■諸宗山回向院4(回向院相撲・大鉄傘・日大講堂・創価学会本部総会)

 

□江戸時代に今の大相撲の前身である勧進相撲・回向院相撲が行われていた両国回向院

 

江戸時代後期になると、勧進相撲の定場所が回向院に定められ、明治末期までの76年間、いわゆる回向院相撲の時代を日本相撲史上に刻んでいる。回向院には「国技館(大鉄傘)跡」と題する墨田区教育委員会が建てた案内板が建てられていて、そこにはこんなことが書いてある。

「現代の大相撲は、江戸時代の勧進相撲を始まりとします。回向院境内にある『回向院相撲記』には、天保4(1833)から国技館に開催場所が移されるまでの76年間、相撲興行本場所の地であった由来が記されています。国技館は、この回向院境内に明治42(1909)に建設されました。32本の柱をドーム状に集めた鉄骨の建物は、大鉄傘とも呼ばれ、13千人収容の当時最大規模の競技場でした。日本銀行本店や東京駅の設計で著名な辰野金吾が設計を監修しました。

相撲興行は、戦後もGHQに接収されていた国技館で行われました。しかし、メモリアルホールと改称された後は、本場所の開催が許されず、明治神宮外苑や浜町公園の仮設国技館での実施を経て、台東区に新設された蔵前国技館における興行に至ります。一方、接収解除後のメモリアルホールは、日本大学講堂となりますが、老朽化のため昭和58(1983)に解体されました。そして同60(1985)、地元の誘致運動が実を結び、JR両国駅北側の貨物操車場跡に新国技館(両国国技館)が完成。「相撲の町両国」が復活しました。大鉄傘跡地は現在、複合商業施設となっていますが、中庭にはタイルの模様で土俵の位置が示されています」

 

相撲そのものの歴史は古く、古墳時代の埴輪等に、その様子が描写されている。『古事記』の垂仁記には、初めて「力士」(ちからひと・すまひひと)の文字が現れる。『日本書紀』の雄略天皇13年(469年)には、最古の女相撲の記録があり、記録上にはじめて「相撲」の文字が出てくる。

平安時代になると、宮中で行われた相撲節会のほかに、民間の相撲も大いに行われ、一般庶民による相撲は「土地相撲」、または「草相撲」と呼ばれ、武士たちの実戦で用いる組み打ちの鍛錬であった「武家相撲」もあった。興行としての相撲が組織化されたのは、江戸時代の始め頃(17世紀)とされる。現在の大相撲は神社仏閣の再興や造営の費用を捻出するための江戸時代初期の勧進相撲に端を発している。勧進(かんじん)とは、仏教の僧侶が衆庶の救済のための布教活動の一環として行う行為の1つのことだが、仏教寺院・仏像などの新造あるいは修復・再建のために浄財の寄付を求める行為のことを指して「勧進」というようになった。勧進相撲の「勧進」は、各国の力士集団が勧進元との契約によって招かれて相撲興行に参加するという形式に由来するものと思われる。これの名残として今でも大相撲地方巡業の主催者のことを勧進元とよぶ。

いわば両国回向院は、今の大相撲発祥の地とも言える所で、1936(昭和11)には、大日本相撲協会が物故力士や年寄りの霊を祀る「力塚」を建立している。

 

続きを読む