片瀬・龍口寺1(日蓮・龍ノ口法難・刑場跡)

 

□日蓮・龍ノ口法難の時に本当に江ノ島方向から“光り物”は飛来したのか

 

龍口寺(りゅうこうじ)とは、神奈川県藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山(霊蹟寺院)で、正式名称は寂光山龍口寺。略字体を用いて「竜口寺」と称す場合もある。

場所的には、江ノ島電鉄の江ノ島駅から徒歩で3分ぐらいのところにあり、住所的に言うと、ここは鎌倉市ではなく、藤沢市になる。

この地はかつて刑場跡で、文永8年(1271年)912日に日蓮宗の宗祖・日蓮が処刑されそうになった事件、日蓮宗や日蓮正宗では、龍ノ口法難と呼ぶ事件の舞台になったところで、いわゆる龍ノ口刑場跡である。

私がここで見たかったのは「龍口刑場跡」。

龍口寺1


日蓮は、龍口の刑場に連行されたのだが、実際には首を切られなかった。突然、日蓮の処刑は中止になり、まさに九死に一生を得たのである。

日蓮の回想録とも言うべき遺文(御書)「種々御振舞御書」に、日蓮は

「江の島の方より『光り物』が現れ、それまで人の顔も見えないほどの暗闇だったのに、『光り物』の光によって月夜のように明るくなり、人々の顔が見えるくらいに明るくなった。太刀取りの目がくらんで倒れて臥し、兵士たちは恐れおののき、馬の上でうずくまってしまう者もいた」

等と書いている。ただしこれは日蓮が)「種々御振舞御書」にそう言っているだけの話しで、幕府の公式記録・歴史書の「吾妻鏡」等に、こういう記載は全くない。

 

歴史的な事実として確実に言えることは、日蓮は、判決にない不当な処刑で殺されかかったのだが、何らかの事情で命が助かった、ということである。その何らかの事情とは、江戸時代のころから、執権・北条時宗の夫人が懐妊中だったので、祟りを避けるために、「坊主殺し」を中止したのではないか、という説が囁かれている。しかし私はこの説に、いささか懐疑的である。

 

というのは、そもそも日蓮に対して、鎌倉幕府が下した判決は「佐渡流罪」なのであり、死刑ではない。それを平頼綱が深夜に日蓮を龍口で誅殺しようとしたわけで、元々の判決は死刑ではないわけです。であるならば、もし仮に執権・北条時宗が、日蓮が誅殺されかかっている、ということを知ったならば、「日蓮は佐渡流罪にはしたが、殺せとは言っていない」として、処刑は中止させるでしょう。当然です。そうしないと執権の威信が丸つぶれになってしまいまう。1979年に製作・公開された映画「日蓮」では、執権・北条時宗が日蓮の処刑を中止せしめるという場面を入れています。こちらのほうが的を得ている感じがします。

 

続きを読む