■池上本門寺39(大石寺常唱堂は池上本門寺常唱堂のパクリ)

 

□自然に参詣者が多くなり常に題目を唱える道場として知られるようになった池上本門寺常唱堂

 

池上本門寺の仁王門をくぐったすぐ左側の子院に「日朝堂」という堂宇がある。日朝堂は、身延山久遠寺第11世・行学院日朝を祀る堂宇。別名を「常唱堂」と言い、堂宇入り口には「常唱堂」と書かれた額が掲げられている。常唱堂とか題目堂と呼ばれ、須弥壇には大曼荼羅本尊と行学院日朝像を祀っている。現在の日朝堂は昭和48(1973)年に再建されたもの。

日朝堂2












池上本門寺刊行の古写真集「撮された戦前の本門寺」によれば、もともと池上本門寺の日朝堂は、池上本門寺第22世日玄が元禄年間(1688-1704)に創立。戦前まであった日朝堂は、寛保年間(1741-43)に加藤甲斐守納泰の寄進によって建立されたもの。第二次世界大戦の焼失の後、昭和48(1973)年に再建された。

一方、池上本門寺の寺伝によれば、日朝堂の縁起は次のようになっている。

 

日朝は1422(応永29)年、伊豆宇佐美で誕生。8才で出家。行学修行を積み重ね、苦修練行、昼夜精進行を行った。41才のとき、身延山久遠寺第11世法主となり、今の身延山隆昌の基を築いた。

関東の布教では新寺40余ヶ寺を建立した。

61才の時、永年にわたる止暇断眠の苦行と教化精進の過労から両眼失明の厄にあったが、それを自らの不徳として、ますます懺悔精進したところ、眼病が全快したという。

61才のとき、眼病消滅の本尊を書写。教化と著述七百余巻に専念。1500(明応9)年、79才で遷化した。池上本門寺では日朝の徳を讃え、日朝像を祀ったところ、日を追って参詣者が多くなり、常に題目を唱える道場として知られるようになった。

日朝堂5 











これが常唱堂とよばれる縁由とのこと。

この縁由によれば、元禄年間(1688-1704)の日朝堂創建以前から、池上本門寺で日朝像を祀っていたことが、窺われるが確定的なことは言えない。日朝堂創建で、日朝像を祀った、というようにも読める。

日朝堂7 

続きを読む