仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺の客殿パクリ

真宗・西本願寺(1)~日蓮正宗大石寺客殿とは浄土真宗東西本願寺御影堂に対抗して建てたパクリ建築である

■真宗・西本願寺1(御影堂)

 

□御影堂を「みえいどう」ではなく「ごえいどう」と読む浄土真宗本山・東西本願寺御影堂

 

真宗・西本願寺とは、浄土真宗本願寺派本山・本願寺で通称名は西本願寺。正式名は龍谷山本願寺という。本願寺とはもともと宗祖・親鸞の廟所である大谷廟所から発展した寺院。大谷本願寺、山科本願寺、石山本願寺の変遷があり、織田信長と石山本願寺戦争(石山合戦)を行う。石山合戦は、織田信長との講和・石山退去によって終結。本願寺教団が石山退去の翌日、石山本願寺は焼き払われてしまう。石山本願寺明け渡しを巡って、本願寺11代門主・顕如(15431592)を中心とする勢力は織田信長との講和を受け容れたのに対して、顕如の長男である教如を中心とする勢力は、これを拒んで籠城を主張した。そのため、教如は顕如から義絶されてしまう。

その後、本願寺教団は、寺基を紀州(和歌山)鷺森、和泉(大阪)貝塚、大坂天満へと転々とした後、1591(天正19)年、豊臣秀吉から現在の京都堀川七条の土地を寄進され、今の西本願寺が造営された。教如は大和、近江、安芸など流浪するが織田信長が本能寺の変で死去すると、顕如と教如は和解する。本願寺11代門主・顕如の没後、12代門主は当初は顕如の長男・教如が後を継いだ。しかし豊臣秀吉は、教如が父・顕如から義絶されたことがあること、石山合戦で最後まで籠城を主張して織田信長に反抗したこと等を理由に、教如が本願寺門主を務めることに異を唱える。

しかし豊臣秀吉は10年に限り教如が本願寺門主を務めることを認める裁決を下すが、教如派はこれを不服としたため、豊臣秀吉は教如を直ちに隠退させ、本願寺11代門主・顕如の三男・准如を12代門主とした。しかしその後も教如は、教如を支持する末寺や門徒に絵像を授与するなどの門主としての活動をつづけた。こうした中で教如と徳川家康が接近していく。1598年の豊臣秀吉の病没、1600年の関ヶ原の合戦で徳川家康が全国の覇権を掌握すると、1602(慶長7)年、徳川家康は京都烏丸六条に寺地を教如に寄進。さらに徳川家康の仲介によって、群馬県妙安寺伝来の親鸞座像(ご真影)が教如に寄進され、ここに東本願寺が造営された。徳川家康は、教如を中心とする教団を追認したわけだが、これは巨大勢力を保って織田信長に約十年にわたって石山合戦を挑んだ本願寺教団を東西に分裂させたまま固定化し、弱体化を図った徳川家康の宗教政策であるとする説が一般的である。

西本願寺も、真宗本廟・東本願寺と同じように、本尊である阿弥陀如来像を祀る本堂(阿弥陀堂)と親鸞御影を祀る御影堂の二堂が中心堂宇になっている。ただし真宗本廟・東本願寺は、北側が御影堂、南側が阿弥陀堂になっているのに対して、西本願寺は南側が御影堂で、北側が阿弥陀堂になっている。つまり、東西本願寺で、御影堂と阿弥陀堂の配置が逆になっている。

その御影堂だが、浄土真宗十派の本山には、いずれも阿弥陀堂と御影堂が並んで建っている。浄土真宗十派は「御影堂」を「みえいどう」と読む宗派と、「ごえいどう」と読む宗派に分かれる。西本願寺も真宗本廟・東本願寺も御影堂を「ごえいどう」と読む。

 

続きを読む

京都妙顕寺(2)~大石寺の客殿・勅使門は京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである

■京都妙顕寺2(大石寺の客殿・勅使門は妙顕寺の客殿・勅使門のパクリ)

 

□京都妙顕寺客殿・書院・宝蔵・勅使門の配置が酷似している大石寺客殿・書院・宝蔵・勅使門

 

「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」で大石寺の他宗派教義・本尊・化儀・堂宇のパクリ問題を取り上げているが、大石寺の客殿・勅使門は、京都妙顕寺の客殿・勅使門のパクリである可能性が極めて高いという結論に至っている。

大石寺の客殿と勅使門の配置は、客殿の前に勅使門が建てられていた。1964(昭和39)年の旧客殿の解体・大客殿の落慶、その後の大客殿前にあった大化城の解体、1989(平成元年)の大客殿前広場の造成等々の変遷を経て、客殿と勅使門の位置がずれたこともあったが、元々の位置は、客殿の前に勅使門が建てられていたものであった。

この大石寺の客殿・勅使門の配置とそっくりな寺院がある。それは、日蓮宗の大本山・妙顕寺である。京都妙顕寺とは、日蓮の京都布教の遺言を受け、日蓮門下では京都ではじめて布教をした日像が開祖になっている寺院である。

大石寺と京都妙顕寺は、客殿と勅使門の配置が似ているだけではなく、庫裡、大玄関、大客殿、勅使門、さらにその裏手の宝物殿(宝蔵)、書院の配置までそっくりなのである。

そもそも京都妙顕寺とはどういう寺院かというと、開祖・日像は、六歳の頃から日蓮に薪水給仕して、日蓮から経一丸という名前を授かり、本尊も授与されている。13歳のとき、日蓮の入滅に臨んで、日蓮から直々に枕元に呼ばれ、京都開教を遺命された。

1294(永仁2)年、日蓮の京都布教の遺命を果たすべく、京都に上洛。日像は、京都の街角にて辻説法を行い、たちまち京都の町衆から帰依を受けた。しかし比叡山延暦寺等々から排斥を受け、1307年(徳治2年)から1321年(元亨元年)までの間に3度京都から追放する院宣を受けた。

1321年(元亨元年)に追放を許されて、後醍醐天皇より寺領を受け、ここに妙顕寺を建立。さらに、1334(建武元年)4月には、妙顕寺を勅願寺として法華宗号の綸旨を受ける。

勅願寺(ちょくがんじ)とは、時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことだが、実際には、寺が創建されてから、勅許によって「勅願寺になった」寺のほうが数多い。勅願寺は全国で34ヶ寺あるが、天下の三戒壇の他は、天台宗、真言宗、臨済宗が大半で、日蓮宗で勅願寺になっているのは唯一、妙顕寺だけである。

妙顕寺2世・妙実は、1341(暦応4)年に妙顕寺を四条櫛笥に移転。

1358(延文3)年に大干ばつが起きたとき、天皇の勅願によって僧侶300人を従えて桂川のほとりで祈雨の祈祷を行ったところ、たちまち数日の間に雨が降って、山野田畑が潤ったことから、その功績によって、後光厳天皇より日蓮に大菩薩号、日朗・日像に菩薩号が、そして妙顕寺には四海唱導の称号が、妙顕寺2世貫首・妙実には大覚の称号と大僧正の位が下賜された。これにより妙顕寺の寺勢は隆盛を極めた。

妙顕寺1


続きを読む

奈良法隆寺(6)~法隆寺創建まもなくのころからあったと考えられる本坊・西園院客殿

■奈良法隆寺6(西園院客殿)

 

□本坊・西園院の「客殿」を法隆寺から輸入した大石寺9世日有

 

法隆寺の境内をいろいろと見学し、調べていくと、さまざまな注目すべきものに出くわす。

最も私が注目したのは夢殿本尊である救世観音立像であるが、他にも注目したものがある。

そのひとつが「西園院客殿」である。

西園院は法隆寺の本坊(住職の居所)であり、南大門を入って左側、築地塀の内側にある。

 

客殿とは、元々は貴族の屋敷や寺院などで客を応対するために造った殿舎のことで、、いわば京都・奈良の貴族文化を象徴するもの。客殿という殿舎のある寺院は、京都、奈良周辺ではけっこう見られ、天台寺門宗総本山・園城寺(勧学院客殿・光浄院客殿)、教王護国寺(東寺)、真言宗大覚寺派の寺院・西明寺、臨済宗天龍寺派の寺院・臨川寺…といったものがある。

園城寺勧学院客殿は、慶長5(1600)の建立。桃山時代の書院造建築の代表作とされる。

光浄院客殿は、勧学院客殿より1年後の慶長6(1601)建立で、規模、意匠など勧学院客殿と似ている。

妙心寺霊雲院客殿は、1688-04年の元禄期とされている。

教王護国寺の観智院客殿 は、慶長11年(1606年)の建立。

西明寺客殿は、本堂より古く、江戸時代前期に移築された。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用された。

臨川寺 客殿は、1620(元和5年)の建立。

大覚寺客殿は、1596-15年の慶長期のこととされている。

 

これに対して、日蓮正宗大石寺の客殿は、1465(寛正6)3月に大石寺9世法主日有が建立したわけだから、大石寺の客殿のほうが、京都仏教寺院の客殿より先に建立されたことになる。

この中で、法隆寺の西園院客殿に注目したのは、

1 法隆寺がこれらの寺院の中でもっとも創建が古いこと。

2 その法隆寺の塔頭院の中に「客殿」という名前の堂宇があること

である。

そこで法隆寺の西園院客殿がいつ創建されたかをしろうと思い、法隆寺の案内役員に聞いたところ、「聖徳宗の宗務院へ行って聞いてくれ」と言われたので、早速、法隆寺境内にある宗務院へと足を運んだ。宗務院は、その西園院のとなりにある。

法隆寺19
 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ