仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

総本山大石寺

国立西洋美術館の展示を鑑賞して思った東洋仏教美術と西洋キリスト教美術の相違

   □国立西洋美術館の常設展に展示されているミケランジェロやロダン等による男性全裸彫刻

 

「仏教宗学研究会」管理人は、しばしば東京・上野の国立西洋美術館に足を運び、企画展を鑑賞している。

国立西洋美術館は、特別展だけでなく、常設展がまた私にとって関心が深い展示が並んでいる。国立西洋美術館の企画展入場券は、常設展も入場して観覧・鑑賞できる。

国立西洋美術館の常設展には、ヨーロッパの上古の時代からの絵画や彫刻がズラリと展示されている。それらの絵画や彫刻の多くは、キリスト教に関連するものが多い。宗教学者・島田裕巳氏の著書「仏像鑑賞入門」によれば、キリスト教文化の芸術のメインは、彫刻よりも絵画だという。それはキリスト教では偶像崇拝が禁止されていることが大きいとの見解を示している。たしかに西洋美術を見ると、有名な「最後の晩餐」などキリストにまつわる絵画が多く、しかもリアルに描かれている。島田裕巳氏が言う「キリスト教では偶像崇拝が禁止されている」という意味は、例えば仏教宗派では釈迦如来像や阿弥陀如来像を本尊として寺院本堂に祀るが、キリスト教では一部の例外を除き、基本的にはそういうことは行っていないという意味である。しかしこれは西洋美術に、彫刻が存在しないという意味ではない。西洋美術には、本尊として祀る彫刻は存在しないが、いささか趣が異なる彫刻が存在する。そういう彫刻が国立西洋美術館の常設展に展示されている。

私が西洋美術と東洋美術の違いを大きく感じるのは、絵画もさることながら、彫刻である。東洋美術の場合、たしかに彫刻は仏教関連、なかんずく寺院本堂に祀る本尊としての釈迦如来像、阿弥陀如来像、薬師如来像、不動明王像、千手観音像、救世観音像等々がメインである。

宗教学者・島田裕巳氏の著書「仏像鑑賞入門」によれば「日本の仏教寺院の本堂には、ほとんどが仏像が本尊として祀られており、日本全国で何十万体から百万を超える仏像があると推計している」(島田裕巳氏「仏像鑑賞入門」p18)と書いている。

あるいは仏像の他に、日蓮宗なら日蓮像を日蓮宗寺院祖師堂に祀り、あるいは日昭像、日朗像、日興像を堂宇に祀る。浄土宗なら寺院御影堂に法然像を祀り、浄土真宗から寺院御影堂に親鸞像を祀り、真言宗なら弘法大師空海像を本堂に祀る寺院がある。

 

モネ展4

















 

(国立西洋美術館・「モネ展」

 

北斎とジャポニズム2

















 

(国立西洋美術館・「北斎とジャポニズム」

 

 

 

続きを読む

創価学会、顕正会、日蓮正宗等「日蓮正宗系」カルト宗教と美術・芸術活動は両立しないか(?)

□日蓮正宗系の芸能人の中に舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はほとんど見あたらない

 

「仏教宗学研究会」管理人は、国立西洋美術館、ブリジストン美術館、世田谷美術館、東京都美術館、国立新美術館といった美術館へ行き、西洋絵画・彫刻の鑑賞をしている。何も仏教美術、東洋美術だけに限定しているわけではない。

私が、西洋の画家が描いた絵画で、最も感銘するのは、人物画、風景画を正確に描く絵画である写実主義である。西洋の写実主義の絵画を鑑賞すると、いつも感銘を深くします。「あれ。これは写真なのかな」と、思わず写真と見間違えてしまうような見事な風景画、人物画が、いわゆる写実主義の絵画。カイユボット展でも、写真と見間違えてしまう見事な風景画、人物画がズラリと並ぶ。

遠くから鑑賞していると「写真かな?」と思い、近づいて鑑賞してみると、コテコテの絵の具で描かれた、完全な絵画。「やっぱり絵だな」と思う。中年女性の人物画の白髪が、美術館の蛍光灯に照らされて、光っていて、本物の白髪のように見える。「あれえ」と思って、近づいてよく観察してみると、白色の絵の具に蛍光灯の光が反射しているだけ。「光の反射まで計算に入れて描いたのかな」と思ってしまった。「室内で読む女性」の絵を、少し離れて鑑賞すると、女性が手にする書類が、本物の紙の書類に見える。しかし近づいて見てみると、やはり絵の具で描かれた絵画。場内に展示されている絵画を、ひとつひとつ、くまなく鑑賞したが、まさに感銘の連続である。過去にも国立西洋美術館や、他の美術館で、何度も見事な写実主義の絵画を鑑賞して、そのたびに感銘を深くしている。

創価学会では、役者やタレントが入る「芸術部」という組織があることは有名だが、一般的に舞台俳優も含めて役者、タレント、歌手、お笑いタレントといった職種には、昔から創価学会員が多いと言われている。昨今は、インターネット上に、創価学会員の芸能人の実名がズラリと登場するが、そのほとんどが、役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサー、スポーツ選手といったジャンルの人たちである。あとは、大手プロダクション・芸映の当時の社長が、創価学会芸術部の大幹部だと、ジャーナリスト・内藤国夫氏が報じていた。

ところが面白いことに、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人たちに、創価学会員がいるとは、私はほとんど今まで聞いたことがない。

1980年代から90年代にかけて、内藤国夫氏らが創価学会員の芸能人の実名を挙げているが、その中に、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はいない。昨今、インターネット上で報じられている「創価学会員の芸能人」の中にも、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人は、ほとんど見あたらない。

舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人の話を聞くと、「芸能界って、創価学会員が多いんだよなあ」と言う。そこに出てくる創価学会員とは、大概が役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーといった人たちである。

たしかに舞台演劇や映画、ドラマの主役を演じているのは役者・俳優だが、舞台、映画、ドラマの筋書きを書くのは脚本家であり、舞台、映画、ドラマそのものを造り上げるのは、舞台監督、映画監督、演出家である。だから舞台、映画、ドラマの真の主役は、監督、演出家、脚本家である。

音楽も同様で、確かに歌を歌うのは歌手であるが、その歌を書いて作り上げるのは、作詞家、作曲家、編曲家である。だから役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーに「創価学会員の芸能人」が多く、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家に創価学会員の名前をほとんど聞かないのは、面白い相関関係ではないかと思う。

カルト宗教では、芸術はできないということなのだろうか。

 

国立西洋美術館1

















 

(東京・上野・国立西洋美術館)

 

 

続きを読む

長野善光寺(12)~「仏教宗学研究会・北陸支部」建設無事故祈願のお札を下附していただいた2016年・善光寺初詣

■長野善光寺12(2016年初詣)

 

□「仏教宗学研究会・北陸支部」建設無事故祈願のお札を下附していただいた2016年・善光寺初詣

 

2016年の善光寺初詣は、例年、正月三が日に行っていた参拝を、4月に繰り延べて参拝しました。2016年は、「仏教宗学研究会・北陸支部」の建設工事があり、20164月初旬、すでに上棟式(いわゆる棟上げ・むねあげ、建前・たてまえ、建舞・たてまい)が終わっていた。

「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る建物は、「仏教宗学研究会」管理人が所有する土地であり、建物も「仏教宗学研究会」管理人名義の建物である。よってこの建物建築工事の工事施主も、「仏教宗学研究会」管理人である。

日本の風習では、上棟式は、神式ないしは仏式の儀式を行うのが通例だが、「仏教宗学研究会」管理人は無宗教でもあることから、宗教的儀式は一切なし。しかしながら、2016年の場合、善光寺初詣と「仏教宗学研究会・北陸支部」建設工事の時期が重なったため、善光寺・大勧進で、建設工事の無事故を祈祷。大勧進で下附していただいたお札を、「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る「仏教宗学研究会」管理人名義の建物の一角に、大工さんに備えつけていただいた。建物そのものは、20167月に落成しているが、この時のお札は、今も建物の一角に備えつけられている。-----お札は、大工さんが備えつけたので、「仏教宗学研究会」管理人は、お札が建物のどの部分に備えつけられているのかは知らない。------

さて4月の参拝では、善光寺境内に参拝人はそんなに多くない。ただし、普段の平日の東京・池上本門寺ぐらいの参詣人が来ていたように思う。内陣参拝、お戒壇めぐりを済ませ、大勧進へ。

さすがに大勧進での護摩祈祷は、私一人だけであった。これが正月三が日だと、大勧進本堂に入りきれないくらいの参詣人がきて、一日何度も護摩祈祷が行われているところ。ちょっと寂しい気がした。しかし御朱印は、例年通り、いただいてきました。

善光寺4 



















(20164月参拝時の善光寺本堂)

 

善光寺2

















(20164月参拝時の善光寺山門)

 

大勧進1



















(20164月参拝時の善光寺大勧進)

 


 

4参拝御朱印1

 
















































(20164月参拝時の御朱印)

 

 

 

2018年、新年明けましておめでとうございます・「アンチ日蓮正宗」単独で120万pvを突破

□「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」では膨大な資料・史料のデジタル化の作業を行っています

 

読者の皆様、新年、明けましておめでとうございます。

本年は、新年のご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

昨年は、いろいろとお世話になりました。日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコメントやメッセを頂戴しました。まことにありがとうございました。

さて、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」では、昨年より、管理人が数十年にわたって収集してきた膨大な資料の「デジタル化」に取り組んできております関係上から、ブログの更新の速度が遅くなってきております。この「デジタル化」の作業は、将来的のブログの記事の書籍化、デジタル映像化を行う上で、大変重要なものであります。

ところが、管理人が数十年にわたって収集してきた資料・史料の数があまりにも膨大であり、デジタル化の作業にかなりの時間を要しております。これからも、資料・史料のデジタル化には、時間を要するものと思われます。

しかしながら、ブログの更新を辞めたわけではありません。今後とも、ブログの更新を続行していきことは当然であります。ただし、速度が遅くなってしまうかもしれません。

こういった中でも、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」は、数多くの方々から閲覧をいただき、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で120pvを突破したことは、まことにありがたいことであります。

本年もまた昨年に引きつづいて、皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜ることが出来ますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2018年年賀状 

 

今や日本国内問題にとどまらず国際問題にまで発展しているニセ僧侶・ニセ坊主問題PART3

□フジテレビ、TBSテレビ、J-CASTも取り上げて報道したニセ僧侶・ニセ坊主問題

 

ニセ坊主問題を報道しているのはNHKニュースだけではない。その後、いろいろ調べてみると、外の民放地上波テレビ局も「ニセ坊主」問題を取り上げて報道していることがわかった。

---------------------------------------------

荒稼ぎするニセ僧侶の実態|とくダネ!フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!

2016/05/03

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免で荒稼ぎするナゾの僧侶の実態について放送されました。今、ニセ僧侶による被害が増えていると言います。外国人観光客に人気の原宿に現れたのは怪しい黄土色の袈裟のような服を着た男。頭は丸刈りで僧侶のようないでたちですが、足元はスニーカーで肩からバッグをさげています。さらに灰色の袈裟を着た男も。そして外国人に声をかけお金を貰い、黄金色のお札のようなものを渡しました。男が持つメモには中国語で「功徳無量」と書かれ国籍、願い事を書く欄があります。

「マネーマネーと言われて300円ならあるよって言ったら1000円だって。1000円はダメだって言ったら僧侶なのに怒り出したの」(外国人カップル)

正午を過ぎると男たちは牛丼屋へ。日本では緩和されているとはいえ、肉を食べることは戒律で厳しく禁止されているはずです。その後も男たちは外国人に声をかけるも相手にされず道路に唾は吐き捨てる始末でした。午後3時頃、今度は秋葉原でも僧侶姿の男が。男が話しかけたのは番組の通訳。突然メモを押し付けると寄付を要求。英語で話しかけるものの理解できていない様子でした。寄付を拒否するとその場から立ち去りました。

実は今、この怪しい僧侶による被害は日本だけでなく世界中で問題になっています。例えばアメリカ・サンフランシスコでは「私たちを騙そうとするニセ僧侶」とニュースで特集が組まれ、カナダ・トロントで撮られた映像には僧侶姿の男がお金を騙し取ろうとする姿が。しかし失敗しカメラに気づくと奇声を上げて走り寄ってきました。カナダでは条例違反にも関わらず執拗に路上で販売行為を続けたとしてニセ僧侶が逮捕される事態にもなっています。

番組ではニセ僧侶を追跡し、自宅を訪問。駒込の2畳ほどの部屋には2段ベッドがあるだけ。家具はなくスーツケースがおかれていました。彼らは自分たちは中国の農民だと話しました。彼らは中国・浙江省出身で、発行されていたのは短期滞在のビザ。お金を稼ぐことは許されていません。

「今、子供が大学生で学費や生活費がいるんだ」

「自分が病気を持っていて仕方なかったんだ。ビザを業者に手配してもらった」

男たちの村には日本で僧侶姿で寄付をつのり、金を稼ぐことを斡旋する業者がいると言います。2人が稼いだ金額は10日間で45万円。中国で数珠を16円、お札を3円と格安で購入し、外国人観光客に販売して荒稼ぎをしていたのです。警察に通報した番組に対しニセ僧侶は「僕らが帰国していなくなっても、またすぐに別の中国人が来ると聞いている」と言っていました。

---------------------------------------------------------------------

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ