仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

金箔・金沢市安江金箔工芸館

金沢市安江金箔工芸館(4)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査4

■金沢市安江金箔工芸館4・日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査4

 

□金沢市立安江金箔工芸館・学芸員との単独会見記3

 

学芸員「もし大石寺の板本尊が、日蓮が造立した板本尊ではないとしたら、誰が造立したのですか。板本尊を造立した人物とは??。その人物は、金を入手できる人物だったのですか。」

○「います。日蓮正宗大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊を造立した人物とは、大石寺9世法主の日有という人物です。この日有が大石寺の法主に登座して間もない頃、大石寺の北方15キロぐらいの所に金鉱山が発見されています。場所は、山梨県と静岡県の県境から山梨県側に少し入った所。毛無山の奥地にある湯之奥金山という名前の金山です。

学芸員「そうですか」

○「大石寺9世日有が法主に登座して間もなくの15世紀前半のころ、湯之奥金山で金の生産がはじまっています。このころは甲斐国の領主・武田氏も、駿河国の領主・今川氏も、湯之奥金山の存在を知らず、金山衆(かなやましゅう)と呼ばれる人たちが、金の生産を行っていました。その金山衆たちは、日蓮宗系の法華信者、大石寺や北山本門寺の富士門流の信者が大半だったことが、現地の学術調査で判明しています。金山衆が大石寺9世日有に金を供養したか、あるいは、大石寺9世日有をはじめとする大石寺僧が自分たちで金を堀に行くことだって可能だったわけです。」

学芸員「なるほど。そうですね」

○「大石寺9世日有は、甲州(甲斐の国・山梨県)・湯之奥金山から産出した金を入手していた日蓮正宗大石寺九世法主・日有は、その金を足掛かりにして、大きな経済力を持つにいたった。

大石寺9世日有は、この金による経済力を使って、京都天奏を行い、黒漆塗りに金箔加工を施した板本尊「戒壇の大本尊」の偽作や「紫宸殿の本尊」の模刻本尊などを造立し、大石寺に御宝蔵や客殿といった伽藍を建立するなど、大石寺の堂宇を整備し、日蓮門下一門・富士門流の本山寺院としての主導権を握ろうとした。

そして金による経済力を以て行った日有の京都天奏が、 「戒壇の大本尊」偽作と密接に結びついているわけです。京都天奏によって日有は、比叡山延暦寺、園城寺、建仁寺等々の京都の大伽藍を備えた大寺院を目の当たりにし、客殿、宝蔵、不開門、勅使門といった伽藍、秘仏という化儀、本山・末寺の僧侶教団、戒壇論という教義を輸入し、これが「戒壇の大本尊」偽作に大きな影響を与えることになった。したがって、「戒壇の大本尊」偽作の最大のキーワードは、湯之奥金山の金による「経済力」「財力」ということになります。

それによって「戒壇の大本尊」なる名前の黒漆塗りに金箔加工を施した豪華絢爛な板本尊を偽作することに成功した。この金を元手にした経済力を使って、楠木を買い入れ、漆を買い入れ、門下の信者に漆加工、金箔加工を行なわせて、板本尊を造立したと考えられるわけです。

つまり日蓮は経済力がなかったが故に、「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立できなかった。経済力がなかったが故に、楠木も漆も金箔も入手できなかったし、漆加工、金箔加工もできなかった。

しかし日蓮正宗大石寺9世法主日有は、莫大な経済力を有していたが故に、「戒壇の大本尊」偽作ができたというわけです。ポイントは、経済力です」

湯之奥線2 

続きを読む

金沢市安江金箔工芸館(3)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査3

■金沢市安江金箔工芸館3・日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査3

 

□金沢市立安江金箔工芸館・学芸員との単独会見記2

 

私と学芸員との話は、「日蓮は金箔加工が自力でできなかったのか」という話題から、はじまりました。

学芸員「日蓮が自分で金を手に入れて、その板本尊に金箔加工をしたということはあり得ないのですか」

○「それは絶対にあり得ません。その第一の証拠が、日蓮自らが書き記して今日に残っている遺文(御書)です。その中には、身延入山後、日蓮が極貧の生活をしていたことが書き記されています。

「飢渇申すばかりなし。米一合も売らず。餓死しぬべし。此の御房たちもみなかへして、ただ一人候べし」(富木殿御書・御書全集p730・日蓮53才・文永11517)と述べている。

つまり「飢餓状態はひどいものだ。米一合も売ってもらえない。餓死するかもしれない。ここにいる僧たちも養うことができないので、皆、里へ帰した。今はただ一人この山にいる」と言っている。

日蓮54才の時の「乙御前御消息」(御書全集p898899・建治元年84)では

「日蓮を不便(ふびん)と申しぬる弟子どもをも、たすけがたからん事こそ、なげかしくは覚え候へ」

日蓮55才の時の「南条殿御返事」(御書全集p974・建治2年閏324)では

「各々も不便(ふびん)とは思へども、助けがたくやあらんずらん」と述べている。

さらに日蓮57才の時に書いた「兵衛志殿御返事」(弘安元年1129)では、

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし。油は金に似たり。鍋・釜に小水あれば凍りて割れ、寒いよいよ重なり候へば、着物うすく、食乏しくして、さしいづるものもなし」・・・・ (御書全集p1294)

「坊は半作にて、風、雪たまらず、敷物はなし。木はさしいづるものもなければ火もたかず。古き垢づきなんどして候、小袖一つ着たるものは、其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「去年の十二月の三十日より、はらのけ(下痢)の候ひしが、春夏やむことなし。秋すぎて十月のころ大事になりて候ひしが、少しく平癒つかまつりて候へども、ややもすれば起こり候に・・・」

「此の二つの小袖なくば、今年は凍死に候ひなん」・・・・  (御書全集p1295)

 

「富木殿御書」「乙御前御消息」「兵衛志殿御返事」「上野殿御返事」…これらの日蓮の遺文(御書)によれば、米一合もない。餓死するかもしれない。僧たちも養うことができないので、皆、里に送り返した。 食は乏しく信者から供養もない。下痢が起こっている。小袖がなかったら、凍死していたかもしれない。・・・ まさに日蓮は飢え死寸前の状態だったということです。 そのような人物に金を入手できる経済力はなかったことが明らか。金を入手していたら、こんな極貧・飢え死寸前の生活をしているはずがありません」

日蓮・草庵跡5 

続きを読む

金沢市安江金箔工芸館(2)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査2

■金沢市安江金箔工芸館2・日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査2

 

□金沢市立安江金箔工芸館・学芸員との単独会見に成功

 

金沢市立安江金箔工芸館に入って行くと、大まかな金箔工芸の歴史や金箔工芸製造過程の展示が多く、私が見学していると、女性係員の人が熱心にいろいろと説明してくれました。

金沢市は、日本の金箔の90%以上生産している所ということで、金箔の生産の説明については、特に熱が入っていました。

ただし私がここで聞きたかったのは、今の金沢の金箔生産のことではなく、日本の鎌倉時代、室町時代の金箔加工について。これを質問すると

「そーですねえー。こういう専門的なことは館長か、学芸員に聞いてみないと、…」

との返事。というわけで、安江金箔工芸館の学芸員が奥から出てきて、私と単独会見することになった。

学芸員(がくげいいん)とは、日本の博物館法に定められた、博物館(美術館・科学館・動物園・植物園なども含む)における専門的職員および、その職に就くための国家資格のこと。

欧米の博物館・図書館・公文書館では職種としてキュレーターが置かれているが、日本ではキュレーターを学芸員と訳している。

学芸員の職については、博物館法(昭和26年法律第285号)の第4条第3項に定めがあり、「博物館に、専門的職員として学芸員を置く」とされている。また、学芸員補という職もあり、学芸員補は、学芸員の職務を助けるために博物館におかれる職である(博物館法第4条第5項・第6項)。なお、ここでいう「博物館」とは、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を扱う機関のことであり、「博物館」の名称を持つ施設のほかにも、美術館なども含まれている。

金沢市立安江金箔工芸館も博物館法の博物館ということで、学芸員がいた。その日は、館長が不在ということで、学芸員が私の質問に対する応対に出たわけである。

しかしこの学芸員は、当初、私の訪問目的をあまりよく理解していなかったようで、「金箔」「金箔加工」の研究と言うからには、安江金箔工芸館の展示を見に来たと思い込んだようであった。

確かに展示を見学しに来たことは事実だが、実際に来てみると、ここの展示は、地元金沢の金箔加工や創立者・安江氏の所蔵品が中心であり、いささか拍子抜けしたことも事実。

もちろん、金沢の金箔中心、安江氏の所蔵品等の展示は、とても貴重なものであり、すばらしい展示であることは事実。

安江金箔工芸館の説明によれば、今の日本の金箔は金沢産が99%を占めているということだから、ここの安江金箔工芸館の展示が、金沢の金箔中心の展示になるというのは、致し方ないことなのかもしれない。

安江金箔工芸館1 

続きを読む

金沢市安江金箔工芸館(1)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査1

■金沢市安江金箔工芸館1・日有が偽作した「戒壇の大本尊」金箔加工の調査1

 

□金箔に関する工芸館としては全国でも珍しい博物館・安江金箔工芸館

 

□大石寺の『戒壇大本尊』は9世日有の偽作だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161878.html

□戒壇大本尊は9世日有の偽作だ001080

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_628700.html

□戒壇大本尊は9世日有の偽作だ081150

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_628705.html

□戒壇大本尊は9世日有の偽作だ151200

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_628708.html

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作問題を掘り下げて研究していく上において、「金箔加工」「金」は、研究の大きなテーマである。それは、「戒壇の大御本尊」なる板本尊は漆塗りの上に、文字の部分が金箔加工が施されているからである。

鎌倉時代の身延山中で、日蓮は極貧の生活をしていた。これは日蓮の遺文に明らかである。

「飢渇申すばかりなし。米一合も売らず。餓死しぬべし。此の御房たちもみなかへして、ただ一人候べし」(『富木殿御書』・御書全集p730・日蓮53才・文永11517)

日蓮54才の時の「乙御前御消息」(御書全集p898899・建治元年84)では

「日蓮を不便(ふびん)と申しぬる弟子どもをも、たすけがたからん事こそ、なげかしくは覚え候へ」

日蓮57才の時に書いた「兵衛志殿御返事」(弘安元年1129)では

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし。油は金に似たり。鍋・釜に小水あれば凍りて割れ、寒いよいよ重なり候へば、着物うすく、食乏しくして、さしいづるものもなし」・・・・(御書全集p1294)

「坊は半作にて、風、雪たまらず、敷物はなし。木はさしいづるものもなければ火もたかず。古き垢づきなんどして候、小袖一つ着たるものは、其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「去年の十二月の三十日より、はらのけ(下痢)の候ひしが、春夏やむことなし。秋すぎて十月のころ大事になりて候ひしが、少しく平癒つかまつりて候へども、ややもすれば起こり候に・・・」

「此の二つの小袖なくば、今年は凍死に候ひなん」・・・・ (御書全集p1295)

日蓮58才の時には「上野殿御返事」(弘安21227)の中で次のように述べている。

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。衣も薄くて寒ふせぎがたし。食たへて命すでに終はりなんとす・・・」(御書全集p1437)

日蓮・草庵跡5 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ