仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

片瀬龍口寺御難会

片瀬龍口寺(4)~地域密着の祭礼になっている毎年9月12日の龍口寺・「龍口法難会」3

片瀬・龍口寺4(地域密着の祭礼になっている3)

 

「龍口法難会」の法要の式次第が一通り終わると、貫首と僧侶は一旦、本堂から退出して、須弥壇の扉も閉められた。

その後、参拝客・観光客には、ぼた餅が振る舞われるということで、本堂では準備がはじまった。

龍口法難会17


「ぼた餅」というのは、私なんかには「おはぎ」という名前が親しみやすい。「おはぎ」は、春秋の彼岸に仏前に供えるねのとして、そのころになると、スーパーマーケット、コンビニなどでは、店頭に「おはぎ」が並ぶ。古くは、春の彼岸につくるものをぼた餅、秋の彼岸につくるものを萩の餅、おはぎと称したといわれる。また餡をつけたものがぼた餅、きな粉をまぶしたものはおはぎともいうが、いずれも定説ではなく、今日では春秋にかかわりなく、「ぼた餅」とも「おはぎ」ともよばれているという。

見ていると、僧侶と役員の信者が、本堂二箇所の高台に、ぼた餅が入った大きな樽を持ち上げていた。「こんな大きな樽じゃあ、中に入っているぼた餅も、けっこう大きそうだな」と、なんとなく私としても、期待が膨らんでしまった。

そしていよいよ、本堂の参拝客に、高台から「ぼた餅」が一斉にばらまかれたのである。

その途端に、本堂の中は、「ぼた餅」の取り合いで、大パニック状態に。

主婦の「あーっ」「きゃーっ」という悲鳴だか、何だかわからない声が鳴り響いたり、人だかりの下敷きになりそうな人が居たり。みんな、それこそ、ぼた餅を手でつかもうとして必死。

 

さて私も、必死になって、ようやく「ぼた餅」を手でつかむことができたのだが、その「ぼた餅」を見てびっくり。何とそのぼた餅は、飴玉くらいの大きさぐらいのものだったのである。

スーパーマーケット、コンビニなどの店頭に並んでいる「ぼた餅」を連想していた私は、がっくり。

「えーっ、こんなに小さいの」という感じ。ぼた餅の大きさに関しては、全くの期待はずれだった。

 

それにしても、こんな小さなぼた餅の取り合いのために、本堂は一時、大パニックに。

ぼた餅は小さかったが、龍口法難会そのものは、それこそ万単位の人が繰り出しているのではないかと思わせるくらい、規模が大きなものであった。

 

「龍口法難会」のぼた餅があまりにも小さかったのに、当てが外れた私は、ようやくここで龍口寺本堂から外に出た。

法要の最中、私は携帯カメラで片っ端からパチパチと写真を撮っていた。周りを見ても、法要の最中に写真を撮っていたのは私だけだった様子。法要が終わって、ぼた餅の準備が始まると、デジカメやら携帯カメラやらで写真を撮っていた人は居たが。

私は、写真を撮っていたことに関して誰からも咎められなかったし、注意も受けなかった。

続きを読む

片瀬龍口寺(3)~地域密着の祭礼になっている毎年9月12日の龍口寺・「龍口法難会」2

片瀬・龍口寺3(地域密着の祭礼になっている2)

 

実際に日蓮宗・龍口寺の「龍口法難会」に行ってみて、正直、これだけたくさんの人が龍口寺の「龍口法難会」に来ているのを見て、驚かされました。祭礼というと、神社の祭礼がよく知られているが、仏教寺院の祭礼が、これほどまでたくさんの人をよんでいるケースは、あまり例がないのではないでしょうか。関東近辺では、東京・池上の「池上本門寺」のお会式が、たくさんの人が訪れる地域の祭礼になっているのは有名で、池上本門寺の御会式には、約30万人もの人々が参拝に訪れるという。

 

それと的屋の露店・屋台が、国道467号線の歩道にとどまらず、何と龍口寺の門前から、一部が龍口寺の門の中の境内にまで及んでいるのも、驚いた。そして的屋の露店の前は、たくさんの人通りがあるため、なかなか前に進めない。

龍口法難会30


:境内の一角で様子を見ていると、ビールを飲んだ後、龍口寺の本堂に登っていく人や法要が行われている本堂から下りてくる人たちで、本堂に連なる参道は、それこそ参拝客・観光客でごったがえしていた。本堂では、すでに法要がはじまっていて、貫首が延々と「慶讃文?」を朗々と読んでいる声が、マイクを通して、本堂の外にまで聞こえてきていた。

本堂に連なる参道の脇にも、的屋だか地域の人だかの露店があって、そこでビール、酒、ジュースの他、フランクフルトややきそばを焼いて、売っていた。その露店のそばには、座って談笑しながらビールを飲んだり、つまみを食べたりする椅子とテーブルがあったのだが、そこは完全に満席。座れない人は、立ちながらビールを飲んだり、フランクフルトを食べたりしていて、その中には、どういうわけか、とても目立つ格好をしている「おかま」さんまでも。

全体的な雰囲気としては、片苦しい仏教寺院の法要に、厳粛なムードで参拝するという雰囲気ではなく、龍口寺の信者も、そうでない人も、一斉にわんさと龍口寺に行き、そこでビールを飲んだり、つまみを食べたり、的屋の露店のゲームを楽しんだり、金魚すくいを楽しんだりする、地域の盛大なお祭りという感じ。法要に厳粛に参拝するというのではなく、地域の祭りをみんなで楽しんでいるという感じに見えた。

仏教寺院のお祭り・祭礼は、こういう雰囲気のものが一般的なのかどうかまで、私が断定するわけにはいかないが、少なくとも、大石寺をはじめとする日蓮正宗寺院の法要の、あの閉鎖的で、超片苦しい雰囲気のものよりかは、いくらかこちらのほうがオープンで、ましなような気がする。

ビールを飲み干した私は、人だかりをかき分けながら参道を進み、龍口寺の本堂の中に入って行った。

 

続きを読む

片瀬龍口寺(2)~地域密着の祭礼になっている毎年9月12日の龍口寺・「龍口法難会」

片瀬・龍口寺2(地域密着の祭礼になっている)

 

龍口寺の大きな行事として、日蓮の龍ノ口法難を記念する毎年911日~13日の「龍口法難会」がある。毎年912日の夜18時、13日の夜0時に「龍口法難会」の大法要が本堂で営まれ、参拝者には難除け牡丹餅が振舞われる。万灯練供養は12日夜に行なわれる。

なぜ912日の夜なのかというと、日蓮が龍口法難に遭遇したのがまさに文永8(1271)912日の夜。龍口刑場でまさに首斬られようとした時に、光り物が現れたのが深夜午前0時から2時くらいの間の出来事と伝承されていることに因んでいる。

「龍口法難会」という行事そのものは、ここの龍口寺のみならず、身延山久遠寺をはじめとする日蓮宗各寺院、大石寺をはじめとする日蓮正宗各寺院、富士門流各本山、末寺でも行われている。

ただ、ここ龍口寺の「龍口法難会」の場合、ここだけの面白い特色がある。

 

この「龍口法難会」は、日蓮正宗では「たつのくちほうなんえ」と呼んでいるが、日蓮宗・龍口寺の法要の慶讃文では「りゅうこうほうなんえ」と呼んでいた。どちらが読み方として正しいのかは、定かではない。というか、私にとっては、どちらでもいいことなんだが。

この龍口寺は、江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩3分、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩15分くらいの所にあるのですが、毎年、龍口寺の「龍口法難会」が近づいてくると、小田急線の駅ホームには、「龍口法難会」が龍口寺で行われることを告げるポスターが張り出される。

 

数年前に、この龍口寺の「龍口法難会」に行ってきました。龍口寺には、過去に何度か訪ねて行っているのですが、龍口寺の「龍口法難会」に行くのは、はじめて。

私の場合、龍口寺に行くルートは、小田急江ノ島線で終点の片瀬江ノ島駅まで行くか、ないしは小田急・江ノ島線の藤沢駅で下車して江ノ島電鉄に乗り換えて、江ノ島駅で下車するか、のいずれかになる。小田急線の場合、特急ロマンスカーが運行されているので、それに乗って行ければ早くて便利なのだが、ただ、いかんせん片瀬江ノ島駅まで行く特急ロマンスカー・えのしま号は、本数が少なく、平日で5往復。土日休日で7往復しかない。箱根湯本までは平日23往復、土日休日が27往復運転されているのと比べると、えらい違いである。

それでも私は、乗り換え無しで行けるほうが便利なので小田急線で片瀬江ノ島駅まで行きました。

 

片瀬江ノ島駅に降り立ち、それから徒歩で龍口寺に向かうわけですが、途中、江ノ島電鉄の江ノ島駅前を通って、国道467号線に出る。そこから国道沿いに龍口寺まで歩いて行くのですが、この国道が、江ノ島駅入り口から龍口寺までの間、歩道にぎっしりとテントの出店が所狭しと並んでいる。通称、的屋(てきや)と呼ばれる露店・屋台である。

龍口法難会35


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ