仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

伝仏舎利・歯牙を格蔵する寺院

長野善光寺(3)~ものすごい火柱と火の粉が舞い上がり火災報知器のベルが鳴った大勧進の新春護摩祈祷

■長野善光寺3(2014年初詣3)

 

□極楽の錠前を探り当てる真っ暗な回廊の『お戒壇めぐり』と回廊入り口に祀られている仏舎利

 

内々陣参拝の後は、内陣にある御朱印受付にて、善光寺の御朱印をもらった。ちょうど20134月末の東京両国・回向院での善光寺出開帳の時、善光寺御朱印帳を買い求めており、そこに御朱印をいただいた。数年前、ある所で、僧侶の毛筆が達筆かどうか云々ということが話題になったことがあったが、善光寺御朱印の毛筆は、この上ない達筆。まさに「書の芸術」と言うべきもの。善光寺御朱印の毛筆は、あまりにも芸術的な書なので、見ていると思わず心が洗われるような気持ちになる。これは、善光寺参拝のいい記念になりますね。ただし断っておくが、私はあっちこっちの仏教寺院で御朱印をもらわないと収まらないような、いわゆる『御朱印マニア』ではない。

御朱印のあとは、『お戒壇めぐり』の階下に降りていった。内々陣の右側を通って奥に進むと『お戒壇めぐり』の入り口がある。これは、善光寺如来(一光三尊阿弥陀如来)像が格蔵される瑠璃壇下の真っ暗な回廊を通り、極楽の錠前を探り当てて、絶対秘仏の善光寺如来(一光三尊阿弥陀如来)と結縁するという主旨のもの。2003年の御開帳で善光寺に参拝したときは、『お戒壇めぐり』の真っ暗な回廊には入っていないと思います。20134月末の東京両国・回向院での善光寺出開帳の時、はじめて『お戒壇めぐり』を知ったくらいでしたから。

東京両国・回向院での『お戒壇めぐり』は、にわかづくりの『お戒壇めぐり』だったが、今回は善光寺での『お戒壇めぐり』。真っ暗の回廊を手探りで歩いて行ったが、全く何も見えない。私の後ろから、4人家族連れが歩いてきて、真っ暗な回廊の中で、ガヤガヤと喋りまくっている家族連れ。

この家族連れも、真っ暗な回廊の中で極楽の錠前を探していたようなのだが、歩いている途中で、若い男の子が「コレだ、コレだ」と、ガチャガチャと音をたてながら元気な声をあげていた。しかし回廊は真っ暗で何も見えない。「本当かね?本当にそれが極楽の錠前?」と、半ば狐につままれたような気持ちになった。

さてその『お戒壇めぐり』の入り口前には、釈迦如来像と仏舎利(釈迦如来の遺骨)を納めた厨子が祀られている。この仏舎利は、善光寺発刊の資料によれば、タイ国から日本に寄贈された仏舎利だという。タイ国から寄贈された仏舎利は、善光寺の外、全国各地の寺院にも格蔵されている。

さて再び本堂の外陣に出ると、外陣中央にものすごい人だかりができている。何事だろうかとその人だかりの所に行ってみると、びんずる尊者像のまわりにできていた人だかりだった。びんずる尊者像は、東京両国・回向院での善光寺出開帳の時にも来ていた。が、2003年の御開帳の時に参拝した記憶がない。ただし回向院の善光寺出開帳の時には、びんずる尊者像は白色のホータイでぐるぐる巻きになっていたが、善光寺本堂外陣では、ホータイはなし。びんずる尊者像参拝の長い行列に並んだ後、賽銭を入れて像を撫でて参拝。参拝の人は、全員がびんずる尊者像に触って撫でていた。像をよく見ると、かなり撫でられた痕跡が見られる。

善光寺18 



















(善光寺本堂)

 

続きを読む

京都・鹿苑寺金閣(1)~三層部分に仏舎利(釈迦如来の骨)が祀られていると伝承される鹿苑寺舎利殿(金閣)

■京都・鹿苑寺金閣1(仏舎利が祀られている舎利殿)

 

□三層部分に仏舎利(釈迦如来の骨)が祀られていると伝承される鹿苑寺舎利殿(金閣)

 

鹿苑寺金閣とは、一般的には「金閣寺」の名前で知られている。寺号は金閣寺ではなく、鹿苑寺という。鹿苑寺とは、臨済宗相国寺派の寺院。相国寺派とは1392年、夢窓疎石により創始された宗派で、大本山は室町幕府三代将軍・足利義満により建立された京都の相国寺。末寺は日本各地に約100か寺ほどあり、有名な鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)はこの相国寺派の寺院である。「鹿苑寺」の寺号は、足利義満の法号である鹿苑院殿に因んでいる。正式寺号は北山(ほくざん)鹿苑寺という。

鹿苑寺が発行した公式パンフレットによれば、「お釈迦様のお骨をまつった舎利殿『金閣』が特に有名なため、金閣寺とよばれていますが…」とあり、鹿苑寺の舎利殿『金閣』には、釈迦如来の骨が祀られていると書いてある。フリー百科事典・Wikipedia「鹿苑寺・舎利殿(金閣)」の項目を見ると、「三層は禅宗様の仏殿風で『究竟頂』(くっきょうちょう)と称し、仏舎利を安置する」とあり、金閣の三層に仏舎利が安置されていると、書いてある。ただし、鹿苑寺が発行した公式パンフレットにもフリー百科事典・Wikipediaにも、鹿苑寺金閣の仏舎利(釈迦如来の骨)が、どのような経緯で鹿苑寺に伝承されるようになったのか、という「伝承の経緯」については、一言も触れていない。

鹿苑寺金閣は、応仁の乱、天文法華の乱、禁門の変の戦災を免れ、明治維新・廃仏毀釈の破脚を免れたが、1950年(昭和25年)72日、学僧・林承賢(21)の放火により全焼してしまった。

金閣に祀られている仏舎利は、金閣全焼以前から祀られていたのか。金閣全焼の時に、仏舎利も全焼したのか。金閣再建後、どのような経緯で金閣に仏舎利が祀られたのか、等々について、鹿苑寺が発行した公式パンフレットにもフリー百科事典・Wikipediaにも記載がない。

鹿苑寺金閣の正式名は「舎利殿」という。これは仏舎利を祀るに因んだ名前だと思われる。ただし鹿苑寺の参拝客は、舎利殿(金閣)の中に入ることができないので、金閣の中に入って仏舎利に参拝することはできない。金閣の外側から拝観するのみである。

というか、鹿苑寺金閣の拝観に行っても、漆地に金箔を押した豪華絢爛な三層宝形造の金閣の建物そのものに圧倒されてしまって、中にある仏舎利のことまで関心が向かない。私も何度か鹿苑寺金閣の拝観に行っているのだが、鹿苑寺が発行した公式パンフレットを見て、はじめて金閣に仏舎利が祀られているのを知ったくらい。そしてここに来ると、ものすごい数の観光客が来ており、特に1994年に世界文化遺産に登録されて以降、鹿苑寺金閣を訪れる外国人観光客が激増。2011年の東日本大震災、2012年の竹島・尖閣諸島問題が起きる前は、中国人、韓国人観光客が多かった。2008年、2010年に鹿苑寺に行ったときは、金閣の前で中国人、韓国人をはじめ、外国人観光客が撮影する合間をかいくぐって、金閣を撮影することに神経が集中してしまう。しかも鹿苑寺の境内は一方通行で、金閣の拝観が終わると、庭園方向にどんどん進んで行かなくてはならない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ