一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

正信会

2018年5月9日、日蓮宗第54代管長に日蓮宗大本山池上本門寺・菅野日彰貫首が就任

□日蓮宗のトップは管長だが日蓮宗の代表役員・宗務行政上のトップは管長ではなく宗務総長

 

日蓮宗第53代内野日総管長(身延山久遠寺法主)が任期満了で退任になり、管長推戴委員会(生駒雅幸委員長)の満場一致で、日蓮宗第54代管長に日蓮宗大本山池上本門寺・菅野日彰貫首が決定。58日、東京都大田区の日蓮宗宗務院で、菅野日彰池上本門寺貫首の大僧正叙任式が営まれた。つづいて59日、同じく日蓮宗宗務院にて管長就任奉告式が行われ、中川法政宗務総長が菅野日彰管長に管長印璽が手渡され、はじめて菅野日彰管長が、管長としてはじめて法要の導師を勤めた。

さらにつづいて、日蓮宗総本山身延山久遠寺の日蓮廟所にて管長就任奉告式が行われた。さらにつづいて身延山久遠寺の内野日総法主と面談した。菅野日彰管長の任期は4年で、管長任期中に、日蓮宗は「日蓮降誕八百年」を迎えることになり、「日蓮降誕八百年慶讃法要」は菅野日彰管長の導師のもとで営まれることになる。

菅野日彰管長は、昭和12(1937)年生まれの現在81才。前任管長の内野日総身延山久遠寺法主は、大正15(1926)年生まれの現在92才。内野日総法主が日蓮宗管長に就任した時は、88才だった。したがって、日蓮宗管長は、今回の菅野日彰管長の就任によって、かなり若返ったことになる。菅野日彰管長は、昭和26(1951)年に北海道小樽市妙龍寺の伊藤啓昭上人の許で、14才で出家得度。昭和32(1957)年に東京都永寿院で修行。その後、立正大学を卒業。池上本門寺布教部にて勤務。昭和48(1973)年に日蓮宗宗立・谷中学寮の寮監。昭和58(1983)年から東京都浄延寺住職、平成17(2005)年から静岡県本山海長寺貫首、身延山久遠寺布教部長を歴任。

平成27(2015)年に日蓮宗大本山池上本門寺貫首として晋山した。

北海道小樽市妙龍寺とは、昭和30(1955)311日の小樽公会堂での日蓮宗vs創価学会の「小樽問答」の元になった創価学会小樽班と論争をした寺院。菅野日彰管長の若かりしころは、創価学会が「折伏大進撃」で、日蓮宗に折伏攻撃を仕掛けていた時代に重なる。

さて日蓮宗のトップは管長であるが、日蓮宗の代表役員は、管長ではなく宗務総長が務める。

日蓮宗の管長は、管長推戴委員会で審議の上、推戴されて就任する。管長の職務は、日蓮宗宗制の公布、寺院への親教、宗務総長や貫首、僧階等の認証を行う。宗務行政上の権限は限定的であり、日蓮宗の宗務行政上のトップは宗務総長である。

宗務総長は日蓮宗宗会にて選出され、管長の認証で就任する。宗務総長は、地位的には、管長に次ぐナンバー2であるが、日蓮宗の宗務行政におけるトップであり、代表役員を兼任する。

日本の宗教法人では、ナンバーワンの管長、会長が代表役員を兼任する宗教法人も数多あるが、実際はナンバー2の宗務総長、理事長が代表役員を兼任する宗教法人のほうが多い。

日蓮正宗は、日蓮正宗総本山大石寺法主が日蓮正宗管長、代表役員を兼任する。京都要法寺が本山の日蓮本宗も、管長が代表役員である。これに対して、真宗大谷派(本山・東本願寺)、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)、真宗仏光寺派(本山・仏光寺)、真宗木辺派(本山・錦織寺)、顕本法華宗、天台宗、浄土宗、曹洞宗等は、管長ではなく、宗務総長が代表役員である。創価学会、顕正会、立正佼成会も、会長ではなく、理事長が代表役員である。が、かつては創価学会も顕正会も立正佼成会も、会長が代表役員だったが、のちに会長から理事長に代表役員が交代したものである。

 

2019.5.9菅野日彰管長就任









































 

 

(201861日付け「日蓮宗新聞」より)

 

 

 

一般社団法人・仏教宗学研究会第2回臨時総会を開催、肖像権管理・運用規定を承認

□一般社団法人仏教宗学研究会・理事に仏教宗学研究会会長名の認証状が手渡される

 

2018613日、石川県金沢市で、一般社団法人・仏教宗学研究会第2回臨時(正会員)総会が開かれました。今回の臨時総会では、次の議案が上程され審議されました。

■「理事認証状伝達式」

一般社団法人仏教宗学研究会・理事に会長名の認証状が伝達・手渡されました。

■第1号議案「一般社団法人仏教宗学研究会 銀行口座開設の件」

■第2号議案「一般社団法人仏教宗学研究会・会長・代表理事・理事・正会員の肖像権等管理・運用規定の件」

以上の議案が審議され、いずれも全会一致をもって原案とおり、承認可決されました。

ここに至るまでの間、いろいろな方々の御尽力、ご協力をいただきましたことに、深く感謝申し上げます。まことにありがとうございました。

 

2018.5.9酒井磐理事認証状2ok






















 

(理事認証状)

 

 

肖像権管理規定1










































 

(肖像権等管理・運用規定)

 

 

 

 

2018年5月18日「一般社団法人 仏教宗学研究会」が正式に法務局に法人登記が完了

 

□名称を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」へ改称

 

2018518日付けを以て「一般社団法人 仏教宗学研究会」が、正式に法務局に法人登記が完了しました。20122月の「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」開設から数えて63ヶ月、200511月の「アンチ日蓮正宗・コミュニティ」設立から数えると何と126ヶ月の歳月がかかってしまいました。ここに来て、ようやく仏教宗学研究会は任意団体から一般社団法人へと脱皮し、新たなスタートをきることになりました。皆様方の御尽力、御協力いただき、ありがとうございました。

今般の「一般社団法人 仏教宗学研究会」の法人登記に当たり、当ブログは、「一般社団法人 仏教宗学研究会」定款第3(目的)により、「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下になります。又、当ブログの名称を「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」と改称いたしました。管理人は、従来通り、英昭彦であります。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

2018.5.24履歴全部証明書3ok

































 

(「一般社団法人 仏教宗学研究会」履歴全部証明書の一部)

 

 

 

 

一般社団法人仏教宗学研究会設立準備総会を開催、一般社団法人・仏教宗学研究会設立を決議

□「会長就任推戴書」により一般社団法人・仏教宗学研究会会長に初代管理人・英昭彦が就任

 

2018418日、19日と断続的に、一般社団法人・仏教宗学研究会設立にむけた設立準備委員会が開かれ、57日、石川県金沢市で、一般社団法人・仏教宗学研究会設立準備(正会員)総会が開かれました。設立準備総会では、次の議案が上程され審議されました。

■第1号議案「会長推戴に関する件」

■第2号議案「代表理事、理事選任に関する件」

■第3号議案「一般社団法人・仏教宗学研究会、定款の件」

■第4号議案「一般社団法人・仏教宗学研究会、規約の件」

■第5号議案「主たる事務所、従たる事務所設置の件」

■第6号議案「会費賦課金、会長義納金、代表理事義納金、理事義納金、正会員義納金、入会金」の件

以上の議案が審議され、いずれも全会一致をもって原案とおり、承認可決されました。

尚、第1号議案について、2018418日の設立準備委員会の席で議決された、「会長就任推戴書」が上程されました。この推戴書で、仏教宗学研究会創業者で初代管理人である私こと英昭彦が、会長に推戴され、会長就任を受諾いたしました。

今後とも、正会員、賛助会員、愛読者の方々のご協力を得まして、ますますの仏教宗学の開拓、発展に努め、以て自由と民主主義、世界平和の進展に貢献してまいりたいと考えております。

尚、従来から管理・運営してきております「仏教宗学研究会のブログ」「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「国際カルト宗教対策委員会公式ブログ」の管理人は、引き続いて英昭彦が担当してまいります。どうかよろしくお願い申し上げます。

かくして一般社団法人・仏教宗学研究会設立が正式に決議される運びとなりました。そしてつづいて59日、金沢公証人役場にて、一般社団法人・仏教宗学研究会・定款が正式に認証されました。

200511月の「アンチ日蓮正宗・コミュニティ」設立からはじまり、いわゆる“任意団体”として活動してまいりましたが、一般社団法人設立に至るまで、何と12年の歳月がかかりました。さまざまな紆余屈折がありましたが、ようやくここに来て、一般社団法人が船出する運びとなりました。

ここに至るまでの間、いろいろな方々の御尽力、ご協力をいただきましたことに、深く感謝申し上げます。まことにありがとうございました。

 

2018.5.7会長就任承諾書ok









































 

(会長就任承諾書)

 

 

2018.4.18会長就任推戴書ok









































 

(会長就任推戴書)

 

 

中山法華経寺(6)~中山法華経寺・日蓮宗加行所で84人の行僧が百日大荒行を成満

■中山法華経寺6(百日大荒行を成満)

 

□過去に自ら5回大荒行成満の中川法政宗務総長が行僧に日蓮宗修法師の辞令を伝達し激励

 

2018210日、千葉県市川市の日蓮宗大本山・中山法華経寺(新井日湛貫首)に開設されていた日蓮宗加行所で『百日大荒行』の修行を積んでいた僧侶(行僧)84人が成満を迎えた。

毎年11月1日から翌2月10日までの100日間、中山法華経寺の大荒行堂に100人を超える僧侶が集まり、厳しい規則に従い、厳寒の季節に白木綿単衣又は法衣のみの着用で荒行を行う。

毎年111日から翌210日までの100日間、中山法華経寺の大荒行堂に100人を超える僧侶が集まり、厳しい規則に従い、厳寒の季節に白木綿単衣又は法衣のみの着用で荒行をおこないます。荒行僧の一日は、早朝2時に起床。朝3時、一番の水から午後11時まで17回、寒水に身を清める「水行」と、「万巻の読経」「木剣相承」相伝書の「書写行」があり、朝夕2回、梅干し一個の白粥の食事の生活が続く。まさに過酷な「大荒行」である。

成満会では、自ら5回の大荒行成満の経験がある中川法政宗務総長が、行僧に「よくがんばった」と声を掛けながら、日蓮宗修法師の辞令を伝達。つづく挨拶では「この修行はまさに日像菩薩の法華経弘通の覚悟を体現するものであり、同じく成満の僧侶は、日蓮聖人の命を託されし先達」と激励した。

(2018220日付け「日蓮宗新聞」より引用)

日本の仏教界では、過酷な修行が各地で行われているが、中でも超過酷な修行として有名な修行が、この中山法華経寺・百日大荒行である。少子化や加行所の規定改正で、入行する行僧が減ってきており、今年は例年より少ない86人の行僧が、社会と修行場を隔てる門「瑞門」をくぐった。では、なぜここまで過酷な修行をしなければならないのか。

ある日蓮宗寺院住職曰く「衆生の苦を知らない僧は衆生を救うことが出来ない」…。

過酷な修行・難行苦行に身を投じて苦を知るのだというその言葉に、「なるほど」と納得してしまいました。たしかに僧侶の厳しい修行・難行苦行の苦と、一般衆生の苦は違うという意見もあるかもしれない。が、自ら苦を知ろうと厳しい修行・難行苦行に身を投じる僧を、衆生は心から崇拝し礼拝するのではないだろうか。百日大荒行という過酷な難行苦行に身を投じるということは大きな徳行だということだと思う。私も、これだけ過酷な百日大荒行を成満なされた行僧の方々には、心から頭が下がる思いであります。

そういえば、かつて中山法華経寺・百日大荒行について、あれこれと批判していた富士門流執着軍団・某人盃男は、今年はコメントしないのだろうか。

 

10成満















































 

(2018220日付け「日蓮宗新聞」)


大荒行成満会1









































大荒行成満会2




















































 

(機関紙「なかやま」が報じる成満会)

 

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ