■奈良東大寺1(日本最初の戒壇)

 

□ゆっくり見て回ると丸1日はかかるほど広大な東大寺の境内

 

奈良でいろいろ有名なものはたくさんあるが、中でも最大級に有名なのが、やはり「奈良の大仏」で有名な東大寺であろう。東大寺は、正式には華厳宗大本山の寺。

難工事の末、大仏の鋳造が終了し、天竺(インド)出身の僧・菩提僊那を導師として大仏開眼会が挙行されたのは天平勝宝4年(752年)のこと。大仏鋳造が終わって、大仏殿の建設工事が始められ、大仏殿が竣工したのは天平宝字2年(758年)。ここから数えても1250年以上の歴史がある。

そういう長い歴史から、現・別当(法主)は、開山(初代別当)の良弁僧正から数えて220世・北河原公敬氏である。

東大寺は、聖武天皇より、奈良時代の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置づけられている。

 

東大寺は、奈良公園の中にあるのだが、東大寺だけでも、ものすごい広さの敷地である。いろいろと資料を調べたのだが、東大寺の敷地面積の正確なデーターは、見つからなかった。

資料によれば、東大寺の境内は平城京の外京の東端を区切る東七坊大路(現国道169号)を西端とし、西南部は興福寺の境内と接していたという。

又、かつては現存の堂宇以外にも多くの堂塔が存在しており、大仏殿の北には講堂と僧坊。東には食堂(じきどう)があった。僧坊は講堂の北・東・西の3面にコの字形に設けられたので「三面僧坊」と称していたという。

大仏殿の手前の東西には東塔・西塔(いずれも七重塔)があった。これらは、周囲を回廊で囲まれ、回廊の東西南北4か所に門を設けた「塔院」を形成しており、他寺に例をみない規模のものであったという。ということは、今の東大寺の敷地は、昔からは縮小されているものなのか。

それでも東大寺の境内は、広すぎるくらい広い。

これだけ広い敷地に、大仏殿、戒壇堂、二月堂、法華堂、南大門等々といった堂宇が立ち並んでいるため、これらの堂宇をくまなく見て回ると、およそ1日かかってしまう。

JTBの「るるぶ情報板」によれば、「じっくり拝観すれば、半日はかかる」と書いてあるが、半日では無理でしょう。丸1日は優にかかると思います。

 

私が東大寺に行った第一の目的は、日本最初の「戒壇」を調査するため。

東大寺の戒壇とは、出家者が正規の僧となるための戒律を授けられる儀式である「受戒」をするための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真和上を招いて創建された建物である。現在の「戒壇」の建物は江戸時代・享保18年(1733年)の再建。

東大寺4戒壇


続きを読む