仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

富士門流紛争地・天母山

戒壇・天母山(2)~なぜ異なる内容の左京阿闍梨日教の「天生ヶ原戒壇説」と日辰の「天母山戒壇説」が起こったのか

■天母山2(日教の天生ヶ原戒壇説と日辰の天母山戒壇説)

 

□なぜ大石寺僧・左京阿闍梨日教の文書「類聚翰集私」にはじめて「天生原」が出てくるのか

 

日蓮、日興の教説にない天母山戒壇説を、なぜ大石寺僧侶・左京阿闍梨日教(本是院日叶)や京都・要法寺13世貫首・広蔵院日辰が唱えたのか。

左京阿闍梨日教の場合は、天母山ではなく、「天生原」と言っている。その「天生原」を、天母山を中心にした麓の平原、というふうに解釈すれば、そこには大石寺や北山本門寺が含まれる。

左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」 (日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2p323)と言っているわけですが、広宣流布の暁に建立される本門戒壇がどこに建立されるのか、ということについて、日蓮門下や富士門流では、長い間、論争があった。

左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、元々は、京都の日尊門流の出身であり、1472(文明4)年ころ、日蓮正宗大石寺9世法主日有の門下に会下した(堀日亨の言)人物。そして大石寺9世日有門下になった左京阿闍梨日教は、大石寺僧侶として、三大秘法、日蓮本仏論、血脈相承といった大石寺9世日有教学、というより大石寺9世日有が偽作した教学を大石寺門流のみならず、富士門流に広めることに絶大な貢献をした僧侶である。

そうすると、左京阿闍梨日教(本是院日叶)としては、「大石寺に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」とか「大石ヶ原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」とか書きそうなものだが、そうは書かずに、なぜ「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いたのか、ということになる。

それは、大石寺9世日有が死去する直前の1482(文明14)97日、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の宗徒の間で血脈論争が起こり、大石寺の「戒壇の大本尊」や「百六箇抄」「日興跡条条事」等々による「大石寺戒壇説」に対抗して、北山本門寺が「本門寺額」を根拠にした「重須本門寺戒壇説」を出してきたからである。

左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、三大秘法、日蓮本仏義、血脈相承といった大石寺9世日有偽作教学を徹底的に宣揚してきたわけですが、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の血脈論争で北山本門寺から「本門寺額」が出てきたことで衝撃を受ける。「戒壇の大御本尊」や「百六箇抄」「日興跡条条事」等々からすると「大石寺戒壇説」になるが、「本門寺額」からすると「北山本門寺戒壇説」ということになる。そうすると、戒壇建立の地は大石寺なのか、北山本門寺なのか、という問題に左京阿闍梨日教(本是院日叶)は直面することになる。

そこで左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、「百六箇抄」の「四大菩薩同心して六万坊を建立せしめよ」の六万坊を建立するには、相当広大な土地が必要であることからして、敢えて大石が原とか大石寺とか書かずに、大石寺も北山本門寺も含まれる「天生原」という言葉を使って、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いたと言うことである。

つまり将来、大石寺に本門戒壇が建立されても、北山本門寺に戒壇が建立されても、天生原には大石寺も北山本門寺も含まれるわけだから、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いておけば間違いはないと言うことである。

だから、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の血脈論争後の1488(長享2)年、日蓮正宗大石寺9世法主日有の門下であった左京阿闍梨日教の著書「類聚翰集私」にはじめて、

「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」の言葉が出てくるのです。

天母山1 

続きを読む

戒壇・天母山(1)~日蓮正宗、創価学会、顕正会の戒壇論争で登場する天母山

■天母山1(戒壇論争で登場する天母山)

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係者であれば、この「天母山」という名前は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これは天母山と書いて、「あんもやま」と読みますが、これは日蓮正宗、創価学会、顕正会の間で激しい論争が行われた、あの「天母山戒壇説」で、あまりにも有名な所である。

天母山戒壇説というのは、日蓮正宗の仏法が広宣流布した暁には「三大秘法抄」に説かれている戒壇が、富士宮市の天母山に建立されるという説で、この天母山戒壇説に熱心なのは、浅井昭衛が率いる冨士大石寺顕正会である。顕正会は今でも、将来、天母山に国立戒壇が建立される、という天母山戒壇説を唱えています。

では、いつ、天母山戒壇説が出てきたのか、ということになりますが、天母山戒壇説が、はじめて文献に登場するのは、日蓮の入滅から200年以上経った1488(長享2)年、日蓮正宗大石寺9世法主日有の門下であった左京阿闍梨日教の著書「類聚翰集私」に出てくる。そこには、次のように書いてあります。

「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2p323)

 

これが天母山戒壇説が文献に出た最初と言われています。この左京阿闍梨日教の著書では、天母山ではなく、天生原と言っている。しかし、昔も今も富士山麓や富士宮周辺に「天生原」という地名はなく、左京阿闍梨日教が具体的にどこを差して天生原と言っていたかは不明である。

「天母山」という名前がはじめて富士門流の文献に登場するのは、さらに時代が下った1567(永禄10)年、京都・要法寺13代貫首・広蔵院日辰の著書「御書抄・報恩抄下」においてである。

「富士山の西南に当たりて山あり。名をば天生山と号す。この上において本門寺の本堂、御影堂を建立し…」

という文で、ここにはじめて天生山(天母山)の名前が登場する。

顕正会では、「大石寺大坊棟札」の裏書きに天母山戒壇が登場するとしている。それは

「天母原に三堂並びに六万坊を造営すべきものなり」

とあるから、大石寺二祖日興の時代から天母山戒壇説が存在するとしている。

しかしこの「大石寺大坊棟札」については、日興の名前を間違えて書いている、日興の花押がない、徳川時代の御家流の書体になっている、裏書きの日付が大石寺大坊の完成から半年後になっている、という理由から、堀日亨、細井日達といった大石寺歴代法主自らが、この「大石寺大坊棟札」が、徳川時代に造られた贋作であることを認めている。

59世日亨2 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ