仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺9世日有・戒壇大本尊偽作解明調査

高岡・山町脇・土蔵造り資料館(2)~高岡市土蔵造りのまち資料館に掲示されていた明治の高岡大火と焼け残った土蔵造り

■高岡・山町脇・土蔵造り資料館2(蔵造り・土蔵の謎を追って3)

 

□高岡市土蔵造りのまち資料館に掲示されていた明治の高岡大火と焼け残った土蔵造り

 

高岡市指定文化財・旧室崎家住宅が、高岡市土蔵造りのまち資料館として、一般公開されている。室崎家は現当主で九代目となる歴史のある家で、明治初期にこの場所に移ってきたもので、それ以前は、道路を挟んで向かい側の家に住んでいた。室崎家は、昭和20(1945)まで、綿糸や綿織物の卸業を手広く営んでいた、高岡でも屈指の商家。現在は石油商を営んでいる。

室崎氏の転居にあたって、高岡市がこの土蔵造りの民家を資料館として、一般に公開している。

ここも土蔵造りの調査で、入りました。

土蔵造りというのは、家屋の外側の話しであって、家の中は、至って普通の数寄屋造りの民家になっている。この家の土蔵は別にある。つまり民家も土蔵も両方が土蔵造りになっているというわけである。

土蔵造りのひとつのポイントとして、土蔵がある家は、裕福な家、財産家、資産家と言われる家が多かったこと。大切な家宝、財産を厳重に保管するために土蔵を造ったわけである。

土蔵そのものは、昭和3040年代のころまで、北陸地方の各地にあったようである。私も子どもの頃、土蔵造りの蔵をよく見かけた記憶がある。

江戸時代から明治、大正のころを生きた人たちは、「火災が多い」という常識の中で生きていた。そういう中、資産家たちは、自分たちの大事な財産が火災によって灰になってしまっては困るので、江戸時代から明治時代にかけて、土蔵を造っていった。そこで、土蔵の中には、財産が隠されているということで、第二次世界大戦後の混乱期に「土蔵破り」と言われる盗賊が出没した事件が多発していたという。

しかし戦後の高度経済成長の中で、次第に民家の新築が進み、立て替えが進んでいく中で、古い土蔵造りは姿を消していった。高岡市の場合も同様で、土蔵造りの家屋の立て替えが進み、土蔵造りの家が少なくなっていき、残ったところが重要伝統的建造物群保存地区になったのだという。

この資料館には、女性の係員が一人いて、私の質問に、わりと親切に回答してくれました。

「土蔵造りに関する本か資料はありませんか」と係員に質問すると

「いやー、そういうのは、ないですねえ」との答え。

資料館の中の明治の高岡大火や土蔵造りの説明が書いてある写真パネルを、「写真に撮ってもいいですか」と尋ねると、「あー、どーぞどーぞ」との答え。

そこで私が写真撮影していると、この女性係員が、奥の方から高岡市教育委員会が発行した高岡の土蔵造りに関する資料を一冊もってきて、手渡してくれました。「なんだ、ちゃんと資料があるじゃないですか」と言うと、「あまり人に見せていない資料」なのだとか。

土蔵造り資料館3


続きを読む

高岡・山町脇・土蔵造り資料館(1)~大石寺の土蔵造りの宝蔵と『大石寺・戒壇本尊炎上説』の検証で訪れた高岡の土蔵造り

■高岡・山町脇・土蔵造り資料館1(蔵造り・土蔵の謎を追って2)

 

続きを読む

川越・蔵造り町並み・蔵造り資料館(1)~大石寺の土蔵造りの宝蔵と『大石寺・戒壇本尊炎上説』の検証で訪れた川越の蔵造り

■川越・蔵造り町並み・蔵造り資料館1(蔵造り・土蔵の謎を追って1)

 

  続きを読む

伊東葛見神社(1)~大石寺「戒壇大本尊」偽作の楠木調査で訪問した伊東市・葛見神社

■伊東葛見神社1・「戒壇大本尊」偽作の楠木調査で訪問した伊東・葛見神社1

 

□ここでも神木として祀られていた静岡県伊東市・葛見神社の大楠木

 

静岡県伊東市にある葛見神社にも、国の天然記念物に指定されている大楠の巨木がある、ということで調査に行きました。

この葛見神社は、JR伊東駅からは、かなり離れた所にあり、だいぶ歩いて行った記憶があります。しかしJR伊東駅前の観光案内所の係の女性が、とても親切な方で、地図に赤鉛筆で印を付けて、歩くルートまで懇切丁寧に教えてくれたため、歩いたものの、迷わずに葛見神社まで、たどり着くことが出来ました。

伊東市の中心部からは、少し離れた所にあり、あまり目立たない場所にありました。

国の天然記念物に指定されている大楠の巨木は、神社本殿に向かって左側にありました。

ここの葛見神社の大楠も、熱海市の来宮神社の大楠ととてもよく似た巨木でした。

 

まず、ものすごく太い幹で、楠木が上に広がるように繁殖している。これは自生している楠木の巨木の特徴的なものです。そして、この葛見神社の大楠も、熱海市の来宮神社の大楠と同様に、太いしめ縄が張られ、巨木の根の部分には、ミニ社が造られていました。

葛見神社楠木も、「神木」になっているということです。御神体そのものではないですけども、神木として地元の人たちから崇められているようです。

 

それと、ここ葛見神社の大楠や熱海・来宮神社の大楠は、見るだけで明らかにわかるくらい、幹の太さが、身延山久遠寺の祖師堂前にある楠木と比べたら、ぜんぜん太いですね。これは比べものにならないくらいです。

まあ身延山久遠寺と、東伊豆の熱海・伊東とは、比べものにならないくらい東伊豆のほうが温暖です。葛見神社の大楠や熱海・来宮神社の大楠の幹の太さは、どちらかというと西日本、九州地方に自生している大楠の巨木に似ています。それだけ、東伊豆地方の海岸に近い所は、それだけ気候が温暖だということなのだと思います。

こういうことを書くと、日蓮正宗法華講員たちが、ここの楠木に飛びついて来そうですね。

しかし残念ながら、日蓮一門に、東伊豆の楠木の大木を身延山まで運搬させる経済力・財力も労力もなかった。東伊豆から身延山に楠木を運搬したなどという記録はひとつも残っていない。

そもそも神を崇敬していた日蓮が、神木になっている楠木の大木を切り倒すはずがないのである。

葛見大楠1 

 

熱海来宮神社(3)~大石寺「戒壇大本尊」偽作の楠木調査で訪問した熱海市・来宮神社3

■熱海来宮神社3・「戒壇大本尊」偽作の楠木調査で訪問した熱海・来宮神社3

 

□楠が神木になっていることが大石寺の「戒壇の大本尊」が後世の偽作である証拠だ

 

来宮神社の楠木は、「神木」になっているわけですが、この「神木」とは、神体としての木や神聖視される木、であると同時に、伐採をしないとされる木ということである。

「神木」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%9C%A8

「神木(しんぼく)とは、古神道における神籬(ひもろぎ)としての木や森をさし、神体のこと。また依り代・神域・結界の意味も同時に内包する木々。一般的に神社神道の神社、神宮の境内にある神体としての木や神聖視される木、その周りを囲む鎮守の森や、伐採をしないとされる木を指す。

この他、神社の所有地、民間の所有地にあって民間伝承などの特別な謂われのある木を指す。」

 

このようにはっきり書いてあります。

この来宮神社の楠木も、神木であり、古くから伐採を制止してきた木なのである。

このことは、境内に建てられている来宮神社の建て札にはっきりと書いてあります。

「大樟(大楠)

天然記念物  文部大臣指定 昭和八年二月二十八日

樹齢二千年 周囲二〇米 高さ二〇米

…其の頃、此の社の森には七本の楠や椎の木、細葉の大木、羊朶類等が自生していて昼なを暗く大地を覆っていました。ところが今から約百二十余年前の嘉永年間と云ふ年に熱海村に大網事件と云ふ(流刑者まで出した)全村挙げての大事件が勃発し其の訴訟費など捻出するため、五本の大楠は伐られてしまったのです。現在残されている其の中の一本の此の大楠をも伐ろうとして樵夫が大鋸を幹に当てようとしたところ、忽然として白髪の老人が現れ、両手を広げて此れを遮るような姿になると、忽ち大鋸は手元から音をたてて二つに折れ、同時に白髪の老人の姿は消えてしまったのです。此れは神のお諭しであるとして村人等は大楠を伐る事を中止してしまいました。此の木が即ち現在ある御神木であります」

来宮大楠2 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ