■京都妙顕寺1(三門の寺号額に皇室の菊花紋章を使っている)

 

□三門の寺号額に皇室の菊花紋章を使っている日蓮宗七大本山・京都妙顕寺

 

京都妙顕寺とは、日蓮宗七大本山のひとつで、日蓮から京都弘教を附属された日像が開山となった寺院。具足山妙顕寺という。南北朝時代、朝廷から日蓮大菩薩、日朗菩薩、日像菩薩号が下賜され、日蓮宗で唯一の勅願寺になっている寺院である。

日蓮宗七大本山とは、池上本門寺、小湊誕生寺、千光山清澄寺、中山法華経寺、北山本門寺、京都本圀寺、京都妙顕寺の七ヶ寺。身延山久遠寺は祖山・総本山。日蓮宗七大本山のひとつということで、かつて京都妙顕寺貫首が日蓮宗管長になったこともあった。

妙顕寺、妙覚寺、立本寺の三寺で「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と呼ばれている。龍華とは、開祖・日像の「肥後阿闍梨龍華院」から来ている。

平成25(2013)に大覚大僧正650遠忌を迎えるということで本堂が工事中でありました。

大覚(12971364)とは妙実ともいい、妙顕寺4世。

1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。この功績により、日蓮に大菩薩号、日朗に菩薩号、日像に菩薩号が下賜され、大覚は大僧正に任じられた。

大覚は備前法華の祖と仰がれている。

ここは日蓮宗唯一の勅願寺ということで、三門の寺号額には、皇室の菊の紋章が使われている。菊の紋章は、勅使門にも使われている。

「菊花紋章」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E7%B4%8B%E7%AB%A0

鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、自らの印として愛用した。その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着した(「十六弁菊は南朝の紋で、三十二弁菊(十六弁八重菊)は北朝(および現皇室)の紋である」との説明も見かけるが根拠不明である)。

江戸時代には幕府により葵紋とは対照的に使用は自由とされ、一般庶民にも浸透し、この紋の図案を用いた和菓子や仏具などの飾り金具が作られるなど各地に広まった。

菊紋のうち、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は、日本の天皇及び皇室を表す紋章である。俗に菊の御紋とも呼ばれる。親王などの皇族はこの紋の使用が1869年(明治2年)の太政官布告をもって制限され、1926年(大正15年)の皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)13条発布を経て「十四裏菊」や「十六裏菊」に独自の図案を加えたもの(有栖川宮家・伏見宮家など)や「十六八重表菊」を小さな図案によって用いたもの(秩父宮家・三笠宮家・久邇宮家など)を各宮家の紋としている。

妙顕寺2


続きを読む