一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ:仏教・仏舎利・宗祖真骨・廟・墓・供養塔 > 釈迦真舎利・仏舎利・歯牙を格蔵する寺院

■鎌倉円覚寺2(円覚寺舎利殿特別公開1)   □2013年5月5日に仏教宗学研究会が行った鎌倉・円覚寺舎利殿特別公開・参拝会   円覚寺舎利殿とは、神奈川県唯一の国宝。境内の奥に位置する塔頭・正続院の中にある。堂内中央には源実朝が南宋から請来したと伝える仏舎利(釈 ...

■覚王山日泰寺2(釈尊真舎利・日泰寺参拝会2)   □2017年8月16日の釈迦真舎利を格蔵する覚王山日泰寺・奉安塔の参拝会   本堂の参拝の後、釈迦真舎利を格蔵する覚王山日泰寺・奉安塔へ移動。本堂と奉安塔は別の場所にあるのだが、すぐ近くである。19世紀末にインドで発 ...

■覚王山日泰寺1(釈尊真舎利・日泰寺参拝会)   □1900年にタイ国王から寄贈されたインド発見の釈迦遺骨・真舎利を格蔵する覚王山日泰寺   覚王山日泰寺とは、愛知県名古屋市にある超宗派の仏教寺院で、タイ王国から寄贈された真舎利(釈迦如来の遺骨)を安置するために ...

■長野善光寺3(2014年初詣3)   □極楽の錠前を探り当てる真っ暗な回廊の『お戒壇めぐり』と回廊入り口に祀られている仏舎利   内々陣参拝の後は、内陣にある御朱印受付にて、善光寺の御朱印をもらった。ちょうど2013年4月末の東京両国・回向院での善光寺出開帳の時、 ...

■京都・鹿苑寺金閣1(仏舎利が祀られている舎利殿)   □三層部分に仏舎利(釈迦如来の骨)が祀られていると伝承される鹿苑寺舎利殿(金閣)   鹿苑寺金閣とは、一般的には「金閣寺」の名前で知られている。寺号は金閣寺ではなく、鹿苑寺という。鹿苑寺とは、臨済宗相国寺 ...

↑このページのトップヘ