歯二粒、法門相承を記していて、日蓮の歯を

「御存生之時まのあたり聖人の御手より賜ふ所なり。夙夜向顔の思ひをなすべし」

と述べているという。(日蓮宗宗務院発刊『創価学会批判』p76)

 

玉沢・妙法華寺開祖の日昭が死去したのは、元亨3(1323)326日、103才の時であるので、この「御遺跡の事」は、日昭在世の文ということになる。

ということは、玉沢・妙法華寺の「日蓮の歯」は、開祖・日昭の在世の代から存在し、格蔵されていたと言うことになる。

もし、玉沢・妙法華寺の「日蓮の歯」が偽作だとすれば、これを偽作した人物は、日昭以外にあり得ないと言うことになる。

玉沢・妙法華寺開祖の日昭とは、六老僧第一で、日蓮入滅の葬送では後陣で大導師を務めた人物。いわば、日蓮一門の弟子・檀那衆の筆頭にあり、註法華経の配分を受けた人物である。

そのような人物が、わざわざ「日蓮の歯」を偽作するなどということは、到底考えられない。

偽作する動機も目的も、その必要性も全くないばかりか、「日昭が日蓮の歯を偽作した」とする異議が、どこからも上がっていない。だれ一人、そんなことを言っていないのである。

 

しかも六老僧第二の日朗が二祖になった池上本門寺も、「日蓮の歯」を格蔵しており、日朗が日蓮から歯を授与されていることからして、日朗より僧階が上位にある日昭も、「日蓮の歯」を日蓮から授与されている、というのは僧侶社会の常識として、当然あり得ることである。

 

このように色々な面から検証しても、玉沢・妙法華寺が格蔵する「日蓮の歯」は、本物であるとせざるを得ない、ということである。

 

続きを読む

玉沢・妙法華寺(4)~日蓮の歯二粒を古来から格蔵している玉沢・妙法華寺1

■玉沢・妙法華寺4(日蓮の歯二粒を格蔵1)

 

玉沢・妙法華寺は、数々の文化財・霊宝の類を格蔵しており、註法華経、撰時抄の他には、鎌倉時代の土佐大蔵卿筆の「日蓮上人説法図」と「絵漫荼羅」が国の重要文化財に指定されています。

妙法華寺25文化財案内


さらに立正安国会の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」にも載っている「伝法大本尊」「祈祷本尊」といった日蓮真筆の大漫荼羅本尊、日蓮真筆の消息類8通を格蔵しています。

この辺の所は、妙法華寺境内に建てられている三島市教育委員会の看板に書いてありますし、立正安国会の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」や立正大学日蓮教学研究所編「昭和定本日蓮聖人遺文全集」といった書物を調べれば、載っています。

 

玉沢・妙法華寺が格蔵している什宝の中で、以外と知られていないのが、「日蓮の歯」である。

あの日蓮の「歯」が、玉沢・妙法華寺に格蔵されているのである。

日蓮の「歯」を格蔵している寺院は、日本全国各地にいくつかあります。この玉沢・妙法華寺だけではありません。

まずは日蓮入滅の霊跡として有名な東京・池上の池上本門寺。池上本門寺本殿に祀られている日蓮・祖師像の胎内に、日蓮の「歯」が格蔵されているということです。

 

二番目には、千葉県勝浦市の本行寺釈迦堂。

ここの日蓮の歯は、享保8年(1723年)の五十座に際し、池上本門寺より日蓮の歯骨が分与されて、厨子に格蔵されているとのこと。この釈迦堂は、わざわざ日蓮の歯を収蔵するために建てられた堂宇とのことで、勝浦市の公式ホームページにも載っています。

又、池上本門寺から日蓮の歯が本行寺に分骨されたことも、池上本門寺発行の正式文献「妙玄院日等聖人」という本のp16に載っており、池上本門寺としても、本行寺に分骨したことを認めています。

 

三番目には、新潟県佐渡市の一の谷・妙照寺。

佐渡・一の谷というと、日蓮が「観心本尊抄」を述作したことで有名な地ですが、ここが格蔵している日蓮の歯は、佼成出版社刊行「写真紀行・日本の祖師日蓮を歩く」の中で紹介されており、日蓮宗新聞社刊行「日蓮宗本山めぐり」という本の中にも、妙照寺の什宝として「宗祖(日蓮)御歯」とあります。しかし、妙照寺格蔵の「日蓮の歯」は、伝承の経緯が不明確であり、真偽未決というべきです。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ